撮影機材

2018年1月19日 (金)

あなたの反射鏡をイプシロンに

いきなり大それたタイトルですみません。イプシロンと言っても、明るさだけの話なんですが。最近はF3前後の光学系も出てきましたよね。でも高いですよね。少しでも安く、明るい光学系を手にする方法はないか。そんな中、星見屋さんから新製品が出ました。

Ackermann 2インチコマコレクター・レデューサー×0.73
2KORRR

1801205
焦点距離を0.73倍するコマコレクターだそうです。能書きは星見屋さんのページを見てもらうことにして、これを銀次15cm/600mm/F4に使うと、15cm/438mm/F2.92になります。明るい!!

星見屋さんから作例を作ってほしいと頼まれて借り受けました。

早速、使ってみるのですが、こういったコマコレやレデューサーはバックフォーカスが決まっています。こいつは、66.85mmだそうです。EOSに付けることを想定すると、EOSのフランジバックは、44mmなので、66.85mm-44mm=22.85mmで取り付けなければいけません。

そこで手持ちのリングを総動員して、ベストな組み合わせを探します。結果はこれ。

1801206
M48-TアダプターでTリングを付けただけでは短すぎるので、M48アジャスターとTリングアジャスターを挟んで光路長を稼ぎます。アジャスターといっても唯の薄いナットです。がらくたボックスの中から探してきました。この辺は、販売店のサポートを期待したいですね。

さて、これでカメラを付けて、反射鏡に差し込むのですが、

1801207
次に問題は無限遠でピントが出るかどうか。レデューサーなど焦点距離が短くなる補正光学系を入れるとたいがいは、ピント位置は内側に移動します。

測ってみると、ピント位置の移動は13.7mmでした。じゃ、ドロチューブの繰り出しに13,7mmの余裕があれば良いかと言うと、そうではなく、66.85mmのバックフォーカスを得るために入れたリングの光路長も考慮しないといけません。それは、TリングとTリング-2インチアダプターの光路長の合計を15mmとすると、余計な光路長は

66.85mm - 44mm - 15mm = 7.85mm

つまり、コマコレを使わない時に比べて、7.85mm余計長くなるので、この分もドロチューブを押しこまないといけません。結局、必要なドロチューブの繰り出し量は

13.7mm + 7.85mm = 21.55mm

これだけの繰り出し量が必要です。余裕を見て3cmは必要でしょう。

つまり、コマコレを付けない状態で、3cmくらいドロチューブが繰り出していればピントがでます。
ところで、銀次のホームページを見ると、デジカメでは35mmの2インチ延長筒を付けて合焦すると書いてあります。つまり、この延長筒を外せばコマコレでピントが出ることになります。

ただし、あくまでも机上の計算なので、保証はできません。

私の改造銀次は、CMOSカメラでドロチューブの繰り出しをぎりぎりに最適化しているので、このように主鏡フレームを移動させて対応しました。ただ、これだと計算上、斜鏡から光があふれてしまいます。まぁ、とりあえず、あふれる量もわずかなので、これでやることに。

1801208

早速、本栖湖に実写してきました。結果はこちら。

1801201

GINJI-150FN改造+2KORRR+ASI1600MM+SS-one CMOS Cap. 438mmF2.9
L: 2分×32 RGB 各2分×10 トータル2時間 ゲイン12/25
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro + ASI120MM-SS3

淡い、クリスマスツリー星雲が2時間でここまで写ってくれて、感動です。やっぱ明るいっていい。

コマコレとは話がそれますが、反射とモノクロの相性ってほんといいような気がします。なんかこういった奇麗な画像があっさり出てくるんです。理由は分からないけど。

コンポジットとフラットと、レベル調整だけのまったく画像処理していない画像がこちら。

18012012
下処理でここまで出てくれれば後は楽勝です。まぁそれはさておき、コマコレに話を戻します。

コマコレなので、周辺星像が気になります。こちら。

1801203
フォーサーズ4隅では、ほぼ完璧です。周辺減光も予想してたより少なかったです。今度はAPS-Cで撮ってみたいですね。

まぁちょっと高いのですが、銀次と合わせても20万以下なので、明るいのを求める人にはいいかも。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

