2016年9月17日 (土)

タカハシポタ赤にSS-one

タカハシのPM-SP赤道儀にSS-one1軸コントローラを使えるようにしたいという依頼を受けましたので対応しました。

1609171
コネクタの交換、およびプログラムの書き換えを行いました。

なんでわざわざ、SS-one1軸コントローラを? と思いましたが、純正コントローラだとST4ガイドポートに対応していないとのこと。なるほど。

こちらは、SS-oneドイツ式ユニットを取り付けたところ。なんか妙にマッチしていて、にやけます。(PM-SPに付けるには特別な穴あけが必要です)

1609172

純正モーターだとトルクが足りませんが、モーターを取り変えれば、自動導入も可能です。

こちらは、PM-1版。

1609173
これは、純正のドイツ式プレートを利用。

1609174
1609175
電子極軸望遠鏡使いたいならSS-oneのドイツ式ユニット。オリジナルの光学極望を使いたいなら、純正のプレートですね。

SS-oneのシステムは、1軸でも2軸でも汎用性が高いので、パルスモーターを使った赤道儀なら、ほぼすべての赤道儀に対応できます。自分の赤道儀では、オートガイドできないとか、自動導入できないと悩んでいる方は一度、ご相談ください。

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

情報求む!

SS-one AutoGuiderのユーザからの不具合報告ですが、こちらで現象を再現できず、困っております。

不具合内容
1軸オートガイドモードで、アプリ起動後の最初の一回はキャリブレーションがうまく行く。
しかし、2回目以降の再キャリブレーションでは、星が動かず、キャリブレーションが永遠にとまった状態になって進まない。
アプリを再起動すれば、また最初の一回のみうまくいく。

その他
ST4ポートによるオートガイド(SS-oneガイドでも同様かは不明)
2軸オートガイドモードでは問題ない。
1軸オートガイドモードなので、DECの感度をOFFにしてある。
バージョンは1.10 その前のバージョンでは正常だった。

1軸オートガイドモードで使っている方、同様な症状がある場合は教えてください。また、正常に動く場合でも条件など教えて頂ければありがたいです。正常と異常の違いが分かればそこから原因がつかめるかも知れないからです。

よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2016年9月11日 (日)

フォーカスエイドもバージョンアップ

今回のバージョンアップの最大の目玉は、なんといっても

星図マッチング電子ファインダー
自動導入(SS-oneコントローラのみ LX200コマンド対応)

の追加ですが、既存アプリのバージョンアップしています。その中で一番大きな変更を加えたのがフォーカスエイドです。要点は、

●抽出エリアを選択できるようになりました。

1609111
●星の選択も1星または2星、または周辺の4星を選べます。

 

特に周辺4星を選択すれば、ピント合わせだけでなく、スケアリングの調整や確認にも使えます。

1609112
●また、星がずれた場合は位置を再修正する機能も追加しました。

 

フォーカスエイド以外のバージョンアップとしては。

●オートガイダーで、ガイド星選択時間の延長。
●オートガイダーでSS-oneコントローラのプログラム撮影との連携(ディザーは未対応)
●設定情報の保存、復元、および差分バージョンアップができるようになりました。
(今回のバージョンアップに関しては手動で設定を保存し、バージョンアップ後に、復元する方法を説明します)

 

こんなとこです。

次に月が細くなるまでにはリリースできるように頑張ります。

| | コメント (4)

2016年9月 5日 (月)

天文用CMOSカメラをデジカメのように簡単に扱うアプリ

天文用CMOSカメラが出揃ってきました。(非冷却もあるので冷却CMOSとはあえて言わない)

私も非常に興味をもっています。というのは、いずれはナローバンドをやってみたいからです。ナローバンドなら多少の光害地でもなんとかなりそうだし。ただ、冷却CCDはまだ高いし。ほんとうはモノクロのデジカメがあればいいのだけど。それも無理そう。

ところが、最近は天文用のCMOS、特にフォーサーズサイズが割と安く出てきました。

そこで注目していたのですが、天文用CMOSカメラはパソコンを使うのがネックでした。なにしろ、SS-one AutoGuiderのようにパソコンレスを推進してきたものとしては、ここでパソコンに逆戻りするわけにはいきません。

ということで、SS-one AutoGuiderのハードを使い、ASIシリーズのCMOSカメラを簡単にまるでデジカメのように扱えるソフトを開発しています。

1608302
これがオープニング画面です。

1609051
下の方のメニューに注目、
Shootは普通にシャッターボタンです。ライブビューボタンにPlay(再生)、メニュー、Info(情報表示)などデジカメでおなじみのボタンを並べました。

1609052
これは、ライブビュー画面、天井を写しています。今、拡大表示になっていますが、右下にエリアポジションが表示されるのもデジカメと同じです。

さらに、天文用ということで、デジカメ以上に扱い易くなっています。

インターバル撮影はもちろん、フォーカスエイド内蔵。高倍率拡大表示、ダーク、フラット撮影および自動ダーク減算、フラット補正。自動コンポジットなど。

特に、ダークやフラットがこの一台で完結してできますので、専用のソフトを買う必要もありません。これはかなり天体写真の敷居を下げるのではないでしょうか。

また、露出中に再生画像を見られるもデジカメにはない魅力です。(パソコンにつなげばできますが)もちろん、スマフォからも見られます。

ということで、デジカメ以上に簡単に天体写真が撮れるということで、さらには、非冷却ならこんなにコンパクトです。

1609053
いちおう、仕様としては、

●ASIカメラ全対応 モノクロ、カラー、冷却、非冷却。
●画像の保存は、USBメモリ。保存形式は、DNG、Fits、tiff、JPGなど。
●冷却温度設定可能。

ただですね。一つ残念なのが、オートガイダーとは、たぶん一緒には無理そうです。まだやっていませんが。

ソフトの負荷もそうですし、二つのカメラとUSBメモリ、さらにはWiFiを接続してとなるとハード的にもきつそうです。とういことで、SS-one AutoGuiderとは別の製品として販売する予定です。ごめんなさい。

完成をお楽しみに。

| | コメント (18)

2016年9月 2日 (金)

遠征の成果

火曜夜は湯沢に遠征してきました。

この晩は、台風一過で空気が澄んでいたためか、降るような星空、まるで写真のような天の川を堪能することができました。

湯沢はたまにあるんですよね。このようなミラクルな夜空が。でも、こうゆう時に限って広角レンズ持っていかなかったんだよな。

さて、肝心の釣果ですが、たくさん撮るぞと息巻いたわりにはあまり撮れませんでした。

ICなんとか
1609021
FS-60CB+専用フラットナー+EOS 6D ISO1600 7分×4枚
SS-one Mini+ASI120MM+SS-oneオートガイダー

F6.2の30分露出じゃ、どうにもならない対象ですね。

次は、ハート&ソウル
1609023
FS-60CB+専用フラットナー+EOS 6D ISO6400 8分×4枚×2枚モザイク
SS-one Mini+ASI120MM+SS-oneオートガイダー

その2をISO6400で撮ったのはダーク減算の検証のため、ガチ企画でまた出します。

あと、M31とかも撮ったのですが、FS-60CBでは迫力ないので出さないでいます。

さて、自動導入VS電子ファインダーの検証もしてきました。どちらが、良いか。

断然、自動導入でした。やはり早いし精度も良い。特に、一晩にたくさん撮る場合は、次から次へと導入できる自動導入が便利ですね。

唯一、電子ファインダーがいいと思ったのは、一切かがむことがないこと、自動導入は基準星入れるために、かがみますから。これはつらい。大きい赤道儀使ってると分かりませんが、ポタ赤でかがんで下から覗きこむのは、年寄りには大変なんです。

とはいえ、自動導入できる赤道儀がない場合は電子ファインダーは大きな武器になることは間違いなし。完全マニュアルで導入することを考えると、はるかに便利です。

| | コメント (4)

2016年8月30日 (火)

久々の遠征

今夜は久々に遠征できそうです。

最近は、近所の空き地でテスト撮影ばっかだったので、開発は忘れ、星空を堪能してきたいと思います。

1608301
今夜は久々にFS-60Cのセットで臨みます。作ったばかりの自動導入ソフトで、次から次へと撮ってきたいと思います。一枚あたりの時間は短めにして。質より量。

いちおう、開発状況をお知らせしておきます。

電子ファインダーは順調です。マッチング精度も高くなりました。しかし、その反面、検索時間がかかるようになってしまいました。東西南北ボタンを作りますので、だいたいの方角を指定していただければ検索が早くなります。指定しなくても検索はしますが、遅くなります。もう2~3回テストして完成です。

自動導入ソフトはすでに完成していますが、今夜の撮影で問題が出なければ、それでOK。

あとは、実際にリリースしてユーザの意見を聞きたいと思います。これはいつもどおり。

また、最近はこんなものも作り始めています。

1608302
詳細は追って報告する!

