« 2018年1月 | トップページ

2018年2月19日 (月)

「電子望遠鏡を作る」ネビュラーフィルター導入

前回、適正露出が1/2秒で、1秒で飽和するとのことだったので、こんな新兵器を用意しました。

1802173_2
AstronomikのUHC-Eフィルター。いわゆるネビュラーフィルターで、普通の光害カットフィルターより、さらにバンド幅が狭いです。

効果は絶大でした。露出は2秒まで伸ばしても飽和しませんでした。ただ露出2秒まで伸ばすと、星が飽和してすべて真っ白になってしまい。突然、写真から絵を見ているような感覚になりました。そこで露出1秒にしたらちょうど良かったです。背景が黒くしまり、前回より奇麗に見えました。

天体写真において、星を飽和させないほどの適正露出の重要さをこんなところで感じるとは思いませんでした。やっぱ天体写真って、究極は星なんですね。

結果です。
今回、画像の保存機能を付けましたので、元画像をご覧頂けます。ただ、こうして画像でみるとなんかしょぼいのですが、ライブの画面で見るともっと奇麗にみえます。これこそまさに「ライブ効果」で、電子望遠鏡の特徴そのものと思いました。

最初はM42

1802196

1802191
露出1秒で、ライブレベル調整、ライブトーンカーブをかけています。画像はライブ加算平均コンポすればノイズ感はなくなると思います。
星雲でまともの見えたのはこのM42だけですね。

次は近くにあるM78

1802192_4
やや中央左側に小さなが2つ並んでいるところにあるのですが、分かりますか?分からないですね。

今回一番期待したのはバラ星雲です。これが少しでも見えればと思ったのですが、

1802197
まったく分かりません。画像で見ると
1802193_2
かすかに見えます。ライブコンポしてノイズを減らし、ライブマスク処理でもかければ、うっすらと分かるくらいになるかも知れませんが。。。 

あとモンキー星雲もまったわからず。

星雲に関しては明るい対象以外はまったく見えません。赤い星雲に関してはまったくダメ。カラーCMOSはほんと赤が写らない。赤い星雲みたいなら、現状、改造α7sのライブビューが一番いいと思います。

いっぽう、散開星団や明るい系外銀河は良かったです。

これはM35
1802198
1802194
M81とM82のペア。
1802199
1802195

電子望遠鏡の対象としては星雲より、散開星団、系外銀河などの方が適していると思います。観望会とかなら、25cmのシュミカセとかよさそうです。

買ってみようかな。さすがに25cmは無理だけど、15cmのこれなら何とか買えるかも。

18021910

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

SS-one新製品情報2点

SS-oneの新製品情報2点です。

1802174
まずは、ASI120MMガイドカメラセット。みての通り、旧SS-oneオリジナルカメラのケースが余っていたので、その再利用です。ガイドポートがないので、SS-one AutoGuider Pro専用です。通常ガイドカメラのレンズセットは43,000円ですが、これは余り物利用品なので、SS-one AutoGuider Proとの同時購入で、20,000円くらいを予定してます。超お買い得ですが、15台分しかありません。

次は、その下のケースですが、マルチ電源ユニットで、「SS-one Power」といいます。機能は

1 カメラ電源2ch (6V~12V可変)
2 パワー制御ヒーター電源3ch
3 シャッター分配器 2ch

1802175
最近、USBヒーターを天文用ヒーターで有名なところから買っているのですが、5VUSB電源なので、どうもパワー不足。普通のレンズなら良いのですが、最近サンニッパとか、400mmF3.5とか大玉を使うようになってパワー不足に困っていました。

そこで12Vで使いたいのですが、12Vフルパワーだと、通常の6倍近い発熱量なので熱すぎます。そこで、PWM制御したヒーターコントローラが必要になりました。

で、ついでなので、カメラ電源も2chつけて、さらについでなので、シャッター分配器もつけて、で、ついでなので、ちゃんと作って商品化しようと思った次第です。

これで、大口径の結露対策や、結露してしまった場合の高速露とりに威力を発揮しそうです。また、最近はやりのツイン撮影システムにも対応しました。価格は1万円台を予定してます。

| | コメント (4)

2018年2月17日 (土)

SS-one AutoGuider Pro 最新ASIドライバ版リリース

SS-one AutoGuider Proの最新のZWOカメラドライバに対応したバージョンを作成しました。

1709251対象者は、
SS-one AutoGuider Proで、ASI071MC-ProASI294MCなど最新のカメラを使いたい人です。それ以外の人(CMOS自体を使わない人や、ASI1600MMなど古いカメラを使ってる人)は無視してください。

ただし、このバージョンにすると、オートガイダーとCMOSカメラの同時使用は出来なくなります。
カメラを挿すUSBポートを選んだり、撮影カメラのUSBハブポートにオートガイドカメラのUSBコネクタを挿せば、同時使用できる報告もありますが、因果関係が不明なことから保証はできません。同時使用ができたらラッキーくらいに思ってください。

また、今後のアップデートでは、CMOS Capの機能自体を削除しますので、CMOS Cap機能があるAutoGuider Proはこれが最終バージョンになります。

現在、CMOS Capは6パターンあり、非常に混乱しています。このような状況を早く脱したいので、これが最終バージョンになります。今後SS-one AutoGuider製品は以下のようになります。

1 AutoGuider と CMOS Capは完全分離。
2 CMOS Capのカメラドライバは最新バージョンを使う->最新のカメラを使える。
3 CMOS Capベータ版のアップデートは今後なし。

ということで、今後は
オートガイダーは、SS-one AutoGuider ProかLight
CMOS Capは、CMOS Cap正式版ただ一つ。
両方やりたい人は、両方必要ということになります。

SS-one AutoGuider Proの最新ZWOカメラドライバに対応したバージョンはこちら。
https://www.dropbox.com/s/ddr7yq9pziovnch/ssonepro101b.zip?dl=0
バージョンはVer 1.01bになります。

SDカードの交換方法
http://ss-one.net/doc/SS-onePro-SD-change.pdf

アップデート方法
http://ss-one.net/doc/HowToUpadte.pdf

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

星見屋0.73コマコレ APS-Cでの作例

昨晩も秩父に行ってきました。

星見屋0.73コマコレですが、APS-Cでの作例がなかったので、撮りに行ってきました。カメラは久々のフジX-A1です。実は、入門者向けブログでこのカメラを入門者向けに推そうと思っているので、その適正の確認のためです。

さて、結果です。いつものバラ星雲。トータル21分

1802131GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + Fuji X-A1
ISO3200 1分×21  JPG ノイズリダクション-スタンダード
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 1軸オートガイド

やっぱデジカメは赤が鮮やかですね。ただ、赤が強すぎて、中心部と周辺部の色の差が出しにくいです。こういったところは、CMOSカメラの方に歩があります。

それとあえて、ノイズリダクションをONにしてJPGで撮りました。そのため、星雲が微妙にボケています。

しかし、ノイズが少なく、コンポジット枚数を大幅に減らせるので、手っ取り早く星雲の写真を仕上げることができます。目的によっては、デジカメのノイズリダクションを有効活用しても良いように思います。 後で画像処理でぼかしとか、かけるなら、結局同じことですから。

次は、クラゲです。トータルたったの16分ですが、無理やり仕上げています。

1802132GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + Fuji X-A1
ISO3200 1分×16  JPG ノイズリダクション-スタンダード
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 1軸オートガイド

ノイズリダクションのため、クラゲの頭のフィラメントの部分が完全に潰れています。今度、もう一段弱めのNRでやってみようと思います。

さて星見屋0.73コマコレですが、APS-Cでも行けそうです。片ボケがちょっと出てるので、その辺の調整は必要でしょう。周辺減光は当然大きくなります。元画像はこちらです。

1802133

| | コメント (2)

2018年2月12日 (月)

ASI294MC、星見屋0.73コマコレ、バラ星雲撮ったよ。

昨晩は良く晴れたので、秩父は美の山公園まで撮影に行ってきました。

前回の美の山公園は、チェーンを付けて上ったので、今回は南斜面の道で行ったら凍結はありませんでした。

狙う対象ですが、ほんとうは前回構図を失敗した「くらげ」リベンジしたいとこでしたが、もう冬の星座は西に傾き、時間もないので、比較的短時間で撮れる「バラ」にしました。

撮影を開始すると、RAガイドが安定しない。赤道儀のバランス等を変えてみたり、いろいろやるが、どうしてもRA方向に延びてしまう。どうも「トラベラー赤道儀」一度業者に見本で出したのですが、その時、分解され、当然私がまた組み直したのですが、その後、あまり調子が良くない。完璧だったトラベラーのガイド性能がここへきておかしい。

ガイドグラフの動きをみると、どうもDECの細々した動きにRAが過剰反応しているのが分かったので、DECガイドをOFFにして、1軸ガイドにしたら、うまく行った。

う~ん、今度、徹底的に原因を調査しないといけないですね。原因がつかめないと、リリースできないです。

さて、結果です。

1802121GINJI-150FNj改造+星見屋0.73コマコレ+ASI294MC+SS-one CMOS Capture
1分×55枚 ゲイン15/25 ダーク無し
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro + 140mmレンズ一体型オートガイダー

やっぱ、左上が片ボケなんだよな。これさえなければ完璧なんですが。この片ボケはどこからきているか。う~ん。ただコマコレ自体は良好です。フォーサーズサイズでは十分だし、一段明るくなるのは良いですね。

ASI294MCですが、前回、ゲイン12/25で撮ったらノイズ感はほとんどなかったので、今回、ガイドも不安なことから、ゲイン15/25まで上げてみた。そのため若干、輝点ノイズが現れましたが、それでも少ない方。

このASI294MCですが、ノイズ感の無さは素晴らしいです。さすがPanasonicの最高級カメラに使われるだけあります。画素数をあえて落として、高感度特性を良くするアプローチはα7sと同じですね。

ただ、カラーCMOS全般に言えることですが、改造デジカメに比べて、赤の写りがいまいち、そのため全体的に彩度が低く見えます。ちなみに、元画像はこれ、

1802122
55枚コンポジットしてこれですよ。こんなん、初心者が見たら、失敗作で、直ゴミ箱行きですよ。ただ、情報がないわけではなく、丁寧に処理すれば最初の画像になるわけです。

ちなみに、モノクロでRGBを撮った場合の元画像がこれ。

1802123
淡いながらも、最初から色が出てるのが分かります。ですから、モノクロの方がはるかに処理は簡単なんですよ。モノクロの場合はさらに明るいL画像がをかぶせますから、もう画像処理なんて楽勝なわけです。ASI294MMがあれば最高なのですが、センサー自体、モノクロないんだろうな。






| | コメント (2)

2018年2月 9日 (金)

ASI294MCで電子望遠鏡テスト

昨晩は羽生の「スカイスポーツ公園」でASI294MCでの電子望遠鏡のテストをしてきました。

結論から言うと、「これは行ける」という手ごたえを感じました。

1802091
鏡筒はSharpStar60EDにBORGの0.85レデューサーです。カメラの設定ですが、ゲイン20/25で8×8ビニングで感度を64倍にブースト。

適正露出は1/2秒で、たった1秒で飽和します。

ゲインが非常に高い値にも関わらず、背景が滑らかで、また星も色が良くわかり、見ていて奇麗です。これは今までのCMOSカメラにはなかったことで、なんか、今までのCMOSに比べて世代が違うなと感じました。

まずは星雲ということで定番のM42。写真だとしょぼいですが、実際見るともっと奇麗です。

1802092
今回、星雲の中で「星雲」と分かるのは、このM42だけでした。

馬頭星雲付近は、「燃える木」がうっすらと何となくあるのが分かる程度。一般の人だと何も分からないでしょう。

1802093
これはバラ星雲。星雲はまったく分からない。この294MC、唯一の欠点と言えば、赤の写りがいまいち。

1802094
星雲に関しては、露出を伸ばすか、ゲインを上げるかしないとダメですが、とにかく背景レベルを抑えないとそれも出来ない。観望会とか、そうそう暗い場所ではできないので、背景レベルをいかに抑えるかが重要。

今度、光害カットフィルターか、ネビュラーフィルターを付けてやってみます。
いずれにせよ、星雲に関しては、うっすら、分かる程度だと思います。

今回一番楽しめたのは、散開星団。これはいい。
M38と上の方にM36。これも写真だとしょぼいのですが、実際見るとけっこう奇麗に見えます。1802095

M37

1802096
M35

1802097
とにかく星が奇麗に見えるので、色もはっきりわかる、夏の天の川なんか奇麗だろうなと推測します。

最後に系外銀河を試してみました。M81とM82。

1802098

露出たった1/2秒でこんなにはっきり写っています。今回焦点距離が短すぎました。もっと長いともっと楽しめたと思います。

今度は、フィルターを付けて、FSQ85EDで見てみます。





| | コメント (2)

2018年2月 8日 (木)

ASI294MCとクラゲ星雲(構図失敗)

ASI294MCがほしいほしいと言っていたら、Bergamotさんが見るに見かねて、貸してくれました。

1802081
やさしい、Bergamotさん、というより、これは「電子望遠鏡」を絶対完成させろという無言、の圧力。。。 とにかくありがとうございます。

ということで、早速試写をしたく、昨晩は秩父は美の山公園にクラゲ星雲を撮りに行ってきました。

美の山公園に上る北山麓側の道は、先日の雪が溶けきれず、完全に凍結していました。チェーンを付けての走行になりました。

さて、ASI294MCで2時間分の撮影をしてきたのですが、家に帰ってきて見てびっくり。

構図が間違っていました。カメラが完全に逆向きです。

18020812
さらにこに日はガイドの調子が悪く、半分くらいガイドエラー、さらに途中からピンボケになっていました。このピンボケですが、温度変化も考えられるし、ドロチューブのロックをしていないので、ドロチューブが動いた可能性もあります。ロックしてないのは、ロックするとピントがずれてしまうからです。

結局、32分分の成果しかありませんでした。完全に画像処理をする気がなくなったのですが、ASI294MCの評価と、先日の0.73コマコレの評価も兼ねていたので、気を取り直して、画像処理してみました。

結果です。

1802082GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + ASI294MC + SSone CMOS Cap
ゲイン 12/25  1分×32枚(2枚ごとにライブコンポジット) ダークなし
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

前回、ASI071MCでクラゲを撮ったときは、2時間もかけてあまり写っていなかったので、ぶつぶつ文句を言っていましたが、今回は32分でも、わりと写っています。デジカメと同じような感覚です。(前回と比べてFは明るくなっていますその分、露出を半分にしてます)

正確に言うと、写りはASI071MCと同じくらいなのですが、ノイズが圧倒的に少なく、それだけ強調できるとういのが正しい表現と思います。

ほんと滑らかで、コンポジット要らないんじゃないかと思えるほど滑らかです。ダークも不要です。

星見屋のコマコレですが、今回、バックフォーカスをフィルターガラスの厚みも考慮して、少し長めに設定してみました。前回のクリスマス星雲と比べて明らかにシャープになっています。ただ、右下にかけて大きく片ボケしています。これは残念。

また、今回ASI1600MMでも撮ってきました。

1802083GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + ASI1600MM + SSone CMOS Cap
ゲイン 12/25  1分30秒×27枚 だーくなし
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

こちらは、あまり片ボケないです。ということは片ボケの原因はASI294MCにあるのかもしれません。このへんはさらに撮ってみないとですね。

星見屋のコマコレですが、さすがにF3を切ると、バックフォーカスやピント移動、さらに片ボケなどには敏感なようですので、そのへんを調整できる人には、良いのではないでしょうか。

ASI294MCはさらに試写してみたいと思いますが、なかなか良いのではないでしょうか。ただ、ひどい青カブリで、(これは他のASIカラーCMOSも同じ)修正するのけっこう大変です。

最後に上記2つをLRGB合成してみました。

1802084
今夜はASI294MCで、「電子望遠鏡」のテストをしたいと思います。こちらも期待できます。

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

天文入門者向けのブログ立ち上げ

先日お伝えしたように、天文入門者向けの超低レベルなブログを立ち上げました。
SkyWatcherEQ5GOTO(SSone仕様)のサポートブログも兼ねています。

1802041_2
これから天体観測を始めるブログ

初心者の方が安心して質問を書き込める雰囲気を大事にしたいので、ベテランの方、もし書き込めされるなら、初心者の方が引かないように、難しい言葉を出したり、ディープな議論は避けて、初心者を装って書き込みしてください。なんてね。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

SS-one超入門者向けセット

私は、SS-one製品を初心者向けに作った覚えはこれっぽっちもないのですが、ただ自分がほしいと思うものを作ってきたのです。

ただ、こうしてほぼ完成してみると、これほど初心者向けの製品はないと改めて感じます。理由は。

1 商品としてほぼ自己完結している。
 たとえば、天体写真を撮る場合、オートガイドにしろ、いろんな会社のいろんな製品やフリーのソフトなどを組み合わせて実現しているわけです。もちろん、それはそれで楽しいのですが、こと初心者には敷居を高くします。SS-oneの場合、完全ではないにしろ、他社に比べて自己完結率が高いです。

2 安い
 SS-oneは一見高いように感じるかも知れませんが、必要な機能が最初から搭載されているだけであって、総合的に見れば、安いです。

ということで、今後はSS-one製品を初心者向けにも販売していきたいと考えています。で、トラベラーは高いので、SS-one AutoGuider Proに向いた赤道儀を考えていたのですが、SkyWatcherのEQ5GOTOが良いのではないかと。理由は。

1 すでにSS-oneで実績がある
2 割としっかりしてる
3 安い

あと、モーターが最初から自動導入仕様で、ハイブリッドモーターでバックラッシュのないノンギアードモーターになっています。これは私的にはかなりポイントが高いです。あと丈夫な三脚も良いです。

しかし、EQ5GOTOは、すでにオリジナルなコントローラがついていて、これにSS-oneを組み合わせると、オリジナルコントローラの値段の分、無駄になってしまいます。

そこで、SkyWatcherの販売元の「サイトロンジャパン」さんと販売店の「シュミット」さんに交渉したところ、コントローラなしのEQ5GOTO赤道儀を用意してくれることになりました。

ということで、SS-one AutoGuider Proの次期ロッドが完成次第、下記の商品が発売されることになりました。販売はたぶん「シュミット」さんになると思います。

Eq5title
ただ商品を販売するだけなく、初心者向けなので、特設ブログを作って、完全サポートします。

この特設ブログですが、天体観測入門者向けで、製品の使い方だけでなく、観望や撮影、ありとあらゆる天体観測の基本を解説していきます。

それこそ、「アイピースって何?」 とか、「望遠鏡って逆さまに見えるんだよ」て超低レベルな話で、たぶん、このブログを定期的に見てる方にとっては、何の役にも立たないような内容になると思います。

ということでお知らせでした。

| | コメント (17)

« 2018年1月 | トップページ