« 屈折鏡筒一覧 | トップページ | 新SS-one AutoGuider Pro 2022年4月22日 夜21時発売 »

2022年4月16日 (土)

AP赤道儀モーターモジュールのSS-one改造

AP赤道儀の手動モジュールの方は、今まで何度かSS-one改造してきましたが、モーターモジュールのAP赤道儀は初めてのご依頼です。

2204161
電子極望は内蔵しました。
2204162
外見はビクセンオリジナルとまったく変わりありませんが、
中のモーターは変えてあります。
2204163
右の小さなモーターがもともとのモーター。衝撃の小ささ。
これで200倍で導入できます。
。。。。。
これで、すべてのバックオーダーが終わりました。今処理しているのは、今年初めから依頼のあったものばかりで、やっと終わったとほっとしています。
休む暇もなく、SS-one AutoGuider Pro V2の新規販売を開始したいと思います。ここ数日以内に準備しますので、ブログのチェックはお忘れなく。

|

« 屈折鏡筒一覧 | トップページ | 新SS-one AutoGuider Pro 2022年4月22日 夜21時発売 »

コメント

忙しい最中ご無理を申しまして、大変申し訳御座いませんでした。m(_ _)m

写真で見た限りでは全くAPオリジナルの筐体デザインは変わっておらず凄いです。早く眺めて新しいAutoGuider Pro V2も試してみたいです。この度は本当に有難うございました。

投稿: ミュウぼん | 2022年4月18日 (月) 08時10分

いつも拝見しています。AP赤道儀で上手くHBモータ取付できましたね。これでどれぐらいスピードが出たでしょうか?とても興味があります。またステップ数はどうでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: 西岡 | 2022年4月18日 (月) 21時46分

200倍です。
300倍でも回りますが、いかにも辛そうな音がします。
ステップ数??

投稿: ほんまか | 2022年4月18日 (月) 21時51分

ご連絡ありがとうございます。
私も自動導入機を作っていますのでとても参考にさせていただいています。駆動方法として、ハーフステップとか1/16マイクロステップなどがありますが、恒星時周波数はいくらでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: 西岡 | 2022年4月18日 (月) 22時01分

1/128マイクロステップ駆動
モーターは200ステップ、1/7.2ギア内臓
外部ギアは42/60
したがって、赤経軸一回転分のパルスは
144*(60/42)*7.2*200*128
これをキングスレートで割れば周波数が出ます。

投稿: ほんまか | 2022年4月18日 (月) 22時12分

とても参考になりました。
私は恒星時で計算していますので、
144*(60/42)*7.2*200*128 /86164 =440.091pps
恒星時速度が予想外に高いので驚きました。
私ならば110か220ppsにしますね。200pps以上はあまり経験がないです。ただマイクロステップは1/16ぐらいが無難な気がしてます。ありがとうございました。

投稿: 西岡 | 2022年4月18日 (月) 22時40分

私もそのくらいが理想ですね。
ただ、オリエンタルモーターの28mm角のモーターで
内臓ギアの最低値が7.2なので、これ以上低くできません。
外部ギアの42/60も、組み込み上、仕方がない値です。
ただ、かりにギア比を低くできたとしても、たぶん、トルク不足になります。
オリエンタルモーターのモーターは抵抗値が低く、あまり高い電圧がかけられません。(無理にかけるとL6470のリミッターがかかる)
その関係でオリエンタルモーターの場合はこのくらいであきらめています。

最近使っているGP用のモーターは抵抗値が高いの高い電圧をかけられるので、ステップ数を低くでき、より高速で回すことができます。

あと、マイクロステップですが、DECで常時通電している場合は、良いのですが、動作の時だけ通電する仕様だと、マイクロステップの分解能分は期待できないので、ステップ数があまり低いと、オートガイド分解上問題になります。
常時通電しているならいいのですが。

投稿: ほんまか | 2022年4月18日 (月) 22時58分

ありがとうございます。
了解しています。しかしよくAP赤道儀に28mm角モータが入りましたね。
L6470ですか、知っています。
検討したことがありますがシステムの違いで諦めました。非常に高性能なドライバICだと思います。
オリエンタルは赤道儀で使われいるのは、たいてい抵抗値が低ですね。

GP用のベルトモータのことだと思いますが、先日こちらのシステムで動かしてみました。
1/16マイクロステップ、電源は実験用の16V、ドライバICはたまたま手持ちのA4988、モータ電流は0.5Aの状態で試してみました。
1.3Aモータを0.5Aで動かすわけですが、17Kppsまで脱調せず快調に動いています。
GP赤道儀では恒星時27.702pps、500倍速になりました。もっと高速が出そうです。後で試します。
それからGP用ベルトモータ、とても良くできていますね、素晴らしいと思いました。

マイクロステップ角の精度の維持とDECの駆動方法の問題は良く分かりました。
電流をOFFにすればマイクロステップ角の精度は確実に駄目になります。
こちらのシステムではオリエンタルモータのドライバを参考、基本として、停止時は主にモータの発熱対策として、
モータ電流を30%ぐらいに下げています。
それからGPのMT-1とかEM200,USDなどのPM型モータの場合は、マイクロステップはやらず、もっぱらハーフステップで動かしています。
ハーフステップの場合は電流をOFFにしてもOKですね。

投稿: 西岡 | 2022年4月19日 (火) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屈折鏡筒一覧 | トップページ | 新SS-one AutoGuider Pro 2022年4月22日 夜21時発売 »