2018年12月 4日 (火)

SS-oneトラベラーの進捗状況

SS-oneトラベラーの進捗状況ですが、ご覧のとおりです。

1812041
こうして見ると、今にも完成しそうですが、目標の今年中の完成は無理そうです。
まだ、研磨も塗装もあるので。

まぁ、もう2年も待たせてるんだから、今さら1~2か月遅れたって、どうってことないですよね。

いちおう、言い訳めいたこと言っておくと、何か問題があって遅れているわけではなく、実際に作っていると、ここはこうした方がもっと良くなるとか、いろいろでてきて、それをバカまじめにやり直してるので、遅れてしまっています。また作業は止まることなく、少しづつですが進展しております。

-----------------------

トラベラーのオートガイド、モーターケーブルを短くしたら、ものすごく安定しています。
中間ギアなしのハーモニックドライブの場合、マイクロステップの電気的安定度がすべてと言っていいでしょう。またオートガイダーと一体型なのでコンビネーションも抜群です。

最初、私は、ハーモニックのダイレクトドライブは、角分解能が粗いのでオートガイド精度はそんなに良くないと思っていましたが、認識が変わりました。
将来、モーターコントローラを内蔵したらもっと良くなるかもしれません、楽しみです。

| | コメント (0)

2018年11月30日 (金)

EF300mmF2.8L(3)USM + ASI183MM-Proのファーストライト

意を決して買った新兵器。ファーストライトを済ませてきました。

ファーストライトの前に、解決しておかなければならないことがあります。

まずは、レンズのたわみ対策とガイド鏡の保持。
大口径レンズの場合、レンズの固定を2点留めでしっかり固定しないと「たわみ」ます。どのくらい「たわむ」かというと、たくまーさんから借りたサンニッパの場合、1時間でこんなにたわみました。

1811301

べつにガイドエラーではないです。ガイドは完璧でしたが、レンズのたわみでこんなにずれてしまいました。もちろん星も伸びます。

それで、今回はどうしようかなと悩みましたが、レンズの形状から言って、2点留めは難しそうだったので、ガイド鏡をレンズまたはカメラ本体に固定することにしました。

たわんでも、ガイド鏡と一緒にたわむなら、オートガイダーが追従します。それでCNCフライスで作ったのがこれ、

1811302
これなら大丈夫。次の問題。

最近のレンズは、カメラをつなげてないと、マニュアルフォーカスも出来ないみたい。USMというやつ? 買ってから気付きましたよ。(追記 ISモデルのサンニッパは大丈夫みたい)

そこで、接写リングからとった電子接点のパーツをZWOのカメラマウントに移植して、そこから、線を出しました。

1811303
次に、レンズとカメラの通信方式をネットで調べてみると、通信方式は、SPIというマイコンの世界ではありふれた通信方式。プロトコルもよく解析されていて、ネットで知ることができます。それどころか、ご親切にASCOMまであります。

面白そうですね。時間があれば、電動フォーカーサーが出来そうです。絞りもコントロールできそう。

といっても、マイコンいじってる時間もないので、とりあえず、カメラをつなげました。

1811304
SPI通信はUSBやLANと違って、差分電送ではないので、あまり長い配線はできません。
ピント合わせの時だけ、このカメラを接続します。

これでやっと、撮影できる状態になりました。いつもの河原に撮影に行きました。

1811305
寒くなってきたので、炭火焼を楽しみながらの撮影です。

1811306
で、今回は、Hαだけ撮影してきました。結果、

1811307EF300mm F2,8L(3)USM 開放
ASI183MM-Pro (外気温-20度) + SS-one CMOS Cap. ゲイン13/25 リアルタイムダーク減算
5分×28枚(140分)
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

まず最初に思ったのはノイズの少なさ。冷却の効果もあるだろうけど、ASI1600MMと比べると、天と地。月とスッポン。私のASI1600MMは特にノイズが多いような気がする。

とにかく滑らかで、「買って良かった~」と思いました。これなら画像処理で思いっきり強調できそうです。

次にレンズ性能ですが、右側がやや片ボケ気味です。これはレンズ性能というよりどこかに問題あるんでしょうね。どうにか直したいです。それ以外はとてもシャープ。

あと、外気温変化によるピントのズレが、予想はしていたけど、やはりという感じです。
どれだけずれるかというと、2時間も外気温順応したにも関わらず、最初と最後でこんなに違います。

1811308

1時間ごとにピントの再調整をしたいところですが、ナローの場合、明るい星でないとピント合わせができなく、いったん、写野を外さないといけません。何か良い方法ないですかね?聞きたいです。(電動フォーカサーが出来たら、数値でステップごとに実写確認しようと思います。)

星の形は真円ではないですね。何か、けられてるようにも見えます。ただこれくらいなら自分的には全然OKです。これからの撮影が楽しみです。

| | コメント (16)

2018年11月26日 (月)

新兵器投入!!

買ってしまいました。

1811261
ASI183MM-Pro

今まで、ASI1600MMを使ってきましたが、どうも私の個体は輝点ノイズが多い。それでも、かまわず使ってきましたが、ナローをやるようになって、1枚あたりの露出が伸びたことと、背景が暗くなり、余計ノイズが気になるようになってきました。

で、ノイズの少ないのほしいなと思っていたところ、クリスマスセールとか、なんやら誘惑がいっぱいあって、買ってしまいました。

1811262
1インチセンサーです。見るからにノイズ少なそう(気のせい?)

今回は冷却モデルにしました。ノイズの面で有利なのもそうですが、ダークの使い回しができるのが、時間の節約になり嬉しいです。

で、もうひとつ買ってしまったのがあります。

1811263
キャノンのサンニッパです。ISの付かないやつです。

サンニッパは今まで、たくまーさんから借りたTamronのサンニッパを使っていましたが、いつまでも借りているわけにもいかないし、センサーが小さくなって拡大率がさらに上がるので、思い切ってキャノンのサンニッパを買ってしまいました。

私的にはかなり清水の舞台です。

三脚座は直接ビクセンアリガタを付けています。

1811264
三基さんのアリガタなのですが、最初から開いてる穴4個がちょうどいい配置で、座ぐり加工するだけで付いてしまいました。

で、早速、トラベラーに載せてみました。

1811265
トラベラーとサンニッパはベストマッチです。

ガイド鏡、どうやって付けるか、悩むところです。

早く晴れかな。楽しみです。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

SS-oneオールイワンガイダー、ベータテスト版販売開始

ご購入はこちらから

http://shop.ss-one.net/?pid=136281260

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

SS-oneオールインワンガイダー、ベータテスト第2弾販売

お待たせしました。オールイワンガイダーのベータテスト第2弾の販売です。
明日、夜10時にショップにて販売開始します。

1811231
1811232
今回、9台を目標に作りましたが、2台失敗。7台の販売になります。販売価格は、定価39,000円(税別)のところベータテスト価格30,000円(税別)になります。
だれでもご購入できます。前回のベータテスト版をお持ちの方はこちらに送って頂ければ差額で購入できます。

フードは手持ちの余ったものがあったのでサービスで付けます。

前回との違いは、電子極望がなくなりましたが、シャッターコントロールが新しく入っています。もちろん、ディザリング可能。

内部的には、全然変わっていて、作るのがはるかに楽になりました。

電子極望がなくなったのは残念ですが、電子極望に関しては、オールイワン電子極望として新たに開発する予定です。初代電子極望を極限まで簡略化して作る予定です。ラズパイとか使ってないので、電源入れればすぐ使えるのが特徴です。

また、前回のフリーズする不具合や、無線と単体での混合での使用ができないなどは、すべて修正しました。私が使っている限りではフリーズはなく、かなり安定しています。もう正式版に近く、これで問題なければすぐにでも正式版販売と行きたいところです。

ただ一点だけ不安要素があって、CPUファンです。今回調達したロッドは半分くらい回らなく、何か引っかかるのか、ピンセットなどで、回り始め手伝ってやると回ります。たぶん、馴染んでくると、そのまま回るとは思うのですが。もちろん、今回はそのような固体は使っておらず、回るものだけで厳選しています。

ただ、あまりにも数が多いので、不安になります。今回それも含めてベータテスト版とさせて頂きます。ファンが回っているかどうか十分に注意していてください。もし、回っていなかったら、ピンセットなどで回してみてください。ファンが止まっていると、CPUのクロックが下がって、動作が遅くなります。(事実上使えなくなるほど遅くなる)

前回同様、使い方の動画を作りました。実践編の後半、かなり聞きづらいノイズが入ってしまいました。どうもすみません。

準備編

実践編

| | コメント (4)

2018年11月 1日 (木)

業務連絡 SS-oneトラベラー仮注文者の皆さま

先ほど、ご入金の案内のメールを一斉送信しました。届いていない方はご連絡ください。
また必ず返信して、ご希望の色をお聞かせください。

今年中に完成するように頑張ります。

Pic1

| | コメント (3)

ご近所でハート星雲

ナローは、「明るさは正義」ということで、今度は、
「たくまーさん」から未だに借りているTamronのサンニッパで、ハート星雲を狙ってみた。

まずはHα

1811011Tamron SP 300mm F2.8開放 + ASI1600MM + SS-one CMOS Cap ゲイン13/25
リアルタイムダーク減算
5分×16枚 SS-oneトラベラー

斜めに筋のように伸びているノイズはダークで取りきれない輝点ノイズの軌跡で、これがあるためにあまり強調できません。

次に、O3

1811012
Tamron SP 300mm F2.8開放 + ASI1600MM + SS-one CMOS Cap ゲイン13/25
リアルタイムダーク減算
5分×26枚  SS-oneトラベラー

例によってあまり写っていないのですが、「そんなもんだ」と悟って、あまり気にしないことにします。「そんなもんだ」、いい言葉だ。

ただ、CMOS Cap.のモニタでもうっすらと存在は確認できました。さすが、サンニッパ。

一晩で3色撮りたかったのですが、雲が多く、S2は撮れませんでした。また別の日に撮ることにします。

で、2色は得られたので、AOO合成してみました。

1811013

作品としてはまだ、しょぼいのですが、ご近所でこんな写真が撮れるなんて。なんか感動。

明るさでいうなら、カメラレンズはいいですね。ヨンニッパくらいがほしいな。あと固定的ノイズの少ないCMOSモノクロカメラ。いろいろ欲が出てきます。

カメラレンズの場合、ガイド鏡の保持が大問題です。今回あまり、良くなく。ガイド精度はばっちりだったのですが、カメラレンズとガイド鏡の相対的位置関係が歪んで、たった一時間でこんなにずれてしまいました。(天然ディザリングだけど筋が残る)

1811014

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

SS-oneトラベラーさらなる改善、ナロー挫折しそう。

SS-oneトラベラーのモーター線を改善してみました。
まず、今までRAとDECを一本の線でまとめていたので、これを分離しました。
そして、写真のように短くしてみました。

1810303
すでに、オートガイドアルゴリズムの改善によってガイド精度が向上していたのですが、これによりさらにガイドが安定することが分かりました。
また、今、モーターにかける電圧を上げて安定させているのですが、電圧を低く設定できるかも知れません。

将来的には、モータードライバもラズパイもすべて赤道儀本体に内蔵するので、さらに良くなることが期待できます。

中間ギアのないハーモニックドライブの場合、マイクロステップ駆動の安定性、つまりモーターのA相とB相の電圧の比の微妙な誤差が回転角にそのまま表れますので、このように電気的に安定させることが重要という、当たり前と言えば当たり前の結果ですが、やっと到達できました。

逆に、このように電気的な不安定性が解消されれば、ハーモニックドライブは極めて、正確で安定であることも分かりました。

---------------------------------------------------------------------

さて、ここんとこ中途半端に天気の良い日が続いております。晴れてはいるのですが、細かい雲がひっきりなしに通過する状態で、なかなかまとまった撮影データが得られません。

そんな中、ナローに挑戦していますが、写らないですね~。

ハート星雲にずっと挑戦していたのですが、難しい。そこで、昨晩は、パックマン星雲の方にトライしてみました。

そしたら、はじめてHα以外の存在をCMOS Capのプレビュー画面で確認することができました。嬉しかった。ということで、昨晩は薄明まで撮るつもりだったのですが、やはり雲に邪魔され、効率が悪いので、25時に引きあげました。

それでも、2時間分のデーターを得られました。

1810302OⅢ
FSQ85ED+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap. ゲイン13/25 5分×24枚
SS-oneトラベラー@開発中

はじめてとらえたHα以外の光。ちなみにHαはたった一枚でこれだけ、

1810301
O3の周辺減光の多さが、どれだけ強調しているかが分かると思います。

FSQの明るさはF5.3。F値が暗いと、S/Nが悪くなるのはどうにもならないですね。暗いのは、撮影時間を長くすれば挽回できるのですが、ダークで取りきれない固定的ノイズのS/Nの悪さは、もうどうすることもできず、やはり明るい光学系がほしくなります。

最初は、F4くらいの光学系を考えていたのですが、これをみるとF2.8くらいがほしくなります。サンニッパとか、でも300mmだと広すぎるかから、ヨンニッパとか。でも重すぎ。

結局、「明るさは正義」ということか。ということは「お金持ちは正義」

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

SS-one星雲・星団撮影セットの開発・販売

昨日、ちょっとだけ出した望遠鏡セットですが、ここで詳しく説明したいと思います。

その前に、なぜこの望遠鏡セットを開発・販売するに至ったか、それは私の極めて個人的な、ビジネス無視の2つのこだわりがあったからです。

1 小型でスリムな望遠鏡セットへのあこがれ。
最近は、小さな赤道儀が減ったなぁと思います。ポタ赤はあるのですが。最近はエントリーモデルでもけっこう大きいというか、ごつごつした感じのが多いです。モーター内蔵が増えたのもあるし、小さいのは、ポタ赤の範疇になるからでしょうか。