では、行ってきます。

| | コメント (7)

2016年8月22日 (月)

自動導入も完成。

自動導入ソフトも完成しました。今のところSS-oneコントローラ専用です。

これで、

●電子極望Polar2による極軸合わせ
●フォーカスエイドによるピント合わせ
●電子ファインダーまたは、自動導入による対象導入
●オートガイド

天体写真の一連の操作がすべて、この一台でできるようになりました。まさに理想ですね。

| | コメント (8)

2016年8月18日 (木)

星図マッチング電子ファインダーの紹介

お待たせしました。

もうじき完成の星図マッチング電子ファインダーの紹介です。動画では、星図と星が微妙にずれていますが、これは印刷された星座だから。実際の画像ではもっとぴったり一致します。

ところで、開発していて最近、気付いたのですが、このソフトにほんの少し手を加えるだけで、自動導入ソフトができちゃうことに気付きました。

ということで、自動導入ソフトも作っちゃいます。この電子ファインダーにも自動導入の機能を加えます。画面上で導入したいポイントをクリックするだけで、そこへ導入します。実写版自動導入ということでしょうか。もちろん手動でもOK。

また、この電子ファインダーとは独立に、自動導入ソフトも作ります。もっと表示する星を増やし自動導入に特化した操作性にします。

今までは、自動導入するには別途、スマフォかPCが必要でしたが、これでSS-one AutoGuiderだけですべてできることになります。ますます、便利になりますね。

| | コメント (15)

2016年8月17日 (水)

あっ~~~

電子ファインダーの開発に没頭して、ブログの更新を一ヶ月も怠ってしまった。

もう、ほとんど完成しているのですが、明日か、明後日には紹介できると思います。

| | コメント (8)

2016年7月19日 (火)

星図マッチング試験成功!

ここんとこ星図マッチングの試験をしていましたが、やっと成功しました。

壁に、SIで作ったオリオン座を張り付けて試験していました。

1607190こんな感じにオリオンを写して、

1607191
星図マッチングすると、こんな感じ。

1607194
完成品はもちろん、星座線や星雲星団が入ります。写野をずらすと、当然星図もずれます。

1607195
ここまでくるの大変だった。何が大変だって、広角レンズなので平面で近似することができず、すべて球面座標上の計算ばっかだったので頭がパニックです。三角関数のオンパレード。

いちおう、アルゴリズムが計算時間も含めて実用的なことが分かりました。ただ、妥協したところもあります。

以下の制約のいずれかは付けないと無理だろうなと予想していたのですが、その通りでした。

1 GPSや方位センサーを付けて、だいたいの方向を特定する
2 画像の縦横を経緯線に合わせる

1は、追加のハードを必要とするので、やめて、2の制約を設けることにしました。したがって、赤道儀オンリーです。また自由雲台はだめ。経緯台もだめ。ただ将来的には経緯台もやりたいので、1をやるか、なんとかアルゴリズムを考えて経緯台でもできるようにしたいです。

レンズですが、どんなレンズでもとはいかず、こちらで指定したレンズのみです。今考えてるのは、

1 コーワの9mm-90mmズームレンズ

ですが、高いので、広角の安い単焦点レンズを何か一つ、5000円くらいでないか探してみます。

星図マッチングにかかる時間ですが、今のところ10秒くらい。ただ遅いのは、最初の1フレームだけで、2フレーム目からは、だいたいの方向は分かっているので、検索範囲を絞ることができます。1秒あたり2フレームくらいの動画での実用を考えています。

また、RS232Cインターフェースがあるので、自動導入ソフトとの連携が可能です。この場合、同期なしで、PC上に現在位置が表示されます。そして、赤道儀を手動で動かしても、そのポインタが移動します。言葉はへんですが、手動自動導入みたいな感じ。

今のところ分かってるのはこんなとこです。まだまだ、最初の一歩の一歩です。これから頑張ります。

| | コメント (31)

«PENTAX MS-3n赤道儀のSS-one化