2021年9月 9日 (木)

SS-oneトラベラー進捗

10月発送分のSS-oneトラベラーのアルミ削り出しが完了しました。
いよいよ、最終加工と、塗装、組み立てになります。

21090910_20210909100701

ご予約様へ。
9月中に残金のご請求をさせていただきます。ご準備の方、よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

オールインワンガイダーV2 開発完了

今年、私が一番力を入れて開発していたオールインワンガイダーV2の開発がほぼ完了しました。
あとは、実際の星でのテストと調整ですが、旧機種とソフトの基本は同じで、ユーザインターフェースが違うだけなので、
このままスムースに進むと思います。

それでは、機能紹介です。本体サイズは40mm×40mm×81mmです。

1 初期画面

2109092
2 ガイド中の画面

2109091
3 メインメニュー
2109093
4 インターバルタイマーの設定画面
2109094
5 ディザリングの設定画面
2109095
6 マウントはCマウントです。31.7mmスリーブアダプターを付ければ、
2109098
7 ガイド鏡にも取付可能。
2109099
8 コネクタパネル。左から、ST4ガイドポート、電源、シャッターです。
2109096
9 センサーは、旧バージョンと同じIMX290です。このセンサー、最近人気ですよね。
2109097

10 旧バージョンとの大きさ比較。スリムになりました。
21090911
11 底面は、カメラネジが17.5mm間隔で3か所。
21090912
無線に関しては、いちおう旧バージョンと同じで使えるように作ったのですが、動作がかなり重くなるので、十分テストしたのち、最終的に判断します。

液晶のバックライトは消すことができます。手動で消したり、オートオフ、シャッター連動オフが選べます。
気になる価格ですが、もう一度原価を計算して決めますが、たぶん、本体のみで4万円は超えないと思います。超えたらごめんなさい。
最近、中国での部品価格の上昇が止まりません。まぁ、インフレなのは世界的な傾向で、日本のデフレの方が異常なのですが、安く作るのが難しくなってきました。
それとレンズとのセットの販売も考えています。
旧バージョンからのアップグレードも考えていますが、センサーはそのまま再利用可能ですので、その分、安くなりますが、せいぜい5,000円くらいです。ごめんなさい。
これから頑張って20台量産します。部品はすでに確保しています。もしあっという間に売り切れるようならさらに生産しますが、20台売り切れるのに時間がかかるようなら再生産はしばらくしないので、ぜひこの機会にご購入ください。

| | コメント (18)

2021年8月 2日 (月)

オートガイドカメラ120mmレンズセット販売再開

販売を休止していたオートガイドカメラですが、120mmレンズセットの販売を再開しました。

2108021

センサーは、SonyのIMX290に変更になりました。高感度、低ノイズです。

ガイドポートがないため、SS-one以外では使用できません。SS-one専用品です。ただし、カメラとしてはWEBカメラと同等なので、WEBカメラがみられるソフトなら使用できます。

SS-one AutoGuider Proで使用する場合はソフトウェアのアップデートが必要です。そのため、SDカードと取説が付属します。

75mmレンズセットですが、ほとんど売れないのでこれを機に販売を終了しました。

カメラ単体の販売ですが、もう少ししたら始めます。今のところ120mmレンズセットのみになります。

 

 

| | コメント (2)

2021年7月23日 (金)

ポーラー2ミニの底上げアダプター

Bergamotさんのコメントにもあるように、ポーラー2ミニをタカハシやEQ5以外にも使いたいと思うのが心情。
ということは想定していて、このような底上げアダプタも一応は用意しています。

2107231
2107232
これなら、PoleMasterアダプターが使える赤道儀ならすべて使えます。

| | コメント (2)

2021年7月20日 (火)

新製品3つの情報

まずは、付けたまま持ち運べるポーラー2ミニが完成しました。

2107201

従来品と比べてかなり小型化しました。従来品はレンズ部がむき出しでしたが、これはがっちり保護されています。
少しくらいぶつけても大丈夫です。

2107202

カメラの一部が赤道儀の中にめり込むので、すべての赤道儀で使用できるわけではありません。
今のところ、使用できることが確認されているのは、タカハシの赤道儀とEQ5です。EQ5が大丈夫なら、ビクセンGP系もOKとは思いますが。

