« 2018年5月 | トップページ

2018年6月22日 (金)

SS-oneデジカメサポート販売開始、SP-DX赤道儀オーバーホール

SS-oneデジカメサポート、販売開始です。

初回ロッド9台のみ、定価17,000円(税別)のところ4,000円OFFの13,000円(税別)になります。

1806151
ご購入はこちら。

取扱説明書はこちら。

--------------------------------------------------------------
SP-DX赤道儀のオーバーホールを依頼されました。

今回の赤道儀の状態はひどいもんでした。

1806211
1806212
グリスが硬貨してこびりついて、なかなかシャフトが抜けませんでした。お客さんに謝って断念しようと3回くらい思いましたが、パーツクリーナー1本まるまる使って、グリスを溶かしながらやっと抜くことができました。

一度、分解できれば、後は問題なし、完璧に奇麗にし、グリスを塗布。ギアのかみ合わせを調整して、お返ししました。

1806213
1806214
オーバホールの費用は1万円となっております。ヤフオクなどで古い赤道儀を買うこともあると思いますが、状態悪くてもあきらめるのは早い。


| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

新製品情報 SS-oneデジカメサポート

SS-one Powerシリーズ第2弾。「SS-oneデジカメサポート」開発中です。

今、プログラムを組んでいて、もうじき完成です。

18061511806152
機能および仕様です。

●入力電源 +12V(シガープラグ)
●カメラ電源 1ch (6V~9V可変 初期設定8V)
●ヒーター電源 2ch (12V PWMパワーコントロール出力)
●インターバルタイマーシャッター 2ch
●電圧計内蔵

カメラ電源は、6Vから9Vの可変で、初期設定8Vです。ヒーター電源はSS-oneパワーと同じで、12Vパワーコントロール出力です。最大6倍の発熱量が得られますので、ヒーターのパワー不足や、高速露取りに威力を発揮します。

インターバルタイマーシャッターは、手袋をしていても操作しやすいダイヤルくるくる式ですので、すばやく設定、撮影開始できます。設定項目は

[表示1]
撮影枚数 1~99 0設定の場合は無限繰り返し
露出分 0~99

[表示2]
露出秒 0~59
インタバール秒 0~59

(写真の状態は[表示1]で、撮影枚数12枚、露出5分です。)

電圧計内蔵で、バッテリーのへたり具合も分かります。値段は未定ですが、SS-one Powerより若干高くなります。

お楽しみに。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

スカイメモの簡易赤緯体

スカイメモSや、SkyWatcherのEQM-35の簡易赤緯体。これのウオームホイルがけっこう良く出来ている。歯数はどうせ60枚くらいだろうと思って数えてみたら、なんと122枚もある。EQM-35の正式赤緯体より多い。

オートガイドにもけっこう使えるかもと思い、早速、モーターを付け評価機を組んでみた。

1806113
見た目的には、ごちゃごちゃ感があるけど、何しろ、安くて軽い。CD-1を始めスカイメモなどのポタ赤の2軸化や、これを2組使い、超格安軽量の2軸ポタ赤を組んでみるのも面白そう。

| | コメント (2)

2018年6月 5日 (火)

ハーモニックドライブの揺らぎ問題解決?

昨晩も連日のオートガイドテストをしていました。もう梅雨入り前のラストチャンスかも。

で、揺らぎの原因ですが、マイクロステップの中間のアナログ的な不安定性であることは間違えないので、であるならば、モーターにかける電圧を上げてみれば、解決するのではと思い、やってみました。

結果
1806051
振幅がだいぶ小さくなりました。FSQ-85ED+ASI1600MMによる5分の実写でも、

1806052
ご覧のように星もまんまる。

ハーモニックドライブは、マイクロステップ回路の性能にもろに影響されることがこれを見れば分かります。
ただ、電圧を上げたので当然、消費電流も増えて、12V換算でラズベリーパイと合わせて、1.5Aも消費してしまいます。

電圧設定は焦点距離や、状況に合わせて3段階くらいユーザが設定できるようにしたいですね。



| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

今夜もオートガイドテスト

今夜も薄雲の中、トラベラーのオートガイドテストをしてきました。

トラベラーですが、またウオームギア仕様に戻しました。もう一度、じっくり、ハーモニックと比べてみようということです。で、結果は、

1806041
こうして見ると、ハーモニックドライブの揺らぎがそう悪いものでないことが分かります。

ただ、気になるのが、

ウオームの場合は、良い時は、ほんとガイドグラフが一直線になるんですよね。ハーモニックの場合はそうなることは絶対になく、全部こんな感じです。

また、ウオームの場合は、ギアを調整したり、ガイドアルゴリズムを見直したりと、改善の余地があるのですが、ハーモニックの揺らぎは原理的なものですから、もうどうすることもできないのです。それがちょっと気になります。

はやく決断しないといけませんね。

| | コメント (2)

2018年6月 3日 (日)

SS-oneトラベラー オートガイドテスト

関東地方はいつ入梅してもおかしくない空模様。昨晩は貴重な晴れだったので、近くの河原でオートガイドテストしてきました。

まずは、お客様から預かっているAP赤道儀のオートガイドテスト。

1806032
今回改造はうまくいきました。ギアの遊びも少なく、反応もまずます。

次に、SS-oneトラベラーのハーモニックドライブ仕様のオートガイドテスト。

1806034
1806033
このように細かく揺れるのが、減速ギアなしのダイレクトドライブの特徴。AP赤道儀より悪いですが、そう違いはなく、極端に悪くなることもないので、安定していると言えば安定しています。

で、この揺れが、実際の写真でどれほど影響が出るかですが、FSQ85ED(450mm)+ASI1600MMにHαフィルターを付けて露出5分で撮ってみました。

1806031

ちょっと星が横に伸びてるのが分かりますが、トラベラーウオームギア版でも完璧に丸になるのはまれです。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