2017年5月21日 (日)

CMOS Cap. 緊急アップデート

「SS-one CMOS Capture」
急に冷却すると結露するので、ゆっくり冷却、ゆっくりもどすオプションを付けました。

こちらからダウンロード
https://www.dropbox.com/s/flkwsyosrufzdj0/ssonecmos021.zip?dl=0

アップデート方法(いつも通り)
http://ss-one.net/doc/HowToUpadte.pdf

1705211
「Slow Cool」と「Slow Warm」を0以外にすると、このオプションが有効になります。たとえば、3/minに設定すると、1分あたり3度のペースで冷却します。

| | コメント (1)

2017年5月16日 (火)

情報求む! Andoroid6ユーザの方

SS-one AutoGuiderの無線アダプターが、Andorid6でWiFi接続できないという症状を、二人の方から報告を受けました。

他に同様な症状がありましたらご連絡ください。また正常だったという報告でも良いです。機種名やOSバージョンも一緒に教えていただけると幸いです。

SS-oneコントロラーの方はAndorid6でも接続できるようです。AutoGuiderの方が問題のようです。

WiFi接続できないということなので、アプリケーションが起動する以前の問題です。

| | コメント (5)

2017年5月15日 (月)

ダウンロード準備中

「SS-one AutoGuider for Windowsタブレット版」の希望者が多数のため、個別に送るのではなく、SS-oneのホームページからダウンロードできるようにしたいと思います。

今、準備中なので、しばらくお待ちください。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

SS-one AutoGuider製品続々

「SS-one AutoGuider Pro」の試作機ができました。

1705131
配線ごちゃごちゃを緩和するこの製品。個人的にはかなりほしいです。いつも遠征帰りにケーブルをほぐすあの作業、もういらいない。はやく実用レベルまでもっていきたいです。

1705132
いっぽう、ガイドカメラは、加工トラブルがあったようで遅れています。すみません。

それから、もうひとつ、大きな画面でSS-one AutoGuiderを使いたい人向けに、「SS-one AutoGuider Windowsタブレット版」

1705133

普通のパソコン用ソフトとの違いは、マウス操作を必要としないボタンタップだけで操作できることです。これは他のSS-one AutoGuider製品とまったく同じです。フィールドでの操作性を重視しています。

オートガイダー部分はできました。天気が悪くテストできないのでリリースしませんが、早くほしい人は連絡ください。あげます。対応カメラはASI。

なお、「SS-one AutoGuider タブレット」は4,800円くらいの有料を考えていますが、最初のうち無料で配布する予定です。

SS-one AutoGuiderを大きな画面で使うにはもう一つ方法があります。無線でアクセスする場合は、小さな液晶サイズに合わせる必要はないので、無線アクセス専用の大きな画面バージョンを作ろうと思っています。

こちらは、画面デザインだけをやり直せばいいので、やり始めればすぐできると思います。一応対象商品は、

1 「SS-one AutoGuider」大きな画面バージョン
2 「SS-one Light」のハードで、中身はSS-one AutoGuider大きな画面バージョン(シャッターなし)
3 「SS-one CMOS」大きな画面バージョン

それぞれのハードを持っている方は、無料で利用できます。また大きな画面といってもサイズとしては、960×600を考えています。この解像度より小さいスマフォでは使えません。タブレットやノートパソコンからのアクセスとなります。

今後いろいろ出てきますので、要チェックです。

| | コメント (23)

2017年5月 2日 (火)

SS-one AutoGuider Lightもアップデート

SS-one AutoGuider Lightもアップデートしました。(Ver.1.01)

変更点は3つ

1 矢印のカーソルを表示しないようにした

2 USBコネクタからの電源供給を4つ合わせて600mA->1200mAにパワーアップ
これは、近日発売するオートガイドカメラがヒーター対応のため、消費電流が増えることの対策です。カメラ一つだけの接続では、従来通りでも大丈夫ですが、電子極望や無線アダプタなどたくさんUSB接続する場合は、アップしておいたほうが無難です。

3 Polarにおいて日付が一日ずれることがある不具合を修正。(時角計算には影響なし)

また、今回海外バージョンも作りました。違いは

1 英語表記を見直し

2 GPSからの地点情報は日本付近に限定していましたが、それを解除(ただし北半球だけ)

2 正解標準時からの時差の入力を可能に
(方法は、▲ボタン->●ボタンで側面ボタンで±)

以上です。

すべてのダウンロードはこちらのページにあります。
http://ss-one.net/downloads.html

直リンクです。

アップデート方法

SS-one AutoGuider Light Ver1.01

上記海外バージョン

================================================

昨晩は、本栖湖まで遠征してきました。

1705021
しかし、薄雲がとれず、あきらめて帰ってきました。
オートガイドテストはできました。今回はうまくいきました。それだけでも良しとしよう。

| | コメント (1)

2017年5月 1日 (月)

ご近所さん

GWは天気がよさそうです。月も細く、絶好の星見日よりになりそうです。私も、初日、伊豆遠征がうまくいって際先よいスタートです。

二日目も晴れたのですが、さすがに疲れたので、この日は休み。

昨晩も良く晴れました。この日は、私の会社の近くに、自宅で重量級の機材を使って、夜な夜な天体写真を撮られている方が居るというので、お邪魔させてもらいにいきました。

1705011
みよこの勇士。赤道儀2台による、トリプル砲。ほんとに住宅地です。しかも、この機材を格納するスライド式観測小屋も作られたとのこと。

17050121705013_2
凄いですね。

これは、EM500+中国製30cm

1705014
このEM500の赤緯モーターがおかしいということで相談を受けたのが、きっかけでした。

こちらはMS5システム。こちらはガイドが安定問題なし。

1705015
星見も楽しいが、星見をしてる人を見るのも楽しい。十人十色とはよく言ったもので、人それぞれこだわりがあり、とても参考になりました。

さて、今夜も晴れそうです。どっか行くか。

| | コメント (2)

2017年4月29日 (土)

SS-oneトラベラー実戦投入

出来たばかりのSS-oneトラベラー第3試作機をもって伊豆まで行ってきました。

1704292
まだ電子極望付けてないので、極軸を適当に合わせて、撮影開始。ところが、DECモーターが音はするのですが回りません。RAモーターも導入速度になると停止します。

自動導入もオートガイドもできない状態です。こんな時のために、SS-oneポタ赤を予備としてもって行ったのですが、ウエイトシャフトを忘れる痛恨のミス。

仕方がないので、1軸オートガイドはできるみたいなので、露出15秒で撮影を始めました。伊豆まで来て、何もできないで帰るわけにはいきません。

極軸が適当なのでDEC方向にどんどんずれていくのですが、手動で補正しながら薄明までM8を撮ることができました。

結果、ご覧ください。

1704291M8(干潟星雲)
FSQ-85ED + ASI1600MM + SS-one CMOS Cap.
RGB 各15秒×64  ゲイン10/25 リアルタイムフラット
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider

シャープなイメージの作品にしたかったので、LRGBでなくRGBにしました。LRGBだと、ボテボテのBチャンネルがLを通して、画像全体に波及してしまいます。

なかなかうまく撮れたと思います。流石、伊豆。これほど低空なのにカブリ補正なしでできました。久々に天体写真らしい写真撮れました。満足、満足。
(画像に縦の筋が見えますが、これは輝点ノイズがDECのずれによって一直線に並んで、筋のように見えるためです。ダークすれば現れないと思いますが、ダークを忘れました。)

SS-oneトラベラーですが、第3試作機は重すぎるので、実はもう第4試作機を設計中です、これは机上の計算では目標の4kgを切りそうです。どれだけ軽くなるか楽しみです。

| | コメント (2)

2017年4月24日 (月)

情報求む! 新情報追記あり

SS-one CMOS Cap.のニューバージョンですが、早速、不具合報告ですみません。

ASI071MC-Coolでライブビューにするとフリーズする報告が上がっております。

同様の情報をお持ちの方は、ご報告ください。
また、逆に正常だったという報告でも良いです。
よろしくお願いします。

なお、旧バージョンはこちらにあります。
https://www.dropbox.com/s/cbid2jyn62ii61m/ssonecmos010.img?dl=0

===追記===

その後、そのユーザ様から追加の情報がありました。

GPSユニットを外したらフリーズすることはなかったそうです。またもう一度つけてやったら、問題なかったとのこと。

どうやらASI071MCの問題というよりGPSの問題のようです。したがって、他の機種でもでる可能性あり。ただ絶対そうなるとは限らず、今のところ発生頻度は低そうです。引き続き、提供を求めます。

| | コメント (6)

2017年4月23日 (日)

試作機本体完成

CMOS CpptureのGPSユニットはこちらで買えます。
http://shop.ss-one.net/?pid=112161272

秋月電子で売ってるこれと同じです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09272/

本題。

SS-oneトラベラーの試作機本体部分が完成しました。極軸微動装置はまだです。

1704233
モーターも回り、もう撮影もできます。今晩、テストしに行こうと思ったのですが、曇ってきました。

鏡筒側フル装備でたった1.2kgのウエイトでバランスします。また南の空なら、子午線超え鏡筒反転の必要もありません。形としてはベストであることが確認できました。

1704232
鉄の塊で、いかにも重そうですが、実際、重いです。ここから、いかに軽くしていくかが課題です。まだまだ完成には程遠いです。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

SS-one CMOS Cap.アップデート

SS-one CMOS Cap.アップデートしました。

今回の変更点は

1 ファイルにゲインなど撮影情報を付加(ゲインはISO値として表示)
2 オプションのGPSユニットを付けた場合、さらに日時、撮影場所も付加
3 リアルタイムダーク減算、フラット補正

注意点
以前のバージョンで撮影されたtiffファイルは読めませんので、USBメモリはいったん空にしてご使用ください。ただ、ダークファイルとフラットファイルだけは読めます。

また、マニュアルも作成しました。アップデータとともにすべてはこのページにあります。

http://ss-one.net/downloads.html

直リンクも貼っておきます。

●アップデート方法
http://ss-one.net/doc/HowToUpadte.pdf

●SS-one CMOS Capture最新版
https://www.dropbox.com/s/zbsdxxd245z1qiy/ssonecmos020.zip?dl=0

●SS-one CMOS マニュアル
http://ss-one.net/doc/SSoneCMOS.pdf

| | コメント (0)

«しし座トリオ銀河