« 2017年7月 | トップページ

2017年8月20日 (日)

CMOS Cap.の5インチケースが出来ました。

以前お伝えしたCMOS Cap.正式版の概要の続きです。

ますはケースが完成しました。金属製のしっかりしたケースです。

1708192
1708193
従来の3.5インチ液晶との比較です。かなり大きくなりましたね。

1708194
価格は2万8千円くらいを予定しています。旧機種をお持ちの方は下取りも考えています。SS-one AutoGuider Proももうじき販売されますが、こちらも下取りを考えています。下取り対象商品。

SS-one2軸コントローラ
SS-one AutoGuider
SS-one AutoGuider Light
SS-one CMOS Capture
(複数下取り可)

金額等はまた追ってご知らせいたします。CMOS Cap.は値段が高くなってしまったため、SS-one AutoGuiderとの統合を考えています。ただ、シャッター機能はハード仕様としてありませんのでこれは未対応になります。

1708195
CMOS Cap.のソフトウェアの方ですが、ベータ版の最後のバージョンアップ作業が終わりました。あとはテストを待つだけです。

ベータ最終版では、ライブコンポジットとRGBフィルターローテート撮影が加わります。

1708191
これは、RGBローテート撮影の室内テストの様子です。モノクロカメラなのに画面にはカラーで表示されます(カラーと分かるようにペンを置きました)。モノクロに慣れちゃうと逆にちょっと不思議な感じになります。ただ、CMOSカメラをデジカメのような手軽さで使うという目標がこれで達成されます。お楽しみに。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

新しいポタ赤のアイデア

星景写真が大はやりです。

ところで、星景写真と言えば、一軸のポタ赤に自由雲台というのが一般的のようです。(これを望遠レンズまで拡大するのは絶対的に間違え)

しかし、これ、少し考えると無駄なように思えます。自由雲台自体、名前のとおり多自由度を持ってるのに、わざわざそこへもう一軸加える。自由雲台の球体自体を一定方向に回転できれば、それで赤道儀になると思うのですが、イメージとしてはこれに近いかな。

http://www.take-online.jp/products/?pid=1463017975-558106

これのリング状の部分を恒星時で回転できれば、そのまま赤道儀になりそうです。

もっといえば、球体をモーターで自由に制御できれば、それでそのまま赤道儀なりそうです。そんなモーターないかなと調べてみたら、ありました。

球面超音波モーターというらしいです。
https://youtu.be/2BkmjnfeT1I

これを天文で利用するのは、今すぐには、コストや分解能の面で無理そうですが、いつの日にか、という夢は抱かさせます。

| | コメント (2)

2017年8月 1日 (火)

CMOS Cap.正式版に向けて

既にベータ版の販売は終了しています。

今後、ライブコンポジット、フィルターローテート撮影など予定の機能を組み込んだら、正式版に昇格させたいと思ってます。

正式版で一番なんとかしなきゃいけないのが、ケースなんですが、どうせなら、LCDサイズもアップしようかなとも思ってます。オートガイダーとかだったら、小さい画面でも良いのですが、撮影画像の確認となると大きいほどいいのは確か。

1708011
上から、現行3.5インチ、5インチ、7インチです。

7インチだとさすがにでかくタブレットでもいいような。ただタブレットだとUSBポートが貧弱だからこれはこれでいいと思うけど、値段もけっこう高くなります。

まぁ、中間をとって5インチではどうか。

1708012
とりあえず、現アプリを起動してみた。けっこう広くなりますね。ケースはタカチの金属ケースを考えています。

| | コメント (4)

« 2017年7月 | トップページ