天体写真

2018年1月16日 (火)

ASI071MCProで「くらげ星雲」リベンジ

リベンジしてきました。

前回あまり写りが良くなかったので、以下のようにパラメーターを変えました。

露出時間 2分->3分
ゲイン 10/25 -> 13/25
冷却ON -20度

これでトータル2時間分撮影してきました。

1801161
GINJI-150FN改造 + SkyWatcher F4コマコレ + ASI071MCPro(-20度)
+SS-one CMOS Cap. ゲイン13/25  3分×42枚
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro + ASI120MM-SS3

う~ん、やっぱり、「2時間かけてこれだけ?」感が否めない。
これ星を見るとつぶれ気味なの分かりますか?それだけ強引に強調しているのですが、出てこない。背景とかは滑らかで奇麗なんですがね。とにかく星雲が写らない。

とりあえず、他人の作例見てみたいですよね。AS071MCでなくて良いのですが、カラーCMOSでこれは凄いっていう作例どっかにないですかね? あったら教えてください。研究します。
海外とかありそうですが、海外って、けっこう45cmRCとか総露出時間10時間とか、淡い部分出てるけど荒れ荒れとか、力技ばっかなんですよ。普通に奇麗な作品。

| | コメント (7)

2018年1月15日 (月)

ASI071MC-Proでクラゲを狙うも失敗

昨晩は秩父に撮影に行ってきました。この6日で出撃したのは5日です。晴れるのはありがたいが、逆に疲れる。

さて、たくまーさんから借りている、ASI071MC-Proを試そうと、クラゲを狙ってみました。ASI071MC-Proですが電源相性問題か、ライブビュー中にフリーズすること2回。やはりなにか問題ありそうです。ただ撮影中はまったく問題なかったです。

2時間、2分60枚撮影してきましたが、帰ってフォルダーを開いてみてびっくり。

1801151
カブっています。現地でも気付いていたのですが、光害カブリと思っていました。ただこうして見ると光害ではなさそうです。光害にしては明るすぎること、変化が大きすぎること、一枚の中でも傾斜がおおきいこと。

何か光が漏れたようです。最初まったく原因が分からなかったのですが、いろいろ考えてやっと分かりました。天頂付近が一番被っていることから、反射鏡の下からCMOS Cap.の光が入ったようです。

いつもはCMOS Capは電気関係のボックスに入れているのですが、この日に限って三脚のストーンバックに置いておいたのが仇になりました。

1801152
反射望遠鏡はこんなことまで気を使うのか。まぁ最初だから仕方がない。これも経験。

仕方がなく、60枚のうち、比較的カブリの少ない20枚を選んでコンポジットしました。

1801153GINJI-150FN改造 + SkyWatcher F4コマコレ + ASI071MC-Pro + SS-one CMOS Cap.
2分×20枚 ゲイン10/25
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

カブっていたとはいえ、40分露出してこれだけ? というのが正直な印象。
デジカメならもっと写ると思います。特に赤い星雲が弱い。

どうもCMOSカメラはモノクロ、カラーを問わず赤が写らない。モノクロの場合はまだLのアシストがあるので良いのですが、カラーだけになるとどうも弱い。

まぁ、改造デジカメの赤が強すぎるのも問題ですが、たとえば、馬頭星雲近くの「燃える木」などは改造デジカメだとすごく赤っぽくなるのですが、CMOSカメラだとほんと奇麗に出ます。

もうちょっと1枚あたりの露出は伸ばしてみようか。CMOSカメラはリードノイズが小さいからラッキーイメージングのように短露出多コンポが有利とかいう実証されていない定説がありますが、ここでいう有利とはCCDに比べて有利であって、絶対的には、やはり1枚あたりの露出が長い方がいいのではないかと、ここ最近、思い始めています。特に電子望遠鏡のテストからも感じます。

以前にやったデジカメの検証でもそうですが、やはり天体写真はゲインや感度を抑えて、露出時間を伸ばした方が良いように思います。少なくとも悪くはならないと思います。

いずれにせよ、カラーCMOSは難しい。モノクロの方が扱いやすいです。

今夜も晴れそうなので、撮り直してきたいと思います。ここ最近、連日の撮影ですが、どれもこれもぱっとしない結果で、少し沈んでいます。ここらあたりで、バシっと気持ちの良い作品を仕上げたいです。

| | コメント (3)

2018年1月12日 (金)

いろいろうまくいかない。。。

晴天が続いています。しかし、なかなか結果が出ない。。。

火曜、水曜の夜は、連ちゃんで羽生に「電子望遠鏡」のテスト。

1801121
新しい液晶ですが、ご覧のように色数が少ない。16ビットカラーが出ない。

1801122
いろいろ設定をいじるが、16ビットカラーにならない。仕方がないので、CMOS Cap.でテストすることに。

1801123
ASI224MCと、ASI1600MCでテストするがどうもおもわしくない。Samさんが以前、「一発目に出てくる画像の迫力に一番影響が出ます」と言っていましたが、まさにその通りで、

一発目、つまり1枚あたりの写りが良くない限り、いくらスタックしても、あるいはビニングしても、飛躍的に向上するということはないみたいです。0は何倍しても0ということか。

ということは、ある程度の露出時間(数秒~数十秒)が必要で、そうなると、「リアルタイム性」が問題になり、はたして電子望遠鏡と言えるかどうか。

ただ、多少なりとも光明があって、

1 ASI224MCの写りは、ASI1600MCに比べると圧倒的に良く、特に色の出が良い。ASI224MCクラスのCMOSセンサーならなんとかなるかも。ASI224MCクラスとなると、ASI385MCやASI294MCなどです。

2 ソニーのα7sのライブビューはそれなりにいけてるの、なんとかなるんではないかと期待。

と、まったくあきらめていないのですが、現在のところ「電子望遠鏡」にかけるモチベーションが落ちてきているのは事実。

--------------------------------

木曜の夜は、秩父は美の山公園に「ASI1600MC」のファーストライトをしに行きました。

1801125
クリスマスツリー星雲を撮ってきました。

1801126
30分くらい撮ったところで構図が気に入らなく、撮り直し、1時間半、撮ったところでピントが甘いので撮り直し、そんなことを繰り返したため、4時間滞在したのに、約1時間分の撮影データしか得られませんでした。

家に帰って、コンポジットしてみて、おかしいことに気づく。

1801127GINJI-150FN改造+SkyWatcher F4コマコレ + ASI1600MC + SS-one CMOS Cap.
1分×80枚(4枚ごとにライブコンポジット、リアルタイムダーク減算) ゲイン10/25
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

色が出てない。調べると、CMOS Capのベイヤー配列の情報取得ミスのバグと判明。

このバグですが、遭遇する確率は低いです。条件としては最新ドライババージョンで、ASI1600MCと他のソニーセンサーのカラーカメラを交互に使っている場合におきます。もちろん直します。

ということで作品にはならなかったのですが、バグがなくても、作品には仕上げられなかったと思います。この対象、けっこう淡いことを知った。秩父のような光害地ではなく、暗い空で、3時間以上かけないと奇麗にでそうもないです。

今夜も秩父に行こうと思います。クリスマスツリーは無理そうなので、クラゲでも撮ってこうようと思います。

| | コメント (4)

2017年11月29日 (水)

ピュアなM42@八千穂高原

火曜の夜は、翌日が定休日ということで八千穂高原まで行ってきました。久々。

せっかく八千穂まで来たので、秩父では絶対に撮れないM42を撮影してきました。

1711292
M42
1711291FSQ-85ED + ASI160MM + SS-one CMOS Cap. ゲイン10/25
RGB 1分×40枚 5秒×8
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro
トリミングあり。

処理が難しい対象ですね。今はやりの周りの淡いの出していないけど、昔ながらのピュアなM42です。
トリミングしていますが、もっと焦点距離がほしい。銀次改造の完成が待ち遠しい。

翌朝の千曲川

1711293




| | コメント (2)

2017年11月25日 (土)

秩父連ちゃん、勾玉撃沈。

木曜夜、金曜夜は秩父のいつものとこに撮影に行ってきました。

木曜夜は、SS-one AutoGuider Pro for GPのテストと、ASI071MC-Proの最終試験を兼ねて勾玉を撮影してきました。しかし、16分撮影したところで、薄雲が出て終了。こんな中途半端な出来になってしまいました。

1711241

FSQ-85ED + ASI071MC-Pro + SS-one CMOS Capture
GP2赤道儀 + SS-one AutoGuider Pro for GP Aセット
1分×16枚 ゲイン10/25 8枚ごとにライブコンポ、リアルタイムダーク減算

久々のGP赤道儀でしたが、 SS-one AutoGuider Pro for GP Aセットは快調でした。オートガイド性能もトラベラーより上。

ASI071MC-Proですが、今回は、12V電源もつなげてみました。ただ、ライブビューでCropするとハングアップする症状が発生。結局、以前の外部電源USBハブに変えたら正常でした。やはり電源にはかなりシビアです。

いずれにせよ、ソフト的な問題ではないこと。電源をあれこれ選べば、最終的には動作できる組み合わせが見つかると思われるので、このバージョンをこのままリリースしたいと思います。

翌日金曜の夜も出撃。最近F5以上の撮影が多かったので、たまにはF4で撮りたくなり、Nikkorの出番。

やっぱ私はカメラレンズは好き。操作が楽でいい。

1711251
Nikkor ED 400mm F3.5->F4 + ASI1600MM + SS-one CMOS Capture
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro
RGB 各1分×32枚 ゲイン10/25 8枚ごとにライブコンポ、リアルタイムダーク減算

なんか、うまく処理できませんでした。この星雲難しい。もう嫌いです。勾玉。

それと、片ボケ。左下がひどい。デジカメでは片ボケないので、ZWOのEFマウントが問題のようです。今回はシムを挟んだのですが、まだガタつきます。

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

ハート星雲@伊豆

昨晩は伊豆の伊東に温泉旅行に行ってました。

伊豆まで行って、夜晴れたら、天体写真の一つも撮りたくなるもの。3時間ほど、宿近くの松川湖というところで撮影しました。

ハート星雲
1711224_2
FSQ85ED+ASI071MC-Pro+SSone CMOS Capture ゲイン10/25
1分×80枚 8枚ごとにライブコンポジット。リアルタイムダーク減算
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 140mmガイド鏡でオートガイド

前回のハート星雲は露出不足でしたが、今回はなんとか作品になりました。

ASI071MC-Proは電源強化してからエラーは出なくなりました。

| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

ハート星雲

水曜日は定休日なので、久々に、本栖湖まで遠出してきました。寒かったです。ほんとうに冬です。

ハート星雲

1711171Nikkor ED 400mmF3.5->F5.6
ASI1600MM + SS-one CMOS Capture
R 1分×48枚 GB 1分×32枚 8枚ごとにライブコンポジット、リアルタイムダーク
ゲイン 10/25
SS-oneトラベラー+SS-one AutoGuider Proでオートガイド ガイド鏡100mm

意外と淡いんですね。F4で撮れば良かった。
F5.6まで絞りました。青ハロは少なくなったと思いますが、RGに関してはF4とそんな変わらない感じです。F4で良かったと思います。F5.6まで絞ると、FSQ85EDと変わらないので、このレンズを使う意味がなくなってしまいます。F4が撮りごろです。

左の方は相変わらず片ボケ。

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

アンドロメダ大星雲

昨晩は、秩父の美の山公園に行って撮影してきました。

171027122
FSQ-85ED + ASI1600MM + SS-one CMOS Cap. ゲイン10/25
RGB: 各30秒×64枚 8枚ごとにライブコンポジット、リアルタイムダーク減算
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

ほんとは、LRGB合成で、3時間の撮影と意気込んで行ったのですが、トラブルや雲やなんやでL画像が撮れず、結局1時間半のRGB合成となってしまいました。
ただ、FSQ-85EDのシャープさのおかげで良く出来たと思います。RGB合成で各色でピントを合わせしているので、星がほんと小さくなっています。

