« つながった。 | トップページ | エリダヌス・スーパーバブル »

2015年12月23日 (水)

情報求む

電子極軸望遠鏡のテストをしてきました。

北極星はこのように写ります。

1512231

拡大表示したところ。

1512232
自動センター出し機能もうまく行きました。高解像度で北極星の重心計算をして座標を割り出すので、1ピクセル以下、おおむね30秒角の精度でセンターも極軸も合わせられます。

ただ私の電子極望はQHYと違って、水平出しをしないといけないので、精度は事実上、水平だしの精度に依存します。ただ、実用上は十分でしょう。オートガイド前提ならなおさらです。

さて、カメラの部分の設計も終わりました。

1512233_2

赤道儀の赤経軸の対物側のキャップ部分、ここにねじ込みます。ここにネジ穴があれば、この電子極軸望遠鏡を使える可能性があります。

1512234
もともとタカハシ用に作ってくれという要望があって作ったので、タカハシ赤道儀には対応しますが、そのほかの赤道儀にも対応させたいと思います。

そこで、協力をお願いします。あなたの赤道儀が上記の場所にネジ穴があるなら、赤道儀の種類とネジ径(ノギスなどで測って)を教えてください。コメント欄に。よほどマイナーでなければ対応する予定です。

また、赤道儀につける場所は、何も極軸上である必要はありません。赤経軸と一緒に回転する部分であればどこでもOKです。付けられそうな場所が他にあれば、対応も可能です。

よろしくお願いします。

|

« つながった。 | トップページ | エリダヌス・スーパーバブル »

コメント

仙台の北野原です
是非、協力?させて下さい
というか、協力でなく購入させて下さい
以前もメールでお伝え致しましたが、
使用している赤道儀はSXPで極望のキャップは24.5mm位です

投稿: 北野原 | 2015年12月23日 (水) 23時20分

北野原さん、了解です。
SXP対応します。

投稿: ほんまか | 2015年12月23日 (水) 23時34分

ビクセンのSPは35mmでした。マイナーな機種なのでどうなのでしょうか? いずれにしても完成を楽しみにしております。

投稿: 松田 | 2015年12月24日 (木) 05時01分

Pentax MS3Nは極望前面のキャップネジ計測値径24.93mm SD 0.013(n=11)キッチリの外径、ピッチゲージでは1.1/mm位です。2-3列しかないので正確ではありませんが、誤差の範囲で合うでしょうか。

だいたい、ありがたく静かに見させていただいております。密かに応援しております。

自分とともに骨董になった赤道儀は水平だしがネックです。どうしたものかと思っています。極軸カメラに水準器が付けば楽なのでしょう。(見当違いの事を書いたかどうか心配ですが送ります。)

投稿: Hirochang | 2015年12月24日 (木) 10時04分

松田さん、
SPはネジ山切ってあります?
ねじ山はないと思いますが?
あと、SPは従来機が使えますので、
本機での対応はないです。

投稿: ほんまか | 2015年12月24日 (木) 11時38分

すみません。勘違いしておりました。(SPにネジ山はありません。)

投稿: 松田 | 2015年12月24日 (木) 12時57分

タカハシ スペースボーイ1986年製
内径19ミリ
五藤スカイグラフ1987年製
内径14ミリ

ご参考までに。

投稿: いればひろし | 2015年12月24日 (木) 13時30分

Hirochangさん、
いつも密かな応援ありがとうございます。
MS3nいいですね。使ってる人も多いので、ぜひ対応したいですね。

水平出しは、光学式でも同じですが、電子極望でもやっかいです。
カメラに水準器もいいのですが、CMOSの水平と水準器の水平が一致してる保証はありません。何らかの調整機構が必要ですが、コスト高になってしまいます。
確実なのは、三脚の水平をとるという前提で、地上の水平物などでカメラの映像をを合わせ、その位置の赤経軸の位置に印をつけておくことでしょうか。

投稿: ほんまか | 2015年12月24日 (木) 15時53分

いればひろしさん、ありがとうございます。
両方とも古いですね。
他の赤道儀に同じ径のがないと、対応はないでしょう。

投稿: ほんまか | 2015年12月24日 (木) 15時54分

ほんまかさん、こんばんは。

私はEM10&NJP持っているのですが両方とも同じ径のふたが付きますので対応OKだと思います。
もう一つビクセンのNEWアトラククスに取り付けたいのですが ねじ込み式ではないので差し込むタイプでは駄目でしょうか キャップ外形35.08ミリ深さ9ミリでした
また、
L型のアダプターのような物もオプションで用意していただけたら 何とかつけられると思うのですがいかがでしょうか

投稿: ミュートン | 2015年12月24日 (木) 19時27分

ミュートンさん、こんばんは。
差し込みタイプは、加工精度が難しいです。ちょっとでも緩いとスポッて抜けちゃうし。きついと入らないし。微妙な精度が要求されます。また、カメラの向きが動いてしまう可能性もあるので、やはり差し込むだけでなく、なんらかの固定方法は必要と思います。

L型アダプターはもちろん、可能ですすが、問題は赤道儀のどこに付けるかですよね。

投稿: ほんまか | 2015年12月24日 (木) 19時47分

ほんまかさん、お世話になります。

やはり差し込み式はダメですか 残念です
L型アダプターならば プレートのどこかに付けられると
思いますので是非用意していただけるとありがたいです
お願いいたします。

投稿: ミュートン | 2015年12月24日 (木) 19時55分

ミュートンさん、
分かりましたL型金具作ります。

ただ、プレートにつけるとなると、赤緯軸が動くので、毎回センター出しする必要があります。もっともセンター出し作業自体は簡単にできますが。ほんとはもっと別なとこに付けたいですね。

投稿: ほんまか | 2015年12月24日 (木) 23時10分

いつも楽しみに拝見させていただいております。
LOSMANDYのGM8なのですが、ネジ径25mmです。
ご対応いただけると幸いです。

投稿: イムザック | 2015年12月26日 (土) 15時40分

イムザックさん、ありがとうございます。
ネジ山のピッチ(山と山の間隔)分かりますか?
1mmだと良いのですが。

投稿: ほんまか | 2015年12月26日 (土) 15時53分

お世話になります。
ノギス実測ですと1.5mmほどのピッチのようです。

投稿: イムザック | 2015年12月26日 (土) 17時29分

イムザックさん、
GM8、必要そうな人少なそうですが、
特注なら対応可能です。

投稿: ほんまか | 2015年12月26日 (土) 22時22分

ほんまかさん。こんばんは。

極軸を後ろから付ける赤道儀の場合、延長筒で取り付け口を引き出してから、クランクの様なアダプターで、北極星が見える位置に付ける事で利用できますでしょうか?

投稿: やっぷ | 2015年12月27日 (日) 22時18分

やっぷさん、可能ですね。
でも、邪魔じゃないですか?
極軸の回転に伴って、そのアダプターもくるくる回るわけで、もっとスマートな方法ないかな。

投稿: ほんまか | 2015年12月27日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つながった。 | トップページ | エリダヌス・スーパーバブル »