« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

SS-oneトラベラー ハーモニックドライブ版

SS-oneトラベラーのハーモニックドライブ版です。2軸ともハーモニックドライブにしました。
赤緯軸はより小型のタイプにしました。モーター構成はCRUX-MINIと同じです。

1805311
驚くほど軽くなりました。3Kちょっとです。中身がスカスカなので、ラズベリーパイと液晶が余裕で入ります。

実は、RAだけ、DECだけのガイドテストはしていて、結果ですが、(写真は間違って消してしまった。)

予想どうり、2~3秒角くらいのゆらぎがあります。ガイドしなくてもこのゆらぎはあるので、マイクロステップの中間で揺らいでいる様子がうかがえます。ただ、これくらいの揺らぎなら通常のウオームギアでもあります。反応がいいので、大きく崩れることもないので、ウオームギアのベストな状態には劣るけど、アベレージでは上回る感じです。

とにかく反応が速い。キャリブレーションなど2~3秒で終わる感じです。

ほんとは、ハーモニックギアとモーターを直結ではなく、間に数分の1の減速ギアを入れれば何のことはないのですが、そのためにはハーモニックギアを単体で買わないといけないのですが、ハーモニックドライブシステム社に問い合わせたとところ、納期8カ月~1年かかると言われ、あえなく断念。

まぁ、トラベラーのターゲットが、FSQ-85EDやBORGの90FLや107FLあたりがターゲットなので、そのへんの使用なら問題ないと思います。実際に星の写真を撮ってみます。

あと、もうひとつ心配だった粗動がないことですが、モーターへの給電を切れば手で動かせるので、また給電すればその位置でロックできるので、電磁ロックみたいな感じです。クランプを手探りで探す必要がないので、これは逆に便利でした。

ウエイトなしでの運用ですが、出来ても3~4kgくらいまでです。FSQ-85EDはダメでした。

ウエイトは付けた方が良いと思います。というのは、電源が切れると、ガクンと落ちてしまいますので、危ないです。あと、これはもっと検証しないといけないですが、ウエイトがあった方がガイド性能がいいような気がします。SS-oneトラベラーはもともとウエイトが軽くて良い構造ですし、バッテリーをウエイトにすれば事実上、持ち運びの負担は減るので、それほど苦にならないと思います。

導入速度は2000倍です。動画で速さを感じてください。

| | コメント (3)

2018年5月29日 (火)

SS-one Power販売開始

SS-one Powerの正式販売を開始いたします。

1803111
1803112
カメラ電源、ヒーター電源、シャッター分配器、電圧計内蔵の便利なアイテムです。

ご購入はこちら。

取扱説明書はこちら。

| | コメント (3)

AP赤道儀のSS-one化

ビクセンAP赤道儀のSS-one化改造依頼がありましたので、作りました。

1805291
導入速度は300倍。

1805292

電子極軸望遠鏡もスマートに内蔵できました。内蔵だとそう頻繁にセンター出しする必要もないので、さらにセッティングが早くなります。
実は、通常のCMOSセンサー基板はこの中に入らず、違うセンサー基板を買って導入しました。プログラムもこれ用に書き変えています。

晴れたら、実際の星でテストしてからの出荷になります。依頼者さん、晴れるまで、もうしばらくお待ちください。

----------------------------------------------------------

やっと、ナローバンドフィルタを買えました。SAOセットです。シュミットさんのOPTOLONGセールぎりぎりすべりこみ購入。それでもやっぱ高いですね。

1805293
とはいえ、これで遠くまで遠征しなくていいと思うと、嬉しいです。はやく使ってみたいです。




| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

SS-oneトラベラー 仮注文締めきります。

今現在、10人の方からご注文頂いております。

明日23日24時をもって仮注文を締め切らせていただきたいと思います。

24日から、もう製作に入ります。とりあえず、極軸微動の部分から作っていきます。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

SS-one CMOS Capture発送開始

大変、お待たせました。

本日から、SS-one CMOS Captureの発送を開始しました。ほとんどは数日のうちに発送します。遅くとも今月中には全部発送いたします。

外部シャッターのないタイプを先に発送しています。

また、マニュアルもベータ版のままでしたが、最新版をアップしました。

http://ss-one.net/doc/SSoneCMOS.pdf

| | コメント (5)

2018年5月17日 (木)

ハーモニックドライブモーターが来た!

早速、ユニット組んでみました。簡単!!