ほんとは、もっと外周まで淡い星雲が広がっていてそれをもっと出したかったのですが、それはまた今度ということで。

昨晩は、初めて、2台体制で撮影に臨みました。トラベラーの軽量さと、SS-one AutoGuider Proで電気周りがすっきりしたので、2台体制でも準備に時間がかからないだろうと思ったからです。

こちらは、SS-one Miniでビンボーレンズを撮影中。

17102714
こちらはSS-oneトラベラーでFSQ-85ED。この試作機では初めての撮影です。特に問題なかったです。

17102713
SS-one CMOS Captureは高解像度になって見やすくなりました。左下の拡大画像がバグってますね。これは直します。

17102715
タブレットにちょうど良い解像度になっています。車の中から監視していました。

17102716

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

画角と作品作りの関係

最近、ASI1600MM、つまりフォーサーズカメラを使うようになって、換算焦点距離が倍(FSQ85EDとの組み合わせでは900mm)になって星雲星団の撮影が楽しくなってなってきました。

簡単に言うと、フルサイズに比べて作品作りが容易になってきました。

フォトコンとか、他人にインパクトを与えるような写真の場合は、画像全体に「何か」がいっぱい広がっていた方が良いわけです。

真っ暗な背景に真ん中にポツンと星雲が写ってるよな写真はたとえ美しくても写真としてのインパクトは弱いわけです。

そういった意味では、画角が狭い方が作品作りとしては容易です。

1710171
実はこのことは、冷却CCDの8300がブームになったとき盛んに言われたことです。しかし、その後、フルサイズの冷却CCDが安くなって、ベテランの人たちはみなフルサイズに行ってしまいました。

ところがイプシロンとか500mmの焦点距離だと、フルサイズだと広すぎるわけで、写真としてはつまらない。そこでベテランの方たちは、星雲の周りの淡いものを出すようになったわけです。

こうなると、もう明るさ勝負、総露出時間、画像処理技術の勝負になるわけで、われわれ素人には太刀打ちできません。

しかし、画角が狭くなると、その必要もないわけです。

それに画角が狭い方が、撮れる対象が増えます。構図のバリエーションも増えます。大きい対象なら、同じ対象でもフレーミング方法がいくつもあり楽しめます。明るい部分だけ切り取れば、露出時間も短くてすみます。つまり飽きないのです。

500mmくらいの画角で星雲を撮ると、構図はほぼ決まってしまいます。構図的にはどれも似たりよったりで他人と差別化するのが難しいので、結局、美しさ勝負、淡いもの勝負になってしまいます。

もちろん、焦点距離が伸びるとガイド精度など難しいこともあるのですが、作品作りや天体写真を撮る楽しさを味わうには、より長い方向へ、というのも一つの選択肢だと思います。特にフォトコン初入選を狙っている人は考えてもいいのではないでしょうか。

直焦やってる人は、レデューサーとか、どちらかというと明るい方向にいきがちですが、私は今はFSQ85EDの1.5倍テレコンがほしくて狙っています。

| | コメント (2)

2017年9月10日 (日)

なぜにパープル?

最近、星景写真が簡単に撮れるようになったためか、星景写真をいろんなとこで見るようになりました。

こんなパンフレットにも。

1709101
これはこれで良いことですが、ひとつ気になる点が。背景がパープル寄り(=G抑制)のが多くしかもどぎついレベル。ふとなぜだろうと考えてします。

光害カブリを抑えるためにGを抑制したか。
一般の人が考える夜空のイメージはこんな感じなのか。

1709102
もちろん、パープル寄りで悪いことは全然ないが、パープルだと天の川があまり奇麗に見えないんですよね。天の川の本来の美しさを表現するには、やはりニュートラルを基本として、グリーン寄りか、あるいはシアン(=R抑制)の方がいいと思うのですが。

ちょっと残念に思ったので指摘させて頂きました。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