« ゆく年くる年 | トップページ | 「誰でもわかるマイコン入門」パルスモーターを回す »

2015年1月 2日 (金)

「天文屋のためのマイコン入門」改め「誰でもわかるマイコン入門」

あけましておめでとうございます。今年もこのブログに来てね。

さて、昨年、中途半端な状態で中断してしまったマイコン入門。忙しいのもあるのですが、難しかったですね。PICは難しい。説明もまずかった。

私も反省しております。

もっと簡単に始められるマイコンはないか? 探してみるとありますあります。mbed(エンベット)というマイコンです。これは、ほんと簡単。だれでも、たぶん小学生でも出来るはずです。というより、できるように設計したシステムです。

ということで、タイトルも「誰でもできるマイコン入門」に改め、出直したいと思います。

mbedというマイコンですが、心臓部のCPUはARMという世界的にシェアNO1のマイコンを使っていますが、そうゆうのは関係なく、一番重要なのは、プログラムの作成環境です。

このmbedは開発環境が、クラウドなんです。つまりブラウザベースで、できるんです。面倒なインストール作業、一切不要。しかも、ネットでつながっているので、世界中のプログラマが作ったプログラムや部品が共有できちゃんです。

たとえば、USBやイーサーネットのようなプロでも作成するのが難儀なプログラム部品が簡単に使えちゃったりします。

唯一の欠点としては、少々高いことですかね。一枚6000円弱です。

理屈はさておき、早速使ってみましょう。

買うのはmbedマイコン本体と入門書です。今回はあまり基本的な話はしないので、入門書も一緒に買っておくと理解の助けになります。いずれもアマゾンで買えます。

mbed NXP LPC1768 : Development Board Cortex-M3」http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0078W61AG?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o00_s00

超お手軽マイコンmbed入門: みんなで簡単ガジェット作り」http://www.amazon.co.jp/gp/product/4789817520?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o00_s00

届いたのがこれ、

1501021

箱を開けると、マイコンが出てきます。ピンの機能を表したカードがついてくるのは親切。

1501022
とりあえず、USBケーブルがついてくるので、パソコンにつなげてみましょう。

1501023
そうすると、マイコンピューターにドライブフォルダができるんです。

Mbed01
そう、USBメモリとまったく同じ。マイコンというより、「動かせるUSBメモリ」と思えばいいでしょう。中を開いて見ます。

Mbed02

HTMLページがあるので、開いてみるとmbedのサイトにつながります。mbedのサイトにつながったら、サインアップしてください。メールアドレス、パスワードなどを入力し、ログインすると、次のような画面が出てきます。

Mbed03
Hello, Worldというサンプルプログラムがあるので、これを取り入れてみましょう。赤丸の部分をクリックします。

Mbed04
ここでプログラム名などを入力しますのが、そのままで良いでしょう。

Mbed05

そうするとこのような画面が開きます。これがプログラムを操作するメイン画面です。赤丸のmain.cppというのは、プログラムを記述するテキストファイル名です。これをダブルクリックします。

Mbed06
そうすると、プログラム画面が開きます。プログラムの内容を見ると、LEDを点滅させるプログラムのようです。上のメニューの[Compile」をクリックします。コンパイルとは、プログラムの翻訳です。プログラム言語を機械語に翻訳する作業です。

Mbed07
プログラムの翻訳が終わると、それをダウンロードするかどうか聞いてきますので、「保存」の横のボタンをクリックして、「名前をつけて保存」を選び、先ほどのmbedのドライブの中に保存します。

Mbed08
そうすると、mbedのフォルダの中にプログラムがダウンロードされました。これがいわゆる、プログラムの書き込みです。PICのようなあの面倒な作業が一瞬で出来てしまいます。

もう、プログラムはマイコンの中に入っていますので、マイコンボードの中央にあるリセットボタンを押してみてください。LEDが点滅するはずです。

どうでしょうか? たったこれだけの作業でプログラムが組めてしまいます。

さて、今回から理屈は抜きで、まず動かすことから、先にやっていきたいと思います。次回は「パルスモーター」を恒星時で回してみましょう。天文工作の基本ですね。

それでは、お楽しみに。

|

« ゆく年くる年 | トップページ | 「誰でもわかるマイコン入門」パルスモーターを回す »

コメント

新年あけましておめでとうございます。今年もブログのほうを拝見させていただきます。よろしくお願いいたします。

このマイコン、よさそうですね。PICでステッピングモータードライバを作ろうと思っていましたが難航している、というか面倒になって放置しているのでこちらを使ったほうがよさそうですね。参考にさせていただく予定です。

投稿: enif883 | 2015年1月 3日 (土) 23時55分

enif883さん、今年もよろしくお願いします。

このマイコン、ほんと簡単ですよ。
パルスモーター回すだけなら、数行でできてしまいます。
パルスモーターはすぐやりますので、ぜひ。

投稿: ほんまか | 2015年1月 4日 (日) 00時53分

あけましておめでとうございますsun
改めて始まりましたマイコン入門、とても敷居が低そうで、これなら私の頭でもついて行けそうな感じがします。
個人的には、これをベースに出来ればタイムラスプドリーとか作れたら良いかな・・等と夢想していますが、とりあえずはオススメ品を注文してきます。

それでは、今年も宜しくお願いします。

投稿: NOB | 2015年1月 4日 (日) 09時10分

NOBさん、あけましておめでとうございます。

大丈夫、余裕でついていけますよ。
ややこしいところは私が部品化してアップするので、簡単にできるようにします。

ところで、タイムラスプドリーって何?
ネットで検索してわかりました。これやるには、パルスをカウントする必要がありますが、ちょっと一工夫必要ですね。そのうち説明しますね。

投稿: ほんまか | 2015年1月 4日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆく年くる年 | トップページ | 「誰でもわかるマイコン入門」パルスモーターを回す »