CMOSカメラ MM vs. MC 徹底比較

天文用CMOSカメラ、カラー版とモノクロ版がありますが、どこがどう違うのか、徹底比較してみました。

対象  モンキー星雲
撮影場所 秩父 美の山公園(光害多し)
撮影時間 それぞれ およそ30~40分
比較機種 ASI1600MM および ASI1600MC-Cool(非冷却)
共通データ
GINJI-150FN + SkyWatcher F4コマコレクター
SS-one CMOS Capture 露出2分 ゲイン10/25 リアルタイムダーク減算
SS-oneトラベラー + SS-one AutoGuider Pro

比較画像
MCのRGB一発 MMのRGB  MMのLRGB  MMのLとMCのRGBによるLRGB

コンポジットしただけの元画像と、簡単に強調処理、色補正した画像の2種類を掲載。

お断り
今回、星が丸く写りませんでした。ガイドミスではなく、GINJI改造で、斜鏡ヒーターの配線の影響か、遮光板が被ったかの影響と思われます。前回バラ星雲を撮ったときは丸かったので、たぶん、そのあと手を加えた影響と思われます。今度、ちゃんと原因を調べてみます。

1801131
それでは結果発表です。まずは、

1 MC一発撮り 2分×20枚

1801132

簡単な強調処理あり
1801133
感想
モンキーの中心部は少し青みがかっています。デジカメだと、真っ赤になるのですが。改造デジカメは赤が強すぎるのですが、CMOSカラーカメラはその辺はよいとこだと思います。
ただ、後で掲載するMMと比べると、星がボテっとしている感じです。ピンボケではないと思います。ピントは念入りに何度も納得いくまで合わせたのと光条が奇麗に出てるので、ピンボケではないように思います。
あと、色はMMと比べると寂しいような気がします。特に星がのっぺりしている。なんか2色カラーのような、Gが足りないのでしょうか。

2 MMのRGBフィルター撮影 各色2分×5枚
1801134

簡単な強調処理あり
1801135
感想
MCに比べると星がシャープです。星雲の青っぽい部分がオレンジぽくなるのは、このフィルターセットの特徴で、バラ星雲でも同じです。星の色も良く出ています。

3 MMのLRGB撮影 L 2分×6枚 RGB 各2分×5枚

1801137
簡単な強調処理あり
1801136
感想
RGBとあまり変わらないです。ただL画像は圧倒的に明るいので、淡い対象の場合は効いてくると思います。

4 MMのLとMCのRGBによるLRGB L 2分×6 RGB 2分×20枚
1801138
簡単な画像処理あり
1801139
感想
いわゆるハイブリッド撮影です。MMのシャープさは出ましたが、色に関してはやはりという感じです。星の色がなんか淡白です。

結果

今回の結果だけをみる限るMMの圧勝です。解像度、色の自然さ。あとノイズもMCはクールピクセルが多く、MMほど滑らかではありません。ノイズ比較の画像を載せておきます。

18011310
ただ、たった一回の比較であること。カラーはすべてこうなのか。ASI1600MC特有なのかはさらに見極める必要があります。

カラーはたくまーさんから借りたASI071MCもあるので、次はそれで試してみたいです。それとデジカメのX-A1もあります。









 













| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ブログの更新もせず、何してたかと言うと、「電子望遠鏡」の製作に没頭していました。ハード、ソフトともかなり進みました。これに関しては最後にまた。

まずは、冷却はCMOSカメラが揃ってきました。

1801071
左から、星見屋さんから借りている「ASI224MC-Cool」、Bergamotさんから超格安で購入した「ASI1600MC-Cool」、たくまーさんから借りている「ASI071MC Pro」
何一つ、正規で購入したものがないというずうずうしい、ほんまかでした。皆さんの善意で支えられています。感謝感謝です。

「ASI1600MC-Cool」があるということで、MMとMCによるハイブリッド撮影ができ、撮影の効率があがりそうです。

また、
ASI1600MC
ASI071MC
ASI1600MMフィルターローテート撮影

の撮り比べができそうです。それぞれ一長一短があると思いますが、違いが知りたいですね。ほんとは、ASI294MCとか、CCDの8300とかとも比べたいのですがそれは無理。

ほんとに、ガチで撮影した機材比較って、ありそうでないんですよ。撮影対象が違っていたり、単なるダークの比較とか、そんなのはいっぱいあるのですが。

さて、今年も新製品がいっぱい出ます。

SS-oneトラベラー
 これはもう私の手を離れて、あとは業者次第です。すでに依頼を出していて、試作機、量産という運びになります。夏の天の川が上がってくるころには。

2軸タイムラプス
 優先順位は低いのですが、今年中にはなんとか完成させたいのですが。まったくの新規の部分が多く、難航すると思います。

電子望遠鏡
 今一番、力を入れているところです。この正月、頑張ってかなり進めることができました。
使用するCMOSカメラはまだ決まっていないのですが、とりあえず、カラーならどれでも使用できるようにするつもりです。ただし、機種によって写り具合はかなり違います。

 液晶は、3.5インチと、CMOSベータや、Proと同じですが、解像度が800×480に上がっています。従来の解像度でオープニング画面を出すと、こんなに小さいです。解像度の高さが分かると思います。 ただ、タッチパネルがないので、操作はすべてゲームパッドです。

1801072
 カバーケースの試作機も今月中旬に出来る予定で1月中にはかなり使える形になると思います。印刷機能もあれこれ考えています。

1801073
 完成すれば、新たな天体観測の楽しみ方が増えると思います。電視観望もそうですが、その場で撮影して画像処理して印刷するという「ライブ天体撮影」。楽しいですよ。きっと。写真メシエマラソンとか。

------------------------------------------
SS-one AutoGuider Proの再販売はないか、かなりたくさんの方からお問い合わせ頂いています。すでに2回の販売で60台出たのですが、まだまだ需要がありそうです。計画ではトラベラーの後に作る予定です。トラベラーの前に作ってしまうと、トラベラーが財政的に作れなくなるリスクがあるためです。また30台すぐ完売する見込みがあるなら今すぐ作ってもいいのですが、とりあえず、ほしい人は要望を出してください。

 

 
 

| | コメント (5)

2017年12月29日 (金)

銀次仕上げ!

明日は大掃除なので、今日中に何が何んでも銀次を仕上げたいと、今日は一日中、銀次の世話をしていました。

まずは、斜鏡にヒーターを付けました。

1712291
ニクロム線を接着剤で付けただけ。電流は5Vで800mAも流しました。これだけ温めれば、まず大丈夫でしょう。

配線はスパイダーにそうようにして、

1712292
コネクタを接眼部の脇に出しました。

1712293
続いて、こいつ、ツメです。

1712294
最初は大した影響はないと軽く考えていましたが、先日のバラ星雲、しっかり写っていました。

1712295
そこで、アクリルの円環に交換しました。

1712296
ほんと、反射って世話がかかる。でも、それがいい。可愛がれば可愛がるほど帰ってくる。

あと、接眼部の中心が斜鏡の中心に一致してなかったので、ネジを開け直して微調整、さらに遮光板も作り直して、完成。

1712297
あっ~疲れた。でもこれで来年からバシバシ、星雲星団写真とるぞ。

| | コメント (2)

2017年12月26日 (火)

さらば色収差

--お知らせ--
緊急不具合情報発令中です。前の記事を参照

。。。

レーザーコリメーターと、コリメーションアイピースを買いました。

1712262

コリメーションアイピースは使い方が良くわからん。とりあえず、覗いて、すべての円が同芯になるように、できるだけ調整しました。完全には無理でした。

コマコレクターも買いました。SkyWatcherのコマコレクター(F4)です。反射はなんだかんだで結局お金がかかる。

1712263

バーダーのMPCCと悩みましたが、MPCCが納期かかることと、両方使ってる人のブログ見たら、コマコレクターF4の方が良いとありましたので、これにしました。

このコマコレ、SkyWatcher専用のような宣伝ですが、汎用的に使えるようです。ただ焦点距離により微妙にバックフォーカスが異なり、焦点距離600mmの場合は、51.66mmだそうです。細かい。

バックフォーカスを調整するために笠井のM48マイクロアジャスターを買いましたが、光路長が足りず、手持ちのリングをあれこれ組み合わせていたら、ZWOのASI071MC-Coolに付いていたM48-Tリングアダプターを根元までネジ込めば、ちょうど51.6mmくらいになることが分かりました。

1712264
なんという偶然。ぴったしでした。鏡筒にさしたところ。

1712265
さっそく撮影に行こうと思ったのですが、昨晩は風が強かった。止まってる車が揺れるほど。この風で、換算1200mmの焦点距離はさすがに、SS-oneトラベラーには無理だと思ってたところ。

