« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月22日 (土)

SS-oneオールインワンガイダー準備中

大人気のSS-oneオールインワンガイダー、ここのところ問い合わせが多いので、急きょ作りました。

1906221

今回12台作りました。もっといっぱい作れと怒られそうですが、トラベラーの製作に有り金全部つぎ込んでお金がありません。。。
現在、レンズ待ちです。もうしばらくお待ちください。

| | コメント (6)

2019年6月 7日 (金)

一体型電子極軸望遠鏡 SS-oneポーラー3の概要

お待たせしました。
開発中のSS-oneポーラー3の概要がだいたい決まりましたので、お知らせします。

1906072
大きさは縦横45mmで厚さ38mmです。現ポーラー2より少し大きい感じ。
電池で動き、完全コードレスの一体型。LinuxのようなOSは搭載しておらず、スイッチを入れて1秒で起動します。
ささっとセットして、ささっと極軸合わせできます。

1906073
1906074
液晶は、240×240ドット12ビットカラー。電池はCR2です。
電池のもちですが、Panasonicの非充電のタイプで連続7時間。中国製の充電式のものが1時間半でした。
いずれにせよ、電子極望なんて一回2~3分しか使わないので十分でしょう。
1906075
赤い小さなばってんがたくさん表示されていますが、これは星を認識してるところ。センター出しはPolar2と同じで、3点指定で決めます。

気になる価格ですが、1万5000円(税別)を予定しています。カメラだけのPolar2と同じ値段ですので、お得感はあると思います。

星まつりまでには、販売したいですね。

 

| | コメント (26)

フォーカサー用モーターコネクタの仕様

以前の記事のコメントで、SS-one AutoGuider Proのフォーカサー用コネクタのピン割り当てを教えてほしいというご要望がありましたので、ここで掲載します。

1906071
SS-one AutoGuider Proの本体のコネクタを真正面から見た図です。(逆さまにして)

モーターは、バイポーラーのパルスモーターで、PM型でもハイブリッド型でも使用できます。結線次第ではユニポーラも使えます。モーターにかける電圧も設定で変えられるので、ほぼすべてのパルスモーターに対応できます。

モーター選定で悩むとすれば、減速ギア内蔵型か、ギアなしタイプかですが、ピントのノブのトルクが高い場合は、ギア内蔵型にした方が安全と思います。ただバックラッシュは多くなります。そのへんのご相談はいくらでもしますので、興味のある方はお問い合わせください。
ユニポーラの場合の結線は以下のようになります。
1907061

 

| | コメント (4)

2019年6月 6日 (木)

カメラレンズの電動フォーカサー

Nikonの200mmF2用の電動フォーカーサーの作成依頼を承ったので、作成しました。

1906042
気付いていない人もいるかもしれませんが、SS-one AutoGuider Proは、電動フォーカサーも内蔵しています。
ご依頼があれば、望遠鏡や、カメラレンズで作成いたします。

SS-one AutoGuider Proはモータードライバーを3chも内蔵しているので、赤経、赤緯の他にもう1chあるので、フォーカサーや、あるいはローテーターなどに応用させることができます。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

新型電子極軸望遠鏡SS-oneポーラー3 プロトタイプ近日公開予告

下の写真は以前販売していた初代電子極軸望遠鏡です。

1906041
製造終了してから、もう何年も経つのに、いまだにどうしてもほしいというお問い合わせを度々頂きます。パソコンや他の機器を必要としない一体型が良いようです。

ただ、このタイプの電子極望はもう再生産しません。
理由は、このタイプは極軸の接眼側に付けるタイプなので、ケラレなどの問題で、取り付けられる赤道儀に制限があるためです。

そこで、SS-oneポーラー2や、PoleMasterのように極軸の対物側に取り付ける一体型の電子極軸望遠鏡を開発中です。というより、開発はほぼ終了していて今、ケーシングをどうしようか試作してるところです。

そのプロトタイプを近日中、おそらく数日中に発表できると思うので、お楽しみに。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »