« 皆既中の月 | トップページ | R64フィルターの効果 »

2011年12月15日 (木)

フラット補正の効果

最初はフラットなし。

1112151

強調すると、周辺部は黒つぶれ、中央は飽和。。。強調できないですね。

次は、従来のフラット。液晶パネルでフラットフレームを撮影していましたが、液晶だと周辺が過補正になるので、フラットフレーム画像のコントラストを落としたものをフラットフレームとしていました。

1112152_2

フラットなしよりは強調できます。星雲が出てきました。しかし、うまくいきません。おまけにCCDの汚れが、フラットフレームの分まで加算されてすごいことに。。。フラットフレームを加工するという考え方ではうまくいきません。

そこで、ELパネルで撮影したフラットを使うと。。。

1112153

フラット自体はうまくいきました。

下のほうが明るいのは、光害カブリです。
上の方にマゼンタのムラがあるのは不明です。
中央斜めに横切る雲みたいのはおそらくHαでない分子雲です。今回L画像はすべてR64フィルター画像を使ったので、この分子雲は完成画像からは消えています。

|

« 皆既中の月 | トップページ | R64フィルターの効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆既中の月 | トップページ | R64フィルターの効果 »