お客さんから預かってあるEM200に目が。。。どうせテストのためこのEM200を持ち出すわけだから、ついでに撮影してしまおう。と、一石二鳥!! 秩父まで行きました。

秩父に着くと結局、風はほとんどやんでました。

1712266
早速、光軸をチェックしてみると。

1712267
こんなにずれている。出る前にちゃんと光軸合わせて来たんですが、もうこんなにずれています。ただ、修正はそれほど大変ではありません。

EM200は結局5台改造したのですが、どれも素晴らしいです。安定感、オートガイド性能、自動導入精度、どれをとっても安い赤道儀とは別次元です。確かに重くて運ぶのは大変なのですが、一度設置してしまえば、操作が楽です。極軸がずれることもなく、クランプ緩めれば、軽く触るだけで、スーと、動き、ピタッととまる。ほんと凄い。高いだけあります。

見てください。この完璧なガイドグラフ。

1712268

しかも、これが2時間、3時間ずっとこのままなのです。

でも重いのはやっぱやだな。

さて、撮影結果です。バラ星雲を撮ってきました。

1712261
銀次改造+SkyWatcherコマコレクター(F4) 600mmF4
ASI1600MM + SS-one CMOS Capture ゲイン10/25
L : 1分×40  RGB 各1分×20枚 トータル100分
EM200 + SS-one AutoGuider Proでオートガイド

銀次やりますね。コマコレがいいのかな。

FSQと比べると、星は大きいのですが、とてもすっきりしています。十字の光条と合わせて「光ってる」って感じがします。それにフィルターごとに星の大きさがまったく同じなのでほんといいです。Bが肥大することもなく。撮影も画像処理も楽です。これでフィルターごとにピント調整することからも解放されます。

それにこの画面からはみ出さんとするほどのクローズアップ感。やっぱ、これぐらい迫力ある方がいいですね。

再周辺ではコマがまだ残っています。まだ最適なバックフォーカスがあるのでしょうか。Tリングヘリコイドがあるので、こんどバックフォーカスを探ってみたいと思います。

あと、斜鏡のヒーターも考えないと。とりあえず、この銀次、使えることがわかり、ほっとしています。

| | コメント (3)

2017年12月18日 (月)

銀次軽量化!

軽量化銀次が出来ました。

1712183
重さは3.3kg。もともと5.5kでしたから、なんと2.2kgの軽量化!

1712184
早速、撮影できるよう組み上げてみました。

1712185
デジカメではピント出ませんでした。鏡筒、つめても良いのですが、面倒くさいのでこのままCMOSカメラ専用機に。

光軸合わせるための道具を一切もってないのですが、適当に、光軸を合わせ、羽生でテスト撮影してきました。

1712186銀次改造 D150mmF4 + ASI1600MM
L: 1分×4 RGB 各1分×4 合計16分

まだ、星がぼてっとしていますね。でもあこがれの十字の光状が出てる、かっこいい。

まずは、ちゃんとした光軸調整が必要ですね。それから、コマコレクターも買わないと、何がいいのだろう? 斜鏡にヒーターも付けたいです。

本格稼働はまだ先になりそう。

| | コメント (2)

2017年11月23日 (木)

あこがれの反射望遠鏡

先日ASI071MCで撮ったハート星雲。やっぱモノクロのASI1600MMに比べると、星がシャープでない。それは当然予想できたこと。モノクロで撮っていると、色ごとにこんなにピント位置が違うのかと驚いてしまう。

かと言って、フィルターごとにピント位置を変えるのも、そうそう面倒になってきた。CMOS Cap.はフィルターローテート撮影ができるが、ピント位置を変えないといけないので、この便利な機能も利用できない。

それに明るいL画像も利用できない。L-RGB撮影が出来なければ、、モノクロの意味が半減してしまう。

ということで、モノクロCMOSを使うことによってやっぱ、色収差の限界が見えてきたなぁ、という、これまたベテラン達がたどってきた沼に、私もはまりつつ、こうしてみんなイプシロンを買うようになってしまうのかなと思いつつ。かといって、イプシロンは流石に買えないので、とりあえあず、反射望遠鏡入門ということで、

銀次を買ってみました。15cmのF4のやつ。

1711214
早速、重さを量ってみました。

1711231
5.5Kg超で、SS-oneトラベラーに載せるにはちょっと無理がある。
ていうか、そうんな事は買う前から分かっていて、実は、

四角いフレーム構造の反射望遠鏡を自作する計画なんです。そこで、笠井でパーツを買おうとあれこれ代金を計算すると、銀次を買ってしまった方が安いことに気付いたという次第です。

ということで、銀次はあっという間に分解され、主要パーツの重さを量られることに。

1711232
約2.5Kなので、フレームを1kg程度にすれば(これは事前の計算で分かっている)トータル3.5kほどなので、SS-oneトラベラーにも乗りそうです。

ちなみに抜け殻は、3Kg。

1711233

鏡筒バンドを外すと、

1711234
2Kgなので、鏡筒バンドが1kgもあるのですね。

この抜け殻、ほしい人がいましたら、差し上げます。送料だけ着払いでご負担ください。(決まりました)

| | コメント (2)

2017年7月20日 (木)

CMOS Cap,のオフセットについて

CMOSカメラは、デジカメやCCDもそうですが、入力信号に対して、オフセット(下駄)を足して出力しています。ノイズと信号を区別しやすくするための処置と思います。

1707201
ところが、2つの画像で演算をしようとするとこれが問題になりることがあります。一般に2つの画像で演算をする場合、

●加減算系の演算の場合は、2つの画像でオフセットが同じである必要があります。

●乗除算系の演算の場合は、2つの画像ででオフセットが0である必要があります。

フラット(除算)フレームも、ダーク減算する理由の一つはここにあると思います。実際この規則を守らなかった場合、どれだけ影響があるかわかりませんが、周辺減光が大きければ大きいほど、誤差が大きくなるとは思います。

扱う立場からすると面倒なんですが、CMOS Cap.のダーク減算やフラット補正はこれらオフセットを考慮していますのでユーザが気にする必要はありません。常に最適な状態で演算し、すべての処理済み画像も処理なし画像もオフセットが一定に保たれている状態になっています。

ライブコンポジットもオフセット分を減算して加算しています。そうしないと、オフセット分だけですぐに飽和してしまいます。

CMOSカメラの場合は、オフセットは設定でき、ユーザがコントロールできるのですが、デジカメの場合はまったく分かりません。一般的にはダーク減算することで0にできますが、これも、ライトフレームとダークフレームでオフセットが同じという保証はありませんが、経験的には等しそうです。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

スケアリング対策

ちょっと前に[Sharp Star60ED]+[ASI1600MM}で撮った北アメリカ星雲です。

1707141
ノイズが目立つ季節になってきました。それはおいて、ひどい片ボケです。

原因はEOSカメラマウントのせいだと思います。BORGの0.85レデューサーを使っているのですが、バックフォーカスを合わせるため、ZWO製のEOSカメラマウントを使っています。しかし、どうもこれがゆるゆるです。

そこで、カメラマウントを使わず、BORGの[7920]、[7602]を組み合わせて接続しました。ただ、バックフォーカスがEOSのフランジバックより1.5mmも長くなってしまいました。この影響がどうでるか心配ですが。

1707142
今夜、ちょっとでも晴れるならテストに行きたいです。SS-one CMOS Cap.のライブコンポジットもほぼ完成なので、同時にテストしたいです。

| | コメント (2)

2017年5月 1日 (月)

ご近所さん

GWは天気がよさそうです。月も細く、絶好の星見日よりになりそうです。私も、初日、伊豆遠征がうまくいって際先よいスタートです。

二日目も晴れたのですが、さすがに疲れたので、この日は休み。

昨晩も良く晴れました。この日は、私の会社の近くに、自宅で重量級の機材を使って、夜な夜な天体写真を撮られている方が居るというので、お邪魔させてもらいにいきました。

1705011
みよこの勇士。赤道儀2台による、トリプル砲。ほんとに住宅地です。しかも、この機材を格納するスライド式観測小屋も作られたとのこと。

17050121705013_2
凄いですね。

これは、EM500+中国製30cm

1705014
このEM500の赤緯モーターがおかしいということで相談を受けたのが、きっかけでした。

こちらはMS5システム。こちらはガイドが安定問題なし。

1705015
星見も楽しいが、星見をしてる人を見るのも楽しい。十人十色とはよく言ったもので、人それぞれこだわりがあり、とても参考になりました。

さて、今夜も晴れそうです。どっか行くか。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