ただし、センサーの感度は従来品より悪く、従来品の適正露出は1/4秒でしたが、これは1/2秒になっています。したがって、画像更新が若干、ガクガクします。
一般販売はもう少し先で、しばらくは、EM10/200を除くタカハシ赤道儀改造のみ対応したいと思います。(EM10/200は電子極望は完全内蔵なので関係ない)

続いて、オートガイドカメラです。
現在オートガイドカメラが、メーカー在庫切れのため、販売を休止していますが、入荷のメドがまだたたないことと、いつまでもASIのOEMに頼るわけにもいかないので、SS-oneオリジナル品を作ることにしました。これです。

2107204

また四角いカメラです。昔もこの四角いカメラを出していましたが、センサーが違います。以前は、ASI120MMの互換品でしたが、今回はソニーのIMX290になります。

ASM120MMより、IMX290の方がはるかに高感度ですが、ただカラーなので、その分、若干マイナス。ただ、それを差し引いてもけっこうよく写ります。ASM120MMの時は、ビニングを推奨していましたが、このカメラはノイズが少なく、ゲインをMAXまで上げられるので、ビニングは不要です。したがって、高解像度で利用できます。

ただし、SS-one AutoGuiderで使う場合は、ソフトのアップデートが必要です。そのためアップデートSDカードをこのカメラにつけます。
アップデートはしなくても使えるのですが、以下の不都合があります。

1 解像度が、640×480で、もの足りない。
ソフトをアップデートすることにより、1280×720で利用できます。(IMX290は本当は1920×1080ですが、この解像度だと動作が遅くなる)

2 ポーラー2と同時接続すると、このカメラをポーラー2と認識してしまう場合がある。

ということで、SDカードをつけるのでソフトはぜひアップデートしてください。もう少しで販売します。一刻も早くほしい人は個別に連絡ください。

あと、ガイドポートがないので、SS-one AutoGuider専用になります。PHDとかでは使用できません。ただし、Windowsの標準ビデオドライバに対応しているので、WEBカメラがみられるソフトなら、普通に使用できます。電子観望にも使用できます。

最後に、オールインワンガイダーV2です。

2107203

以前出した写真の時より、さらに液晶が大きくなりました。解像度は320×240で、SS-one AutoGuider Lightやトラベラーと同じ解像度です。初号機の液晶があまりにも貧弱だったので、これはいいです。

現在、最終試作機を組み立ててるところで、来週中には部品はすべてそろう予定で、これで問題なければいよいよ量産です。
20個ほど作る予定です。

今日、ステライメージ9を発注しました。なんか30周年だとかで、少し安く買えました。動画再開しますが、内容はこのステライメージ徹底解説になります。

と、まぁ、いろいろお楽しみに。

 

 

 

 

| | コメント (8)

2021年7月 9日 (金)

D型赤道儀にAPモジュールを搭載

先日、D型赤道儀のオーバーホールを紹介しましたが、
今日は、それにビクセンAP赤道儀の微動モジュールを載せたお話です。

2107091

大きさ的にジャストヒットですね。色が同じならまったく違和感ない構成です。

一番の懸案だった赤緯部の全周化ができたので、やっと見積だせるところまできました。
依頼者さん、遅くなってすみません。

APモジュールは、ただ載せただけでなく、このように中にM12ボルトを通しているので、強度的にも安心です。

2107092

こちらは、ウエイトシャフト側ですが、中のハウジングがむき出しになっているので、ここは何か目隠しになる金属環をはめ込む予定です。

2107093

さて、電子極望ですが、従来は外付けか、完全内蔵でしたが、この赤道儀から、「半埋め込み方式」を試してみたいと思います。
「半埋め込み方式」とは、基本はQHYアダプターを使った外付けですが、なるべく小型にして出っ張り部分を少なくして、取り付けたまま持ち運べるようにするものです。毎度、毎度センター出しをする必要もなくなります。

この「半埋め込み方式」は、タカハシの赤道儀と一部の赤道儀に利用可能ですので、他の方もお楽しみに。

 

| | コメント (5)

2021年7月 1日 (木)

いろいろご報告

ポーラー3
ポーラー3ですが、完成しました。

2107011

左側のケースに入っていないのは、テストで落ちた場合や初期不良のための予備です。

実際の星でテスト、およびピント合わせして出荷するので、現在晴れ待ちですが、晴れそうにありません。
晴れ次第、ご入金案内メールをお送りして、出荷します。

 

赤道儀改造
赤道儀改造依頼のお客様。大変すみません。晴れないので作業が進んでおりません。けして忘れているわけではないので、ご安心ください。

動画アップしていない件
パソコンクラッシュしました。
わたし、動画の編集で、PowerDirector使っているのですが、ダウンロード販売で購入したのですが、PowerDirectorって、再ダウンロードできないんですね。CD送付料の1,000円をケチったのがよくなかった。
動画の編集は、YouTube上でできますし、フリーのソフトもあるのですが、やはりPowerDirectorがいい。また買うしかないか。

それよりも、ポーラー3およびトラベラーミニミニのソフト開発で使っていた開発ソフトが、もともとWindows7でしか動かず、したがって、ずっとWindows7パソコンを使っていたのですが、今度Windows10にしたら動かなくなった。この開発ソフトはアップデートがないので、
ソフトの修正ができなくなってしまいました。(書き込みはできるので出荷はできる)

フォトショップも動かなくなってしまった。

データの方は、バックアップしておいたので問題ないのですが、アプリケーションの方が悲惨な状態です。何もできない。
ステライメージとかも古くなったので、これを機にソフトを一新しようと思っていますが、お金もかかるので、なかなか一度にというわけにはいきません。

 

| | コメント (8)

2021年6月17日 (木)

高橋D型赤道儀のSS-one改造

久々に改造しがいのある赤道儀の依頼を受けました。高橋のD型赤道儀です。もう40年前に購入して、今まで放っておいたそうです。改造してバリバリ使いたいそうです。

私のスカイキャンサーと同じパターンですね。
赤緯は部分微動で、極軸望遠鏡もありません。このままでは使いずらいですね。SS-one化で現代仕様になります。

とりあえず、回転が渋いので、分解してオーバーホールしました。

2106172

分解は簡単にできました。構造が単純です。ベアリングを挟んでネジ一本で締め付ける構造で、この構造だと、
必要以上に回転が重くなります。この時代は自動導入なんてないので、重くても関係ないみたいです。

高橋は、TS90/EM100の時代になると途端に部品点数が多くなり複雑になりますが、EM10/200になるとまた簡単になります。面白いですね。

ここでワンポイントアドバイス。古い赤道儀でギアが重い場合、ウォームギアホルダにグリースが固まってつまっているパターンが多いです。この場合、ギアホルダだけ清掃すれば、軽くなる場合があります。

2106171

綺麗にしました。さて、これから設計、見積作成です。どんなふうになるか、私も楽しみです。

2106173

| | コメント (8)

2021年6月 6日 (日)

ポーラー3 追加販売について

忙しくて、ポーラー3の製作は終わっていないのですが、待っている人がいるみたいなので、
明後日8日夜22時に予約の受付を開始します。7~8台作るのですが、まだ完成数が確定していないので、
とりあえず、MAX5台分とします。

ご予約は商品ページから
ポーラー3の商品ページ

 

| | コメント (3)

2021年5月25日 (火)

完売御礼! ポーラー3

ポーラー3の方は完売しました。ありがとうございます。

購入したすべての方にご入金の案内のメールをしました。届いていない場合はご連絡ください。

本日、半分の6台を発送しました。明日は都合で発送できないので、次回の発送は明後日27日になります。

マニュアルは含まれていません。ポーラー3の商品ページのリンクからダウンロードしてください。

ポーラー3ですが、7月に6~7台追加販売します。

| | コメント (3)

«SS-oneポーラー3緊急販売!! トラベラー情報