« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

よっちゃんさんの画像を本気で処理

よっちゃんさんの「画像処理検定2級素材」難しいですね~。私も最初チャレンジしたのですが、よっちゃんさんのお手本処理があまりにも素晴らしいので、こりゃ無理とあきらめていたのですが。。。

でもお手本画像は見なかったことにして、自分なりにいつもやっているように処理して見ました。

Ami7honmaka_color

まぁ、この辺が限界でしょうか。よっちゃんさんの画像は、細部がもっと出ています。たとえば右の輝星部分の網ですが、下に伸びるフィラメントがありますが、よっちゃんさんの画像はフィラメントがつながっているのです。ほんまかのは途切れ途切れ。。。どうしてあれがつながるのかわかりません。まぁ、あの方は神様ですから。。。

私は細部をあきらめ、全体的なイメージで勝負してみました。特に星の表現と色に関してはこだわってみました。

星に関しては、この画像を撮影した夜は透明度が悪かったのでしょうか? 星の周りにちょっとハロが出ていました。それを大切に利用してやわらかく星を強調してみました。ただ、最後にダスト&スクラッチをかけたら、ちょっと硬くなってしまいました。もうちょっとレベルを落としても良かったかな。ちょっとうるさいようにも見えます。

色に関しては特定の色を強調するとか意識しないで、3色の山が一致するように心がけました。ただ、この星雲の特徴として青と赤なので、星雲を強調しようとすると、どうしても緑不足になってしまいます。そこで最後に星雲部分だけ選択して緑の輝度を上げました。RGBのヒストグラムを見る限り、バランスはいいようです。

どうでしょうか? 2級合格でしょうか?

| | コメント (3)

2008年6月 7日 (土)

宇宙一美しい天の川

今日は遠征行けるかなと思ったけど、衛星画像見ると雲がいっぱい。断念しました。これで6月はボウズ。

もう、この画像と一ヶ月も格闘しています。カラーバランスを徹底的に追求しています。具体的に言うと、彩度をギンギンにして、RGBが程よく入り混じった状態を目指しているのですが。

Photo143

自分で言うのもなんですが、これプリントするとほんと美しいです。パソコンのモニタじゃ分からないと思います。不思議なことにカラーバランスが整ってると、解像度が上がるんですよ。これ嘘じゃないんです。ほんとなんです。それに星がキラキラして輝度が上がるんです。だからトーンカーブで持ち上げる必要ないんです。

宇宙一を目指してまだまだ格闘は続きそうです。

この画像は横にするとワイド感があっていいんです。

Photo144

| | コメント (2)

2008年6月 4日 (水)

昔の画像再処理その5

梅雨期限定暇つぶし画像処理もこれで最後。とりを飾るのは馬頭星雲。3分×6枚です。

Bato

ちなみに昔の処理はこれです。お恥ずかしいので小っちゃく掲載。

Photo142_2

う~ん。凄い進歩ですね。でも最初はみんなこんな感じじゃないでしょうか。

ついでなので、先日のM42とモザイク。

M42bato

これを見るとミニボーグでも4枚モザイクすれば、けっこういけるんじゃないでしょうか。なんか本格的にやってみようかと思っちゃいます。

まとめ。

 星雲星団の処理をやってみましたが、星野写真に比べるとシビアですね。神経使います。反面、カブリ軽減処理がほとんど要らず、対象がはっきりしているので、やりやすいと言えばやりやすいです。新たなテクニックも取得したので、今後のほんまかの作品はさらにレベルアップすること間違いなし。

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

昔の画像再処理その4

画像処理演習、まだまだ続く。最初はすばる。

難しい。こんな難しいとは思わなかった。ほんまかの手に負える対象じゃないです。

M45

データは今までと同じだから省略。3分×8枚。

次はバラ。これまた淡い。細いヒストグラムを無理やり広げました。

Rose

3分×8枚

この作品では初めて星マスク使いました。そのまま強調処理すると、星が肥大化するので、星マスクで星を保護しながら強調処理しました。結果は良好。でも、これって常識?それとも邪道? 常識なら中望遠の星野写真でも応用できそうです。

星マスク(除外マスク)は星野写真でも普通に使っていました。でも使い方が逆です。今までは星の輝度を上げるために使っていましたが、星雲写真の場合は逆ですね。 いい勉強になりました。

| | コメント (2)

2008年6月 2日 (月)

昔の画像再処理その3

暇なんで、昔の画像の再処理ばっかやってます。実は画像処理の練習なんです。普段、星雲の処理なんてやらないのでいい勉強になります。

M31

miniBORG60ED+AC2クローズアップレンズ+0.85レジューサー 合成f=240mmくらい

istDs ISO800 3min×8コンポ スカイキャンサーノータッチ トリミングあり

これはまぁまぁ良くできたと思う。でもミニボーグならもっとシャープに写るはず。間にクローズアップ入れてあるので周辺が流れている。

M42

miniBORG60ED+AC2クローズアップレンズ+0.85レジューサー 合成f=240mmくらい

istDs ISO800 7秒~4分の6枚コンポ スカイキャンサーノータッチ

星がでかすぎ。このころカメラのファインダーでピント合わせしていたからな。今考えると無謀すぎる。シャープ系のフィルタ処理やりすぎて、画像が荒れ気味。

昔の処理と比べると雲泥の差。やっぱ、画像処理技術は重要だなぁ~。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »