« 100万アクセス突破 | トップページ | 「天文ガイド」最優秀賞受賞。 »

2013年1月23日 (水)

レンズ一本化

現在私が所有する天体用レンズは、以下の2本です。

EF135mm F2L
EF 85mm F1.2L

135mmの方は多少の片ボケはあるのですが、申し分なく満足しています。85mmの方は、色にじみがひどく、シャープさがありません。F2.8まで絞ってもまだまだで、F3.5くらいからようやく使えるくらいです。これじゃ、F1.2の明るさはまったく意味はなく、でかい図体は邪魔なだけです。さらにフードがフォーカスリングと一体で、フードを触ると、ピントがずれてしまいます。

ただ、このレンズは古いタイプで、新しいⅡタイプならもっと良いのかも知れません。

そんなこんなで、買い替えを検討していたのですが、お金もないので、2本を売って、新しい一本を購入することにしました。

最後の最後まで、候補に挙がっていたのは、次の3本です。

Sigma 150mm F2.8 Macro
Canon EF 100mm F2.8L Macro
Zeiss 100mm F2 Macro

150mmの焦点距離は、ちょっと長いかなと思います。FS-60CBを買う予定があるので、なるべく広角ということで、100mmマクロの対決になりました。

結局、マップカメラにて、2本のレンズを売って買ってきたものは、、、

1301231

カールツアイスのマクロでした。

キャノンのマクロも安くて、三脚座が使えるのは良いのですが、やはり一段明るいツアイスにしました。中古価格はキャノンの倍もします。

マニュアルレンズだけあって、とてもコンパクト、シンプルです。ツアイス特有のバヨネットフードはGOODです。ただレンズキャップがつまみにくい。。。

1301232

実写がとても楽しみです。片ボケなどないこと祈るばかりです。

私は、ハッセルブラッドブランドのツアイスレンズを何本も使用してきましたが、どんな古いレンズでも、中判イメージサークルの隅々までひどい片ボケにあったことはありません。今から思えばそれは驚異的ともいえます。逆にキャノンのLレンズを使用するようになって、どれも多少なりとも片ボケがあるので、レンズって、こんなものかと思ったことがあります。
あくまでも、ハッセルブラッドブランドでの話ですからね。価格も価格ですから。。。

ということで、今私がもってるレンズはこの一本だけ。長く使っていけたらいいですね。

|

« 100万アクセス突破 | トップページ | 「天文ガイド」最優秀賞受賞。 »

コメント

ほんまかさん、日本のLレンズのかわりにMacro Planarにされましたか。
大変評判の良いレンズだと思いますが、お値段もけっこうしますよね。
試写結果を楽しみにしております。
望遠のほうは、FS60CBにされるのですね。

投稿: NIKON1957 | 2013年1月25日 (金) 18時37分

NIKON1957さん、こんにちは。

このレンズ、確かに高いですね。でも2本のレンズを売って、お釣りがきました。
GANREFの性能データでは、EF100F2.8Lマクロと同じくらいの解像度で、しかもこちらは開放F2.0ですから、相当期待できますね。ほんとに試写が楽しみです。

FS60CBの方は決定です。とりあえず、レデューサーと鏡筒バンドは購入したのですが、それ以外は金欠のため買えていません。

投稿: ほんまか | 2013年1月25日 (金) 21時21分

楽しく拝見させて頂いています。日本製品にそれほど方ボケがあるのか、と知って驚きました。ツァイスの試写を楽しみにしております。

投稿: アントン | 2013年2月 1日 (金) 03時00分

アントンさん、ありがとうございます。

日本製品が悪いというより、私の使っているレンズが古いだけですね。それと、デジタル時代になり、また天体写真はものすごいシビアですから、まぁ、方ボケが多少あるのは仕方がないです。それよりもハッセルブラッドの凄さを言いたかったのです。

さて、このレンズですが、天体写真の作例をあまり見ないので、実写が楽しみですね。MTFを見るかぎり、開放でもいけそうな感じですが、F2.0でまともな星の写真が撮れるレンズはそうそうないので、期待が高まります。

投稿: ほんまか | 2013年2月 1日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100万アクセス突破 | トップページ | 「天文ガイド」最優秀賞受賞。 »