« 2021年8月 | トップページ

2021年9月 9日 (木)

SS-oneトラベラー進捗

10月発送分のSS-oneトラベラーのアルミ削り出しが完了しました。
いよいよ、最終加工と、塗装、組み立てになります。

21090910_20210909100701

ご予約様へ。
9月中に残金のご請求をさせていただきます。ご準備の方、よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

オールインワンガイダーV2 開発完了

今年、私が一番力を入れて開発していたオールインワンガイダーV2の開発がほぼ完了しました。
あとは、実際の星でのテストと調整ですが、旧機種とソフトの基本は同じで、ユーザインターフェースが違うだけなので、
このままスムースに進むと思います。

それでは、機能紹介です。本体サイズは40mm×40mm×81mmです。

1 初期画面

2109092
2 ガイド中の画面

2109091
3 メインメニュー
2109093
4 インターバルタイマーの設定画面
2109094
5 ディザリングの設定画面
2109095
6 マウントはCマウントです。31.7mmスリーブアダプターを付ければ、
2109098
7 ガイド鏡にも取付可能。
2109099
8 コネクタパネル。左から、ST4ガイドポート、電源、シャッターです。
2109096
9 センサーは、旧バージョンと同じIMX290です。このセンサー、最近人気ですよね。
2109097

10 旧バージョンとの大きさ比較。スリムになりました。
21090911
11 底面は、カメラネジが17.5mm間隔で3か所。
21090912
無線に関しては、いちおう旧バージョンと同じで使えるように作ったのですが、動作がかなり重くなるので、十分テストしたのち、最終的に判断します。

液晶のバックライトは消すことができます。手動で消したり、オートオフ、シャッター連動オフが選べます。
気になる価格ですが、もう一度原価を計算して決めますが、たぶん、本体のみで4万円は超えないと思います。超えたらごめんなさい。
最近、中国での部品価格の上昇が止まりません。まぁ、インフレなのは世界的な傾向で、日本のデフレの方が異常なのですが、安く作るのが難しくなってきました。
それとレンズとのセットの販売も考えています。
旧バージョンからのアップグレードも考えていますが、センサーはそのまま再利用可能ですので、その分、安くなりますが、せいぜい5,000円くらいです。ごめんなさい。
これから頑張って20台量産します。部品はすでに確保しています。もしあっという間に売り切れるようならさらに生産しますが、20台売り切れるのに時間がかかるようなら再生産はしばらくしないので、ぜひこの機会にご購入ください。

| | コメント (18)

« 2021年8月 | トップページ