1805171

ウオームギアのかみ合わせとかの調整も無用。メンテナンスフリーで良いのも利点ですね。最近発売されたCRUX-MINIとかいう赤道儀のRA側と同じモーターです。

1805172

重さは906g。一方、ウオームギアの場合は、

1805173
1226g。 320g軽い、2つで640gの軽量化。唯でさえ軽いトラベラーがさらに軽くなります。

早速、トラベラーのDEC部に組み込んでみました。

1805174
ただ、心配なのが、やはり角分解能の粗さ。トータル減速比が100しかありません。
初代SS-oneポタ赤は4800、SS-one Miniは810、EQ5(GOTO)は704と比べると、圧倒的に粗いです。こんなんでオートガイドできるか心配になります。

いちおう計算してみます。角分解能は、360度を減速比で割って、さらにモーターの分解能200で割ります。そうすると

360度/100/200 = 64.8秒

ただ、1/128マイクロステップですが、マイクロステップはアナログなので、最大限甘く見積もって、実質1/64のマイクロステップとすると、

64.8秒 / 64 = 1秒

となります。一方、EOS 6Dで焦点距離500mmとすると、1ピクセル2.7秒なので、いちおう1ピクセルの範囲内に収まってします。ただ、粗いことは粗いです。それにそもそもマイクロステップの1ステップだけ動かすなんて出来るんでしょうか。SS-one AutoGuider Proのプログラムもかなりこれ用に修正しなければなりません。

とりあえず、やってみないと分かりません。今のところ、7:3で無理なんじゃないかという印象です。逆に出来れば、嬉しいですけど。まぁ、結果をお楽しみに。私も楽しみ。

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

いろいろ、ツイッター的に。。。

お待たせしているSS-one CMOS Captureですが、18日ごろにケースの加工が上がってくるので、そこから順次発送していきます。外部シャッターなしのものから発送していきます。

SS-one AutoGuider Proはおかげさまで、在庫なくなりました。残るはシュミットさん分だけです。次回生産は未定ですが、トラベラー用に作らないといけないので、その時になるかもしれません。

そろそろ、ナローバンド=擬似カラーやりたいです。フィルターはどれがいいんだろう、Astrodonとかは無理だけど。6nmと12nmって、どれくらい違う? 光害地ではやっぱ6nmかな。わからないことだらけ。

SkyWatcherのF4コマコレとF5コマコレが揃いました。撮り比べが楽しみ。

SkyWatcherと言えば、新製品のEvostar72ED、これショールームで見て気に入ってしまった。スリムなフォルムにEQM35などの小型赤道儀との組み合わせは、昔のP2+FC65や、PentaxのMS3n+75の感じがしてとても良い。絶対ほしい。

SkyWatcherは、「ESPRIT」シリーズとか興味深い筒がある。日本では手に入らないのかな。世界を見ると面白そうな製品がいっぱいあるが、日本ではあまり売っていない。なんか、知らない間にガラパゴス化してないか?

スカイメモSや、EQM35ポタ赤仕様の2軸オートガイド化ユニットをひそかに計画中...

16日に、ハーモニックドライブモーター到着。使えるかどうか。

| | コメント (9)

2018年5月11日 (金)

SS-one on [Nano Pi]

だいぶ前から挑戦していたことなのですが、やっと、SS-one AutoGuider「Nano Pi」への移植が成功しました。

1805111

といっても、ZWOカメラはデータ取得ができずですが、まぁ、ZWOでなくても良いのです。まだまだ超えなければならない山は多いですが、いちおう今後の展望が開けました。

1805112
ラズベリーパイと比べてもこの小ささ。値段も半分くらい。これだけ小さいと、いろいろなところに組み込みたくなります。「スマート赤道儀=スマ赤」の到来も近い!

| | コメント (2)

2018年5月 3日 (木)

ハーモニックドライブ版SS-oneトラベラー

SS-oneトラベラー、現在まで仮注文いただいた方は5名ということで、あまりたくさんだと手作りで大変なので、このくらいならという感じです。

注文いただいた方には、一度メールでアンケート送りますので、その時にご要望とか書いて頂ければと思います。

5名ということは、私も含めて製作するウオームホイルは12枚なので、一枚あたりいくらになるか、気になるとこです。そんなウオームホイルの心配が要らないのが、ハーモニックドライブということで、ハーモニックドライブ版のSS-oneトラベラーをラフ設計してみました。

1805031

左が従来、右がハーモニック。設計も製作も超~簡単です。極軸微動を除けば、モーター以外に板が数枚で出来てしまいます。ただ、赤字覚悟ですが、5台なら赤字でも、作業が楽な方が良いかな。

全体的に少し小さくなりました。重さも3Kgくらいですが、軽くなった分、全体の剛性を上げる方に使いたいと思いますので、最終的には3.5kを目指したいです。剛性が上がれば、けっこう重量級の鏡筒も載るのではないかと。

注目すべきは、内部空間が広がったので、モータードライブ基板や、ラズベリーパイも全部入ってしまいそうです。モニタとしてSS-one AutoGuider Lightの2.2インチLCDを付けて、極軸合わせやオートガイドのON/OFFくらいは単体でできるようにして、十字キーなどの操作はゲームパッドで、自動導入はスマフォになります。

ここまで一体化できれば究極でしょうね。もちろん、SS-one AutoGuider Proが基本で、コントローラ内蔵はオプション扱いですが、内蔵にした方が、コントローラ代が安くなるので、トータルでも安いです。

まだハーモニックドライブが良いかどうかやってみないと分かりません。SS-one AutoGuider Proも、これ用に改造しないと無理でしょうね。回転が超スローなので、マイクロステップの中間の刻みが重要と思います。そこの回転数まで計算してやらいといけないから、本当にできるかどうかは、まだ分かりません。とりあえずモーターは注文しました。

| | コメント (4)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »