天体写真

2017年7月20日 (木)

水上遠征の成果

北アメリカ星雲

1707191
SHARPSTAR60ED + BORG0.85レデューサー+ASI1600MM + SS-one CMOS Cap.
SS-one Mini赤道儀 + SS-one AutoGuider Pro + ASI120MM-SS3(75mm)
RGB 各色1分×16枚 2枚モザイク
ゲイン10/25  ライブダーク減算、ライブコンポジット(8枚毎に加算)

構図的にはもうちょっと下ですね。
もうちょっと露出かければ、もうちょっと星雲の微妙色合いが出たかも知れません。各色16分じゃ、こんなもんですかね。またリベンジしたいです。
片ボケは完全に解消されました。やっぱカメラマウントが原因でしたね。

SHARPSTAR60EDは値段の割には頑張っています。BORG55FLとどっちがいいか、凄く気になるところです。

しかし、ライブダーク、ライブコンポジットと、面倒な下処理はすべてカメラがやってくれるので、画像処理がほんと楽になりました。

ライブコンポの様子を写真に撮ってきました。

1707192

| | コメント (3)

2017年6月10日 (土)

お知らせ

来週土曜のCANP'17にて講演を行います。

1706102
1706103

主に、天文と電子技術に関してお話ししますが、時間も限られているので、最低限以下の2点をお伝えできればと思ってます。

1 最近耳にする「マイクロステップ駆動」について。単に動作を静かにするだけでなく、絶対的に必要な理由があります。それを具体的な数値を使って説明します。

2 オートガイドについて。オートガイドに関するなぜ?を、原理から解説します。

以上2点です。時間が余りましたら、Linux組み込みボードや、電源、ヒータなど基本的な電気の知識を解説します。

ご出席される方はお楽しみに。それと、するどい突っ込みはなしの方向で。

=============================================

胎内星まつりに出店いたします。

いろいろ展示しますので、手にとってお試しください。もちろん、特別価格での販売も。

今年は、アメリカ日食の影響で、いつもより1ヶ月早いです。要注意。HPで確認してください。

=============================================

「SS-one AutoGuider」の大きな画面版(960×640)を作成しています。もうあとは、「FocusAid」を残すのみでほとんどできてます。これも近々リリースします。

=============================================

「SS-one AutoGuider Pro」も順調です。これはフォーカサーを組み込んだ、「FocusAid」です。こちらもそのうち詳細を発表します。

1706101
フォーカサーを組み込んだ「CMOS」ももちろんあります。

| | コメント (6)

2017年4月29日 (土)

SS-oneトラベラー実戦投入

出来たばかりのSS-oneトラベラー第3試作機をもって伊豆まで行ってきました。

1704292
まだ電子極望付けてないので、極軸を適当に合わせて、撮影開始。ところが、DECモーターが音はするのですが回りません。RAモーターも導入速度になると停止します。

自動導入もオートガイドもできない状態です。こんな時のために、SS-oneポタ赤を予備としてもって行ったのですが、ウエイトシャフトを忘れる痛恨のミス。

仕方がないので、1軸オートガイドはできるみたいなので、露出15秒で撮影を始めました。伊豆まで来て、何もできないで帰るわけにはいきません。

極軸が適当なのでDEC方向にどんどんずれていくのですが、手動で補正しながら薄明までM8を撮ることができました。

結果、ご覧ください。

1704291M8(干潟星雲)
FSQ-85ED + ASI1600MM + SS-one CMOS Cap.
RGB 各15秒×64  ゲイン10/25 リアルタイムフラット
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider

シャープなイメージの作品にしたかったので、LRGBでなくRGBにしました。LRGBだと、ボテボテのBチャンネルがLを通して、画像全体に波及してしまいます。

なかなかうまく撮れたと思います。流石、伊豆。これほど低空なのにカブリ補正なしでできました。久々に天体写真らしい写真撮れました。満足、満足。
(画像に縦の筋が見えますが、これは輝点ノイズがDECのずれによって一直線に並んで、筋のように見えるためです。ダークすれば現れないと思いますが、ダークを忘れました。)

SS-oneトラベラーですが、第3試作機は重すぎるので、実はもう第4試作機を設計中です、これは机上の計算では目標の4kgを切りそうです。どれだけ軽くなるか楽しみです。

| | コメント (2)

2017年4月20日 (木)

しし座トリオ銀河

昨晩は久々に晴れたので、「CMOS Cap.」のアップデートの評価を兼ねて、秩父に撮影に行ってきました。

といっても、今の時期、朝の天の川以外、何も撮るもんないんですよね。豆粒くらいにしか写らないのは承知で、しし座トリオ銀河を撮ってきました。

1704201
FSQ85ED+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap
L:1分19枚 RGB:1分各10~15枚くらい(リアルタイムダーク減算+撮影後一括フラット)
SS-oneポタ赤 + ASI120MM + SS-one AutoGuider

とりあえあず、リアルタイムダーク減算はうまくいったみたいなので、これからリリースの準備します。

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

LRGB合成

昨日アップした馬頭星雲がいまいちだったので、昨晩、L画像を撮りに行ってきました。

2時間半撮影したのですが、その中から1時間分を厳選してL画像としてみました。

1701271_2
L:30秒×54枚、1分×29枚
R:2min×15 G:2min×15 B:2min×12

枚数が増えたので滑らかになっています。しかし、解像度はやはり落ちてますね。色収差の影響か、それとも昨晩は透明度があまり良くなかった影響か。まぁ、大した差ではないです。

輝星の周りが汚いのと、ゴーストは相変わらず。

そこで、ASI071MC-Coolで撮ったカラー画像と合成してみました。

1701272
L: ASI1600MM     30秒×54枚、1分×29枚
RGB ASI071MC-Cool  2分×32枚

色のトラブルは解消されましたね。やはり、カラーとモノクロのハイブリッド撮影がよさそうです。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

ASI1600MMで馬頭星雲

4晩連続で撮影に出かけています。今夜も行けそうです。順次アップしますので、お楽しみに。

さて、先日、ASI071MC-Coolの馬頭星雲をアップしましたが、今度はASI1600MMで狙ってみました。カラーVSモノクロの撮り比べです。

1701261
FSQ85ED+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap.
R:2min×15 G:2min×15 B:2min×12
SS-oneポタ赤 + ASI120MM + SS-one AutoGuider Light
撮影地 東秩父村

LRGBではなくRGBです。解像度はカラーよりいいですね。ASI071MC-Coolの画像をフォーサーズにトリミングしてもこうはならないと思います。

ただ、光害地ではカラー分解撮影は向かないですね。色ごとにカブリの時間差があるので大変です。カラー合成の前にある程度カブリ処理しておいた方がいいですね。

あと、輝星の周りが汚い。ここは丁寧に処理しないといけないんでしょうけど、面倒ですね。ゴーストもいっぱい出てます。

いろいろ課題の多い一枚になりましたが、解像度は凄いですね。やはりモノクロ。

| | コメント (11)

2017年1月23日 (月)

ASI071MC-Coolで馬頭星雲

昨晩は天気がよく、月も出てなかったので、東秩父村に撮影にいってきました。秩父くらいだど空は明るいのですが、自宅から50分くらいでいけるのでちょい撮りにはいいです。

今回のセットはこれ。

1701232
カメラはASI071MC-Coolです。お客さんから借りてるやつです。鏡筒はFSQ-85ED、最初ボーグの0.85レデューサーを付けて撮ってみましたが、星像は流れまくってまったくダメでした。やっぱり純正のレデューサー買わないといけないみたいです。

仕方がなく、レデューサーを外して撮りました。結果はこれ。

1701231
FSQ85ED+ASI071MC-Cool(非冷却)+SS-one CMOS Cap.
2分×32枚 ゲイン10/25
SS-oneポタ赤 + ASI120MM + SS-one AutoGuider Light

納得の出来!、奇麗ですね。こんなうまく撮れた天体写真、はじめてかも。

まず、注目は、今回、ガイド鏡を親ガメ子ガメ方式にしたので、長らく悩まされてきたたわみの問題が解消されました。上の写真ですが、いつもはコンポジットした後は、画像がずれるので、切り抜きを行うのですが、上の写真はまったく切り抜きをしていません。一時間でほとんどずれていません。

しかし、そのため、ノイズが目立っています。ディザーしてません。また冷却もしていないし、ダークも忘れてしまいました。ノイズに関してはまったく何も対策しなかったので、拡大すると特に輝点ノイズが目立ちます。そこだけが今回残念です。でも逆にいえば、一切何もしないでここまで撮れるのも凄いかもしれません。

あと、やっぱ、CMOSカメラは青カブリします。その割には青があまりはっきり出ないので画像処理で強調してやる必要があります。

あと、秩父だと、オリオン座あたりはカブリがひどいのですが、カブリ処理はほとんどしていません。ちょっと信じられない感じです。デジカメだと、カブリがムラとなってけっこう画像処理が難儀するのですが、なぜか、この画像は簡単でした。

あと、もう一点感じたのは、デジカメだと、露出を伸ばすしたり感度を上げたりしてヒストグラムの山が中央付近くらいまで持ってこないと淡い部分の描写処理が難しいのですが、(以前のガチ検証企画を参照)CMOSカメラの場合はけっこう左端によっていて、明らかに露出アンダーでもけっこうなんとかなりますね。それは強く感じます。もちろん、難しいのは難しいのですが。CMOSの場合、あまり適正露出は考えなくていいのかも知れません。(もっともトータルでは長いに越したことはありません。あくまでも一枚の話)

それを裏付けるデータをBergamotさんが提供してくれました。Bergamotさんは、M42をASI1600MCで、30秒×10枚と、300秒×1枚で撮り比べてくれました。元データを入手したので比較してみました。機材はFSQ-85ED + reducer QE0.73xです。

まずは、淡い部分の描写を見るために、ハイライト部分は無視しておもいきり強調してみました。

M42d001
ほとんど差を見つけるのが困難なくらい違いがありません。

もっともBergamotさんは、中央部の飽和を抑えるために短時間露出を試されたそうです。そこで、今度は高輝度部の諧調を残しながら処理した比較です。

M42001
当然ですが、短時間露出の方が、白とび部分は少ないです。それ以外の描写はあまり差がないようです。そうると短時間露出で撮っておいて、コンポジットや画像処理で最終的な輝度を調整する方法も有効かも知れません。

| | コメント (8)

2017年1月 5日 (木)

バラ星雲

もうおとといの晩になりますすが、長野県は八千穂高原に撮影に行ってきました。

まずは、「たわみ」の問題ですが、対策をした結果。

完全に解消しました。

正月から嬉しいですね。やっぱ、こういった地道な改善は大切です。さて、結果ですが、ご覧下さい。

1701051
FS60CB+専用フラットナー+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap.
SS-oneポタ赤 + SS-one AutoGuider
RGB 各3分×16枚 ゲイン15/25

これも納得の出来。とても6cmの望遠鏡で撮ったとは思えない緻密感ですね。色の違いもよく出てます。改造デジカメだと赤一辺倒になりがちですが、CMOSカメラだと色の違いが自然な感じで良くでます。色に関してはマスク処理とか一切していないです。

さて、とてもシャープな出来ですが、理由があります。これ、LRGB合成ではなくRGB合成なんです。実はL画像も撮ってきたのですが、LRGB合成すると星が肥大化するのです。こちら。

1701052
LRGB L:2分×32枚 RGB:3分×16枚

L画像を入れるとボテボテなのは、ピント合わせに失敗したからではなく、このFS60CBは、B画像がボテボテなので、結局Lもボテボテになってしまいます。

こちらはB画像
1701053
こちらはG画像
1701054
全然違いますね。デジカメでの経験からFS-60CBは青にじみが大きいと想像はしていたのですが、これほどまでとは。B画像もBでピントを合わせているのでこれでも良い方なんです。L画像の場合はB中心でピントを合わせるわけではにので、もっとボケてることになります。

反射みたいに色収差がない光学系の場合はLRGB合成でいいけど、色収差の大きい屈折の場合は、各色でピントを合わせられるRGB合成がいいみたいです。

モノクロで天体写真撮ると、いろいろ分かることがあって、勉強になります。

ここんとこ、やっとデジカメとの差異をはっきり出せるようになってきました。もっともっと研究しないといけませんね。今後の課題はFSQ85EDでたわみのないシステムを構築することです。FS60CBも良いのですが、F6.2はさすがに暗い。

| | コメント (4)

2017年1月 2日 (月)

2017年撮り初め

あけましておめでとうございます。

2晩ががりで仕上げました。

1701021
SharpStar60ED+Borg0.85レデューサー+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap.
SS-oneポタ赤+SS-one AutoGuider
LRGB:2分×各32枚~40枚くらい 撮影地 東秩父

他人の評価はともかく、個人的にはかなり納得の出来です。

そうそう、こうゆう写真が撮りたかったんですよ。

今夜も出撃!!

| | コメント (2)

2016年11月26日 (土)

すばるまた失敗

昨晩は久々に晴れました。

まずは、近所の空き地でSS-one AGマイナーアップデートやEM10改造のテストなどを行ってから、美の山公園まで撮影に行ってきました。

ASI1600MCの作例を撮りたいとか言っていましたが、お金がなくASI1600MCを買えず、またモノクロでの撮影です。

前回、失敗したすばるに再挑戦しましたが、今回もまた失敗。撮影も画像処理もうまくいかず。恥ずかしいので小さく掲載です。(どこがどう失敗かはいろいろあります。一つでないです。)

1611261
FSQ-85ED+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap.
SS-oneポタ赤+SS-one AG
LRGB:各1min×30

FSQ-85ED+ASI1600MMの作例がなかなか決まりません。慣れない事をやるといろいろ大変です。あきらめずに頑張ります。

1611262

| | コメント (2)

より以前の記事一覧