« 「理想のポタ赤作り」オートガイド画像認識ルーチンの作成 | トップページ | 「理想のポタ赤を作る」新設計完成 »

2014年11月16日 (日)

「理想のポタ赤を作る」モーター試験

今日は、モーターに関するいろいろな試験をしていました。

ちなみに使っているモーターは次のものです。

1 DEC側   ハイブリッドタイプ28mm角 ノンギアード (外部減速ギア1/40) バイポーラ
2 RA側  ハイブリッドタイプ28mm角 1/36ギアード(外部減速ギア1/3)バイポーラ

まずは、どれだけ速く回せるか試してみました。

411161

DEC側は恒星時基準300倍速まで回せます。これは無負荷の場合の最高回転速度に等しく、ノンギアモーター+ウォームギアの組み合わせが、いかに抵抗が少ないかわかります。「理想のポタ赤」では両軸ともこの方式を採用していますので、期待が持てます。

300倍で赤道儀を動かすと、さすがになんか怖く感じます。実際には100倍くらいで抑えておきたいと思います。

いっぽう、RA側ですが、こちらはギアードモーターのためか100倍までしか回せませんでした。でもこれで十分でしょう。

28mm角の小さなモーターですが、結構高速で回転できてよかったです。

あと、日本パルスモーター製とオリエンタルモーター製で比べてみましたが、違いは見つけられませんでした。

モーターコントローラーは1/32マイクロステップ、バイポーラ駆動ですが、ユニポーラのMT-1(安いPM型モータ)に接続して回してみました。

411171
普通に回ります。

ただ、低速時の消費電流が多いのが気になります。高速の方が少ないです。低速の方が消費電流が多いのはハイブリッドタイプも同じですが、差が大きいです。電池では動かせないでしょう。

また、最高速度は30倍ほどです。これはハイブリッドモーターにはかなわないですね。

「理想のポタ赤」モーターコントローラですが、以下のタイプを用意する予定です。

「理想のポタ赤」用
 「理想のポタ赤」とセット

「ビクセンMT-1」用
 MT-1接続用コネクタをつけます。上記のように性能は落ちますが使えます。

「ビクセンMT-1ハイブリッド入れ替え」用
 MT-1の中のモーターをハイブリッドに変えたもののセットです。
 
 

4ハイブリッドモータセット
 こちらで用意したハイブリッドモーターとのセットです。モータの選択に悩む必要はありません。実績済みのモータなので安心して使えます。ただ、赤道儀に取り付けるための工作は自分でやってください。

5コントローラのみ
 モーターつきません。全部自己責任で使ってください。

|

« 「理想のポタ赤作り」オートガイド画像認識ルーチンの作成 | トップページ | 「理想のポタ赤を作る」新設計完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「理想のポタ赤作り」オートガイド画像認識ルーチンの作成 | トップページ | 「理想のポタ赤を作る」新設計完成 »