« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月23日 (土)

「理想のポタ赤作り」電気システム設計開始

理想のポタ赤作りですが、機械の方の基本設計はほとんど終わったので、そろそろ電気の方の設計に入ります。

仕事が忙しくなかなか進まないのですが、なんとか基本構想はまとまりました。

1408231

当初は、本体内部にコントローラを一体化する予定でしたが、スペースの都合で、コントロール関係はハンドコントローラに一体化することにしました。そのおかげで、このシステムはどんな赤道儀でも使用できるようになりました。

こないだ買ったGP2のシステムもこれを流用する予定です。

1408232

このシステムの特徴としては

1 ステップ微動、プログラム撮影機能
2 マルチ撮影システムに対応し、カメラ4台まで制御可能
3 無線通信(WiFi)搭載、スマフォから制御可能

詳細はまた後日紹介したいと思います。

ブロック図もほぼ完成。

1408233

これから試作作りに入ります。

1408234_2

試作機なのでちょっと大きいですが、本ちゃんはもっと小さくする予定です。

また、この試作機をGP2用に使いたいと思います。早く、GP2を運用したいのですが、まだまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (2)

2014年8月12日 (火)

α7sも売却完了

1408121

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

いろいろ売り出し中

新システムの資金捻出のため、いろいろ売却します。

まずは、FS-60CB関連品。

1408096


興味のある方はどうぞ。

α7sも売却へ。

| | コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

GP2来ました

GP2が来ました。アイベルさんはいつも早いので助かります。

1408081

三脚は強度に優れたHAL130を選択。GP2は小型の赤道儀ですが、ヘナヘナのスカイキャンサーに慣れると、やたら丈夫に見えます。これなら2台載せても大丈夫でしょう。

さっそく、極軸の偏芯チェック。問題ないようです。

1408082

極軸は目盛りで合わせるタイプ。私の一番嫌いなタイプです。なんとかならんか。

1408083

ここの場所にモーターと両軸のドライバ、各種コントローラーを納めます。

1408084_2

| | コメント (6)

2014年8月 7日 (木)

スカイキャンサー退役へ→新システム構築

この趣味をはじめて以来、ずっと使い続けてきたスカイキャンサー。もう9年くらい使っています。

1408071
もうそろそろ退役させて、新システムを構築したいと思います。スカイキャンサーありがとう。(ほしい人がいれば売ってもいいが高いよ)

今現在、「理想のポタ赤」作りを進めていますが、あれはあくまでもサブシステム。メインのシステムはこのスカイキャンサーをずっと使い続けていくつもりでした。しかし、これから先、さらに作品のレベルを上げていくには、搭載重量がどうしても少なすぎるのです。

そこで、今回ワンランク上の赤道儀に移行したいと思います。実はやりたいことがあるのです。それにはスカイキャンサーでは無理なのです。具体的にはレンズとカメラを2セット載せたいのです。今考えてる撮影システムは、

Zeiss Sonar 135mmF2 + EOS 6D 2セット
プロミナー500 + EOS6D 2セット

撮影システムが2セット載ってるといろいろできます。コンポジットを半々ずつ撮る。2枚モザイク同時撮影。片方をR64フィルターで(カラーアシストみたいな)

ただ、私はあくまでも大きいシステムは嫌いです。またセッティング5分、撤収3分を目標にしていますので、ギリギリ上のシステムを載せられる赤道儀としてGP2を考えています。

1408072

もうすでに製造中止ですが、これはなかなかいい赤道儀と思います。ほんとは、GPDやSXDの方が安定感がありそうですが、小型システムにあこがれる私としては、この大きさくらいがちょうどいいかと。

もちろん、GP2をそのまま使う気はありません。スカイキャンサー同様いろいろ手を加えるつもりです。特にモーターです。赤緯モーターは、スカイキャンサーでハーモニックドライブを使用して以来、もうこれなしではやってられません。麻薬みたいなものですね。ハーモニックか低バックラッシュタイプのモータを使います。

そのほか、カメラを2台載せるとなると、インタバールシャッターやカメラ電源なども2台対応にしないといけません。GP2赤道儀は赤経モーターのカバー、あの青い部分です。あの部分にコントローラーを組み込めば、かなりコンパクトになるのではないでしょうか。今使っているスカイキャンサーのシステムより、トータルで考えれば、より小型軽量化することも可能です。

新GP2システムの特徴をまとめると

●赤経HB型ステッピングモーター、赤緯低バックラッシュモーター
●赤経モーターケースにコントローラー搭載
●オートガイド端子、2chリモートシャッター、明視野照明装置など搭載
●マイコン搭載、ステップ微動、無線LAN搭載スマフォなどから操作可能

これができた暁には、天の川ぐるっと一回り撮りつくしたいですね。この計画もうすぐに始めます。まずは赤道儀の購入。急がねば。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

「天文屋のためのマイコン入門」ついに完成

回路にアナログスイッチを追加したので、プログラムの方も追加します。

シャッターを切るには

BSF    PORTA , 7

シャッター閉じるには

BCF    PORTA , 7

となります。

追加する部分は赤枠の3箇所になります。

1408052_2 

1408053

最後にポートAとポートBの初期化も加えておきますが、以前書いた位置とは異なります。これは以前も話したと思いますが、ポートの初期化は、ポートの入出力の設定を出力に設定する瞬間にポートからデータが出力されますので、それ以前に初期値データを書き込んでおくのが正解です。よって赤枠の部分にポートの初期化を移動しました。

1408054

最後にファイル全部をアップしておきます。

「main.asm」をダウンロード

さて、ようやくインターバルシャッターが完成しました。次は、いよいよモータードライブの製作です。お楽しみに。

| | コメント (0)

ダーク減算できました

近江商人さんと龍之介さんのアドバイスに従い、ダーク減算がやっとできるようになりました。ホットピクセルはなくなりました。ありがとうございます。

それで、網状星雲を処理してみたのですが、

1408051

α7s ISO25600 1分×64枚 BORG67FL+1.07フラットナー
スカイキャンサーオートガイド

淡いのはダメですね。星雲がザラザラのノイズにかき消されてまったく処理できません。(網状はけして淡い星雲ではないのですが。。。) 

サドル付近はわりと明るいのでなんとかなりましたが、淡いやつはまったくだめですね。(F2.8とか明るい光学系で使う手もあるが)このカメラはISO6400とか3200ぐらいで使うのが良さそうです。そう考えると、EOS 6Dでも良かったような。。。悲しい。

赤外改造すれば赤い星雲の写りはもっと良くなるかも知れませんが、青い星雲の写りもそれほどでもありません。星雲の写り具合が問題なのではなく、このザラザラ感ですね。さて改造するかどうか。

| | コメント (2)

2014年8月 3日 (日)

未だダーク減算できず

α7sでダーク減算できるソフトを教えてもらったのですが、RStackerはなぜか読めず、PixInsightのお試し版をインストールしたのですが、さっぱり使い方が分かりません。勉強しますが、とりあえず、ホットピクセルはPhotoshopのカラーノイズ低減で消しました。これやると星の色も消えちゃうんですが。

いちおう処理を継続させて、完成させました。

1408033

α7s ISO25600 1分×64枚
BORG67FL+フラットナー スカイキャンサー、オートガイド
長野県八千穂高原

よっちゃんさんの作品と比べると相当見劣りしますが、BORGでこれだけ撮れれば十分でしょ。でも、ピクセル等倍で見るとやっぱり荒いんですよね。ISO25600というのはちょっと無理があるかも、ISO6400ぐらいで撮るのが現実的かもしれません。それか4枚モザイクを前提とするか。どんどん使い道が限られてきます。

もう一枚、網状星雲も撮ってきたので次にこれを処理します。

| | コメント (2)

「天文屋のためのマイコン入門」アナログスイッチの取り付け

プログラムもほぼ完成し、残りわずかとなりました。後は、カメラのシャッターを切るための信号の出力です。

多くのカメラは、外部からのレリーズ信号でシャッターを切ることができます。信号といっても、ほとんどのカメラでは単なる2本の線の短絡(ショート)でそれが可能です。

2本の線の非接触、短絡をマイコンのデジタル信号でコントロールするためには、アナログスイッチと呼ばれるICを使用します。難しいICではなく単なる電子的なスイッチを思えばいいです。デジタル信号の1と0でスイッチのON/OFFを制御できます。

今回はアナログスイッチにMAX323というICを選択しました。理由は

1 ピン数が少ない(8P)
2 動作電圧が広い
3 スイッチON時の抵抗が少ない

回路図を以下に示します。

1408031

PICのRA7が1の時、MAX323のNO1とCOM1がショート状態になりカメラのシャッターが切れます。なお、このMX323ですが、スイッチをもう1ch内蔵していて使わないので、入力ピン(IN2)はGNDに落としておきます。

配線図は以下の通り。

1408032

組み立て写真、表側。

1407301

裏側

1407302

カメラのリモートシャッターと接続。

1407303

ケースに入れて完成

1407304

次回、プログラムを追加して完成です。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

α7s速報画像

先日の遠征時撮影の画像です。2作品のうち、とりあえず一つ処理してみました。

1408011

α7s ISO25600 1分×64枚
BORG67FL+フラットナー スカイキャンサー、オートガイド
長野県八千穂高原

こうしてみると良さそうですが、ピクセル等倍でみると、固定的ノイズと思われるホットピクセルが凄いです。

1408012

これはダーク引かないとダメですね。RAP2がまだ対応していないようなので、他のソフトを探します。ダークもちゃんと撮ってきたので、ダーク引いてやり直しです。

| | コメント (8)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »