« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

おとめ座銀河団

ミラーレンズでルーリンちゃん撮ったあとは、おとめ座銀河団を狙いました。

Photo256

Tamron 500mmF8ミラーレンズ EOS 5D Mark2 ISO6400 1min×16

やはり、ピンボケで、明るさの最小値フィルターかけてごまかしました。

ところで、ここはどこを撮ったのでしょうか? 分かりません。coldsweats01

ほんとは、マルカリアンチェーンあたりを撮りたっかのですが、、、導入できない。目盛環もなければファインダーもないもんで。仕方がなく適当にカメラ向けて、適当に撮りました。何が写ってるか分かる人は教えてね。

ISO6400で16枚もコンポしたのですが、ノイズ多いです。これでもありとあらゆる手段でノイズ除去したのですが、、、実用上はISO3200までですね。でもこれなら旧5Dと変わりありません。なんか5D Mark2、それほど高感度性能が良いとも思えません。もちろん、現行製品の中では最強と思いますが、旧機種と比べてそれほど良くなっているわけではないようで、単に超高感度で撮影できます。みたいな感じです。

Photo257

これが、ミラーレンズです。軽いのでポタ赤派にはいいですね。

==追記==

参考までに、ピンボケ一枚元画像おいておきます。

Photo258

| | コメント (2)

2009年2月25日 (水)

アンタレス付近(頑張ったねバージョン)

頑張りました。コンポ枚数不足で、ザラザラであきらめていたのですが、画像処理を最初から丁寧にやり直しました。そしたら、なんとなく良くなりました。

Photo254

Hasselblad CF Sonnar Superachromat 250mmF5.6開放

EOS 5D ISO3200 3min×8×2モザイク

背景の星をあえて、うるさくさせて、暗黒帯を強調してみました。赤が強いようですが、特に赤を意識したわけではありません。普通に強調したら、こうなりました。

==最終バージョン==

Photo255

これ、応募します。

| | コメント (4)

2009年2月24日 (火)

アンタレス付近(ザラザラバージョン)

ルーリン撮った後は、おとめ座銀河団を狙いましたが、やはりピンボケ。

薄明まで一時間あったので、アンタレスを狙いました。Mark2はまだ改造してないので、旧5Dで撮りました。

Photo252

Hasselblad CF Sonnar 250mmF5.6 SuperAchromat

EOS 5D ISO3200 3min×8コンポ×2モザイク LPS-P2

時間がなく、コンポ枚数稼げませんでした。で、ザラザラの仕上がりになってしまった。来月、再挑戦ですね。晴れればいいが。

| | コメント (7)

2009年2月23日 (月)

ルーリンちゃん(ピンボケバージョン)

先週の伊豆遠征の成果を少しずつ公開していこうと思います。まずは、ルーリンちゃん。

Photo090222

Tamron 500mmF8 ミラーレンズ。EOS 5D Mark2 ISO6400 1分×4

Mark2のファーストライトになりました。でもいきなりピンボケ。ライブビューでちゃんと合わせたのですが、なぜ??? よく分かりません。実写による確認が必要でしょうか。

ミラーレンズを使っていますが、小型軽量なので、ポタ赤でも無理なく載せられます。周辺星像の乱れもないし、色収差ももちろんありません。フルサイズでも周辺減光もそれほど大きくありません。暗いこと以外は、優れた光学系です。超高感度撮影可能時代になって、ミラーレンズも見直されるかもしれませんね。

全部で60枚くらい撮りましたが、全部コンポすると、細部がぼけるので(コンポジット方法がまずい?)、4枚だけで仕上げました。

訂正

先日、RAP2がsRAW1に対応していないと言いましたが、読めるようです。今度ちゃんとやって見ます。

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

EOS 5D Mark2 ご開帳

赤外カットフィルター外し、今回はどうしようかな。とりあえず開けてみた。

Photo2511

う~ん、見たことのないコネクタがある。そのまま引っこ抜いて大丈夫かなぁ。

今回は自信ないな。プロに頼むか。

ちなみに横からみた画像。

Photo2512 

それなりに隙間はある。冷却は可能か? CMOSユニットをはずさんと、わからん。

一時間悩んだ末、もとに戻しました。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

EOS 5D Mark2 高感度ザラザラ感テスト

続いて、高感度ザラザラ感テストです。被写体はこれ、

Img_1441

Hasselblad CF Planar 100mmF3.5開放 絞り優先モード

拡大比較画像です。左側が旧5D1で、右側が5D Mark2です。解像度が違うので同じ大きさになるように調整してあります。(ピクセル等倍ではありません)

Test1

これを見ると、同じ感度では多少良くなっていますが、一段分のアドバンテージはないですね。ほとんど同じです。

では、高感度ノイズ低減を「標準」にしてみました。

Test2

あまり変わりはないです。

では、1000万画素にビニングされたsRAW1ではどうか。

Test3

5D1のISO3200と、5D2のISO6400が同じくらいです。ここでやっと一段分のアドバンテージを見ることができます。

昨日までのテストも含めて総合的に判断すると、

5DMark2は、高感度の設定はできるが、だからと言って、旧5D1にくらべて、格段に耐ノイズ性能が良いとは言いがたいです。多少良くなってる程度。

まぁ、画素数が倍になって、ノイズが同じだから頑張ったといえば頑張ったと言えるでしょう。5D1が優秀だったともいえます。

あとは、解像度とか、階調とか、こんなところにアドバンテージを見出せるなら良いカメラといえますが、私は12ビットと14ビットの差を区別できるほど、目が良くありませんし、画像処理技術もありません。

ライブビューはいいね。これはほんといい。

| | コメント (2)

2009年2月17日 (火)

EOS 5D Mark2のダーク画像 sRAW1版

続いて期待のsRAW1のダーク画像です。

ISO6400 8分

Photo2501

ISO12800 4分

Photo2502

フルRAWに比べて、ノイズが少ないとはいえませんね。

昨日の結果と合わせて、マーク2、なんか期待はずれ、というより、期待が大きすぎたか。

ただ、ノイズの出方は、固定的で、ダーク減算でほとんと消せると思います。連続撮影した2枚の画像の差分をとってみました。

ISO12800 4分 2コマの差分

Photo2503

なお、RAP2はsRAW1には対応していませんでした。

CameraRAWは対応しています。したがって、フォトショで現像できます。

RAP2も対応していないことだし、ノイズも少なくないので、sRAW1を使うメリットはないようです。

次回は、夜景を撮って高感度時のザラザラ感を調べてみたいと思います。

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

EOS 5D Mark2のダーク画像

お待たせ。マーク2のダーク画像です。

まずは基準になる画像をアップします。私は、5D1では、ISO1600を標準設定にしていましたので、5D1のISO1600、8分の画像です。

Photo2491

これが基準です。右半分はオリジナル。左半分はレベル調整255→128です。

それでは、5Dmark2いってみよう。まずは

ISO1600 8分

Photo2492

アンプノイズがないのは感動。確実に良くなっています。

ISO3200 8分

Photo2493

うん? 5D1のISO1600より悪いですね~。インタバールは十分置いたのですが。5D2は5D1より一段分のアドバンテージもないですね。意外や意外。

続いて、ISO6400 8分

Photo2494

さて、ここからは、感度を倍にしたら、露出時間を半分にします。これの方が現実的な比較ができます。

ISO12800 4分

Photo2495

ISO25600 2分

Photo2496

結果

 この結果、私はISO3200を標準で使いたいと思います。5D1にくらべて一段分良くなりました。でもほんとは2段分良くなっていると思ったのですが、残念。でもまだsRAW1があります。私はモザイクするので1000万画素もあれば十分です。明日は、sRAW1のテストをしたいと思います。

ところで、現像ソフトやRAPはsRAW1に対応してるのでしょうか? それも含めて明日検証します。

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

EOS 5D Mark2 ゲット

念願のま~く、つぅ~ げっと。happy01

Photo2481

中身は~

Photo2482

大きさ、形はは5D1とあまり変わらないような。質感はあがっています。それにしてもでかい。こんなん、首に下げて歩きたくないです。

Photo2483

相変わらず、キャノンのレンズ持ってないので、M42マウントのテッサーを付けてみました。

Photo2484

電池を充電した後、ファームのバージョンを確認。黒点問題の解決された。最新版のようです。

Photo2486

ファーストショットはパソコンのキーボード。

Photo2487

続いて、最高感度(ISO25600)にして夜景を撮影。これが1/15の手持ちで撮れてしまう。

Photo2488

でもザラザラ。サムネイル表示でもザラザラ分かります。これはさすがに使えませんね。

Photo2489

これはISO6400。拡大するとザラザラ感ありますが、モニタサイズで普通に見る分には全然気にならないです。

それと、一番感動したのは、ライブビュー。これは凄い。コンデジのライブビューとはレベルが違う。背面の液晶がでかい上に、解像度も高いので、ピントのずれが良く分かる。超高精度ピント合わせが出来ます。三脚を使った撮影には有効ではないでしょうか。さすがに手持ちでライブビューやる気にはなれませんが。いやぁ~、ほんと凄い。

Photo2485

長時間露出試験をするために、バッテリー電源から取れるようにDCカプラーを改造しました。リモートシャッターの方は、5D1と互換性があるのですが、DCカプラーは5D1と互換性がありません。そこで、今回新たに作りました。できれば互換にしてほしかったですね。

週末はスキーなので、週明けに長時間露出のノイズテストします。私の興味はずばりsRAW1です。これがどれだけ耐ノイズ性能がいいか。楽しみですね。

| | コメント (4)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »