天体写真

2018年8月18日 (土)

市街地から撮った北アメリカ星雲

昨晩は、秩父へ撮影に向かったのですが、東松山インターで忘れものに気付き、Uターン。
その後、また秩父へ向かう気力がなくなり、いつもテストなどに使う近くの河原で、オートガイダーだけのテストが出来ればいいと思い、そこでの撮影になりました。

1808181
で、そのオートガイダーのテストですが、いくつかの問題点はあったのですが、概ね良好。

1808182
で、レンズもカメラも乗っかっているので、テストでけではもったいないと思い、北アメリカ星雲を撮ってみました。河原とはいえ、桶川市内。ものすごく明るいです。こんなとこで星雲写真撮るの初めてです。

1808183
SS-one Mini + SkyWatcher L型微動雲台
トキナー AT-X 80-200mm F2.8 -> 200mm F5.6で撮影
EOS 6D ISO1600 2分×21枚
SS-oneオールインワンオートガイダー + 75mmレンズ

写っただけでも感動です。周辺減光がひどかったので1:1になるようにトリミングしました。

ガイド精度は良好です。SkyWatcher L型微動雲台も使えます。

1808184
試しに、ガイド信号を外してみました。

1808185
RA側がどんどんずれていきます。ただ、これくらいのずれだとノータッチでも星は丸く写るでしょう。(星雲は間違えなくボケる)それで良しとするのも良いですが、グラフでこれだけずれるのを見せられると、やっぱりオートガイドはしないよりした方が良いですよ。完成に向けて頑張ります。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

星見屋0.73コマコレ APS-Cでの作例

昨晩も秩父に行ってきました。

星見屋0.73コマコレですが、APS-Cでの作例がなかったので、撮りに行ってきました。カメラは久々のフジX-A1です。実は、入門者向けブログでこのカメラを入門者向けに推そうと思っているので、その適正の確認のためです。

さて、結果です。いつものバラ星雲。トータル21分

1802131GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + Fuji X-A1
ISO3200 1分×21  JPG ノイズリダクション-スタンダード
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 1軸オートガイド

やっぱデジカメは赤が鮮やかですね。ただ、赤が強すぎて、中心部と周辺部の色の差が出しにくいです。こういったところは、CMOSカメラの方に歩があります。

それとあえて、ノイズリダクションをONにしてJPGで撮りました。そのため、星雲が微妙にボケています。

しかし、ノイズが少なく、コンポジット枚数を大幅に減らせるので、手っ取り早く星雲の写真を仕上げることができます。目的によっては、デジカメのノイズリダクションを有効活用しても良いように思います。 後で画像処理でぼかしとか、かけるなら、結局同じことですから。

次は、クラゲです。トータルたったの16分ですが、無理やり仕上げています。

1802132GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + Fuji X-A1
ISO3200 1分×16  JPG ノイズリダクション-スタンダード
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 1軸オートガイド

ノイズリダクションのため、クラゲの頭のフィラメントの部分が完全に潰れています。今度、もう一段弱めのNRでやってみようと思います。

さて星見屋0.73コマコレですが、APS-Cでも行けそうです。片ボケがちょっと出てるので、その辺の調整は必要でしょう。周辺減光は当然大きくなります。元画像はこちらです。

1802133

| | コメント (2)

2018年2月12日 (月)

ASI294MC、星見屋0.73コマコレ、バラ星雲撮ったよ。

昨晩は良く晴れたので、秩父は美の山公園まで撮影に行ってきました。

前回の美の山公園は、チェーンを付けて上ったので、今回は南斜面の道で行ったら凍結はありませんでした。

狙う対象ですが、ほんとうは前回構図を失敗した「くらげ」リベンジしたいとこでしたが、もう冬の星座は西に傾き、時間もないので、比較的短時間で撮れる「バラ」にしました。

撮影を開始すると、RAガイドが安定しない。赤道儀のバランス等を変えてみたり、いろいろやるが、どうしてもRA方向に延びてしまう。どうも「トラベラー赤道儀」一度業者に見本で出したのですが、その時、分解され、当然私がまた組み直したのですが、その後、あまり調子が良くない。完璧だったトラベラーのガイド性能がここへきておかしい。

ガイドグラフの動きをみると、どうもDECの細々した動きにRAが過剰反応しているのが分かったので、DECガイドをOFFにして、1軸ガイドにしたら、うまく行った。

う~ん、今度、徹底的に原因を調査しないといけないですね。原因がつかめないと、リリースできないです。

さて、結果です。

1802121GINJI-150FNj改造+星見屋0.73コマコレ+ASI294MC+SS-one CMOS Capture
1分×55枚 ゲイン15/25 ダーク無し
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro + 140mmレンズ一体型オートガイダー

やっぱ、左上が片ボケなんだよな。これさえなければ完璧なんですが。この片ボケはどこからきているか。う~ん。ただコマコレ自体は良好です。フォーサーズサイズでは十分だし、一段明るくなるのは良いですね。

ASI294MCですが、前回、ゲイン12/25で撮ったらノイズ感はほとんどなかったので、今回、ガイドも不安なことから、ゲイン15/25まで上げてみた。そのため若干、輝点ノイズが現れましたが、それでも少ない方。

このASI294MCですが、ノイズ感の無さは素晴らしいです。さすがPanasonicの最高級カメラに使われるだけあります。画素数をあえて落として、高感度特性を良くするアプローチはα7sと同じですね。

ただ、カラーCMOS全般に言えることですが、改造デジカメに比べて、赤の写りがいまいち、そのため全体的に彩度が低く見えます。ちなみに、元画像はこれ、

1802122
55枚コンポジットしてこれですよ。こんなん、初心者が見たら、失敗作で、直ゴミ箱行きですよ。ただ、情報がないわけではなく、丁寧に処理すれば最初の画像になるわけです。

ちなみに、モノクロでRGBを撮った場合の元画像がこれ。

1802123
淡いながらも、最初から色が出てるのが分かります。ですから、モノクロの方がはるかに処理は簡単なんですよ。モノクロの場合はさらに明るいL画像がをかぶせますから、もう画像処理なんて楽勝なわけです。ASI294MMがあれば最高なのですが、センサー自体、モノクロないんだろうな。






| | コメント (2)

2018年2月 8日 (木)

ASI294MCとクラゲ星雲(構図失敗)

ASI294MCがほしいほしいと言っていたら、Bergamotさんが見るに見かねて、貸してくれました。

1802081
やさしい、Bergamotさん、というより、これは「電子望遠鏡」を絶対完成させろという無言、の圧力。。。 とにかくありがとうございます。

ということで、早速試写をしたく、昨晩は秩父は美の山公園にクラゲ星雲を撮りに行ってきました。

美の山公園に上る北山麓側の道は、先日の雪が溶けきれず、完全に凍結していました。チェーンを付けての走行になりました。

さて、ASI294MCで2時間分の撮影をしてきたのですが、家に帰ってきて見てびっくり。

構図が間違っていました。カメラが完全に逆向きです。

18020812
さらにこに日はガイドの調子が悪く、半分くらいガイドエラー、さらに途中からピンボケになっていました。このピンボケですが、温度変化も考えられるし、ドロチューブのロックをしていないので、ドロチューブが動いた可能性もあります。ロックしてないのは、ロックするとピントがずれてしまうからです。

結局、32分分の成果しかありませんでした。完全に画像処理をする気がなくなったのですが、ASI294MCの評価と、先日の0.73コマコレの評価も兼ねていたので、気を取り直して、画像処理してみました。

結果です。

1802082GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + ASI294MC + SSone CMOS Cap
ゲイン 12/25  1分×32枚(2枚ごとにライブコンポジット) ダークなし
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

前回、ASI071MCでクラゲを撮ったときは、2時間もかけてあまり写っていなかったので、ぶつぶつ文句を言っていましたが、今回は32分でも、わりと写っています。デジカメと同じような感覚です。(前回と比べてFは明るくなっていますその分、露出を半分にしてます)