だけと昔はけっこうあったんです。タカハシのP2赤道儀+FC65とか、ペンタのMS-3n+75SDHFとか。こういったものにあこがれていました。かっこいいし、使わなくても部屋においておくだけで絵になる。
今でもあこがれていますが、でも、ヤフオクとがで買う気にはなれないです。赤緯が全周微動でないから。

現代仕様でもこういった望遠鏡セットがあればいいな、と思ってました。

2 完全な天体写真撮影セットの提示
天体望遠鏡セット、特に撮影セットになると、買ってすぐ使えるものは皆無です。いろいろ買い足したり、調整したり、交換したり。もちろん、趣味の世界なので、それが楽しいし、私もむしろ、そちら側の人間。

だけど、みんながみんなそうとは限らないし。機械音痴な人、女性だっているし、あるいは無駄は一切省いて、最短で到達したい人。けっこう多いです。

私は、メーカーとか、販売店とかは、目的を達成するための、完全なセットというのを、ユーザがそれを全て選択するかどうかは別にして、提示(用意)できないとおかしいと思うんです。だって、車を買って、納品日に車を取りにいけば、そのまま乗って帰ってこられるじゃないですか。バッテリーは別で買ってください、とかワイパーも別ね、すべて揃ったら始めて乗れますよ。ていうことはないでしょ。

まぁ、そういった観点からはビクセンさんとかは頑張っているとは思いますが、まだ完全ではないです。販売店も全部揃うところは少なく、Tリングさえ売ってない販売店もあります。

まぁ、そんな思いもあって、完全な望遠鏡セットというのを組んでみたかったところがあります。残念ながら、電源だけは、いろいろあって、私は販売できないのですが、それ以外はカメラも含めて、買えば、もうその日の夜に使える望遠鏡セットを考えたわけです。
もっとも、既に持ってる部品もあると思うので、そこはマイナスオプションという方式で行きたいと思います。

つまり、完全なフルセットを基本として、必要ないものはどんどん外していくという方式です。

まぁ、能書きはこれくらいにして、それでは「SS-one星雲星団撮影セット」の紹介です。

1810271
ベースの赤道儀はSkyWatcherのEQ3(ノーマル)です。

1810272
鏡筒は、SkyWatcherのEvoStar 72EDです。日本では未発売です。鏡筒径がφ80より細く、すごくスリムです。なにかPentax75SDHFを思わせます。完全に私のツボにハマりました。性能の方はこれから検証です。
1810273
SkyWatcherのEQ3GOTO仕様のモーターは凄く出っ張っていて、せっかくの小型の赤道儀が台無しです。そこでモーターはSS-oneオリジナル仕様にしました。また電子極望内蔵です。

1810274
こちらは、赤緯のモーター。
EQ3はEQM35もそうですが、赤緯のウォーム歯数が65枚しかなく径が小さいので、剛性的に不足ですね。手でぎゅーと回してみると、歪みます。あまり重い鏡筒やリーチの長い筒は不向きと思います。EvoStar72EDくらいの鏡筒がちょうどいいと思います。

1810275
EQ3の標準のウエイトはやたらデカイので、小型のウエイトに変えました。

1810276
EvoStar72EDのような小型の鏡筒はどうしても、ボトムヘビーになりますが、EvoStar72ED標準のアリガタプレートは短く、バランスがとれません。そこで長いものに変えました。

このように、このセットは、単に、これとこれを合わせましたというだけでなく実際の使用にそくして調整をしてあります。

1810277
ヒーターも事実上、不可欠品なので、もちろん標準装備。

1810278
ヒーター付きのオートガイドカメラ。
カメラは、Eos Kiss Xxか、FujiのX-Axで考えていますが、もちろん、マイナスオプション。

1810279
プラスオプションのカメラ三脚アダプターも開発中。
プラスオプションはもうひとつあって、レデューサー。

あと、写真にはありませんが、「SS-one Power」も標準で付きます。

このように、電源さえ買えば、ほんと、もうこのまま撮影に行けるセットです。

-----------------------------------------------------------------

このブログを見ていてくれる方は経験者が多いので、このようなセットは不要でしょう。したがって、開発までの、たとえば光学系の検証などの記事はこちらのブログに掲載しますが、開発完了後は、「入門者向けブログ」の方で、紹介や説明をしていきたと思います。

| | コメント (12)

2018年10月26日 (金)

新製品

こんな望遠鏡セットを開発中。詳細は明日。

1810263
1810264

| | コメント (0)

«SS-oneオールイワンガイダー追加生産決定