正確に言うと、写りはASI071MCと同じくらいなのですが、ノイズが圧倒的に少なく、それだけ強調できるとういのが正しい表現と思います。

ほんと滑らかで、コンポジット要らないんじゃないかと思えるほど滑らかです。ダークも不要です。

星見屋のコマコレですが、今回、バックフォーカスをフィルターガラスの厚みも考慮して、少し長めに設定してみました。前回のクリスマス星雲と比べて明らかにシャープになっています。ただ、右下にかけて大きく片ボケしています。これは残念。

また、今回ASI1600MMでも撮ってきました。

1802083GINJI-150FN + 星見屋0.73コマコレ + ASI1600MM + SSone CMOS Cap
ゲイン 12/25  1分30秒×27枚 だーくなし
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

こちらは、あまり片ボケないです。ということは片ボケの原因はASI294MCにあるのかもしれません。このへんはさらに撮ってみないとですね。

星見屋のコマコレですが、さすがにF3を切ると、バックフォーカスやピント移動、さらに片ボケなどには敏感なようですので、そのへんを調整できる人には、良いのではないでしょうか。

ASI294MCはさらに試写してみたいと思いますが、なかなか良いのではないでしょうか。ただ、ひどい青カブリで、(これは他のASIカラーCMOSも同じ)修正するのけっこう大変です。

最後に上記2つをLRGB合成してみました。

1802084
今夜はASI294MCで、「電子望遠鏡」のテストをしたいと思います。こちらも期待できます。

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

ASI071MCProで「くらげ星雲」リベンジ

リベンジしてきました。

前回あまり写りが良くなかったので、以下のようにパラメーターを変えました。

露出時間 2分->3分
ゲイン 10/25 -> 13/25
冷却ON -20度

これでトータル2時間分撮影してきました。

1801161
GINJI-150FN改造 + SkyWatcher F4コマコレ + ASI071MCPro(-20度)
+SS-one CMOS Cap. ゲイン13/25  3分×42枚
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro + ASI120MM-SS3

う~ん、やっぱり、「2時間かけてこれだけ?」感が否めない。
これ星を見るとつぶれ気味なの分かりますか?それだけ強引に強調しているのですが、出てこない。背景とかは滑らかで奇麗なんですがね。とにかく星雲が写らない。

とりあえず、他人の作例見てみたいですよね。AS071MCでなくて良いのですが、カラーCMOSでこれは凄いっていう作例どっかにないですかね? あったら教えてください。研究します。
海外とかありそうですが、海外って、けっこう45cmRCとか総露出時間10時間とか、淡い部分出てるけど荒れ荒れとか、力技ばっかなんですよ。普通に奇麗な作品。

| | コメント (7)

2018年1月15日 (月)

ASI071MC-Proでクラゲを狙うも失敗

昨晩は秩父に撮影に行ってきました。この6日で出撃したのは5日です。晴れるのはありがたいが、逆に疲れる。

さて、たくまーさんから借りている、ASI071MC-Proを試そうと、クラゲを狙ってみました。ASI071MC-Proですが電源相性問題か、ライブビュー中にフリーズすること2回。やはりなにか問題ありそうです。ただ撮影中はまったく問題なかったです。

2時間、2分60枚撮影してきましたが、帰ってフォルダーを開いてみてびっくり。

1801151
カブっています。現地でも気付いていたのですが、光害カブリと思っていました。ただこうして見ると光害ではなさそうです。光害にしては明るすぎること、変化が大きすぎること、一枚の中でも傾斜がおおきいこと。

何か光が漏れたようです。最初まったく原因が分からなかったのですが、いろいろ考えてやっと分かりました。天頂付近が一番被っていることから、反射鏡の下からCMOS Cap.の光が入ったようです。

いつもはCMOS Capは電気関係のボックスに入れているのですが、この日に限って三脚のストーンバックに置いておいたのが仇になりました。

1801152
反射望遠鏡はこんなことまで気を使うのか。まぁ最初だから仕方がない。これも経験。

仕方がなく、60枚のうち、比較的カブリの少ない20枚を選んでコンポジットしました。

1801153GINJI-150FN改造 + SkyWatcher F4コマコレ + ASI071MC-Pro + SS-one CMOS Cap.
2分×20枚 ゲイン10/25
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

カブっていたとはいえ、40分露出してこれだけ? というのが正直な印象。
デジカメならもっと写ると思います。特に赤い星雲が弱い。

どうもCMOSカメラはモノクロ、カラーを問わず赤が写らない。モノクロの場合はまだLのアシストがあるので良いのですが、カラーだけになるとどうも弱い。

まぁ、改造デジカメの赤が強すぎるのも問題ですが、たとえば、馬頭星雲近くの「燃える木」などは改造デジカメだとすごく赤っぽくなるのですが、CMOSカメラだとほんと奇麗に出ます。

もうちょっと1枚あたりの露出は伸ばしてみようか。CMOSカメラはリードノイズが小さいからラッキーイメージングのように短露出多コンポが有利とかいう実証されていない定説がありますが、ここでいう有利とはCCDに比べて有利であって、絶対的には、やはり1枚あたりの露出が長い方がいいのではないかと、ここ最近、思い始めています。特に電子望遠鏡のテストからも感じます。

以前にやったデジカメの検証でもそうですが、やはり天体写真はゲインや感度を抑えて、露出時間を伸ばした方が良いように思います。少なくとも悪くはならないと思います。

いずれにせよ、カラーCMOSは難しい。モノクロの方が扱いやすいです。

今夜も晴れそうなので、撮り直してきたいと思います。ここ最近、連日の撮影ですが、どれもこれもぱっとしない結果で、少し沈んでいます。ここらあたりで、バシっと気持ちの良い作品を仕上げたいです。

| | コメント (3)

2018年1月12日 (金)

いろいろうまくいかない。。。

晴天が続いています。しかし、なかなか結果が出ない。。。

火曜、水曜の夜は、連ちゃんで羽生に「電子望遠鏡」のテスト。

1801121
新しい液晶ですが、ご覧のように色数が少ない。16ビットカラーが出ない。

1801122
いろいろ設定をいじるが、16ビットカラーにならない。仕方がないので、CMOS Cap.でテストすることに。

1801123
ASI224MCと、ASI1600MCでテストするがどうもおもわしくない。Samさんが以前、「一発目に出てくる画像の迫力に一番影響が出ます」と言っていましたが、まさにその通りで、

一発目、つまり1枚あたりの写りが良くない限り、いくらスタックしても、あるいはビニングしても、飛躍的に向上するということはないみたいです。0は何倍しても0ということか。

ということは、ある程度の露出時間(数秒~数十秒)が必要で、そうなると、「リアルタイム性」が問題になり、はたして電子望遠鏡と言えるかどうか。

ただ、多少なりとも光明があって、

1 ASI224MCの写りは、ASI1600MCに比べると圧倒的に良く、特に色の出が良い。ASI224MCクラスのCMOSセンサーならなんとかなるかも。ASI224MCクラスとなると、ASI385MCやASI294MCなどです。

2 ソニーのα7sのライブビューはそれなりにいけてるの、なんとかなるんではないかと期待。

と、まったくあきらめていないのですが、現在のところ「電子望遠鏡」にかけるモチベーションが落ちてきているのは事実。

--------------------------------

木曜の夜は、秩父は美の山公園に「ASI1600MC」のファーストライトをしに行きました。

1801125
クリスマスツリー星雲を撮ってきました。

1801126
30分くらい撮ったところで構図が気に入らなく、撮り直し、1時間半、撮ったところでピントが甘いので撮り直し、そんなことを繰り返したため、4時間滞在したのに、約1時間分の撮影データしか得られませんでした。

家に帰って、コンポジットしてみて、おかしいことに気づく。

1801127GINJI-150FN改造+SkyWatcher F4コマコレ + ASI1600MC + SS-one CMOS Cap.
1分×80枚(4枚ごとにライブコンポジット、リアルタイムダーク減算) ゲイン10/25
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

色が出てない。調べると、CMOS Capのベイヤー配列の情報取得ミスのバグと判明。

このバグですが、遭遇する確率は低いです。条件としては最新ドライババージョンで、ASI1600MCと他のソニーセンサーのカラーカメラを交互に使っている場合におきます。もちろん直します。

ということで作品にはならなかったのですが、バグがなくても、作品には仕上げられなかったと思います。この対象、けっこう淡いことを知った。秩父のような光害地ではなく、暗い空で、3時間以上かけないと奇麗にでそうもないです。

今夜も秩父に行こうと思います。クリスマスツリーは無理そうなので、クラゲでも撮ってこうようと思います。

| | コメント (4)

2017年11月29日 (水)

ピュアなM42@八千穂高原

火曜の夜は、翌日が定休日ということで八千穂高原まで行ってきました。久々。

せっかく八千穂まで来たので、秩父では絶対に撮れないM42を撮影してきました。

1711292
M42
1711291FSQ-85ED + ASI160MM + SS-one CMOS Cap. ゲイン10/25
RGB 1分×40枚 5秒×8
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro
トリミングあり。

処理が難しい対象ですね。今はやりの周りの淡いの出していないけど、昔ながらのピュアなM42です。
トリミングしていますが、もっと焦点距離がほしい。銀次改造の完成が待ち遠しい。

翌朝の千曲川

1711293




| | コメント (2)

2017年11月25日 (土)

秩父連ちゃん、勾玉撃沈。

木曜夜、金曜夜は秩父のいつものとこに撮影に行ってきました。

木曜夜は、SS-one AutoGuider Pro for GPのテストと、ASI071MC-Proの最終試験を兼ねて勾玉を撮影してきました。しかし、16分撮影したところで、薄雲が出て終了。こんな中途半端な出来になってしまいました。

1711241

FSQ-85ED + ASI071MC-Pro + SS-one CMOS Capture
GP2赤道儀 + SS-one AutoGuider Pro for GP Aセット
1分×16枚 ゲイン10/25 8枚ごとにライブコンポ、リアルタイムダーク減算

久々のGP赤道儀でしたが、 SS-one AutoGuider Pro for GP Aセットは快調でした。オートガイド性能もトラベラーより上。

ASI071MC-Proですが、今回は、12V電源もつなげてみました。ただ、ライブビューでCropするとハングアップする症状が発生。結局、以前の外部電源USBハブに変えたら正常でした。やはり電源にはかなりシビアです。

いずれにせよ、ソフト的な問題ではないこと。電源をあれこれ選べば、最終的には動作できる組み合わせが見つかると思われるので、このバージョンをこのままリリースしたいと思います。

翌日金曜の夜も出撃。最近F5以上の撮影が多かったので、たまにはF4で撮りたくなり、Nikkorの出番。

やっぱ私はカメラレンズは好き。操作が楽でいい。

1711251
Nikkor ED 400mm F3.5->F4 + ASI1600MM + SS-one CMOS Capture
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro
RGB 各1分×32枚 ゲイン10/25 8枚ごとにライブコンポ、リアルタイムダーク減算

なんか、うまく処理できませんでした。この星雲難しい。もう嫌いです。勾玉。

それと、片ボケ。左下がひどい。デジカメでは片ボケないので、ZWOのEFマウントが問題のようです。今回はシムを挟んだのですが、まだガタつきます。

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

ハート星雲@伊豆

昨晩は伊豆の伊東に温泉旅行に行ってました。

伊豆まで行って、夜晴れたら、天体写真の一つも撮りたくなるもの。3時間ほど、宿近くの松川湖というところで撮影しました。

ハート星雲
1711224_2
FSQ85ED+ASI071MC-Pro+SSone CMOS Capture ゲイン10/25
1分×80枚 8枚ごとにライブコンポジット。リアルタイムダーク減算
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro 140mmガイド鏡でオートガイド

前回のハート星雲は露出不足でしたが、今回はなんとか作品になりました。

ASI071MC-Proは電源強化してからエラーは出なくなりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