理想のポタ赤を作る

2017年3月 9日 (木)

電子ファインダーを使った極軸合わせ

先日の記事で、電子ファインダーによる極軸合わせの期待が高ったため、原理をちょっと解説します。

1 赤道儀をセッティングしたら、目分量で極軸をだいたい合わせます。
2 電子ファインダーを適当に空に向け、「極軸合わせ開始」のボタンをタップします
3 電子ファインダーが星図マッチングをかけ、向いてる方向の座標を特定
4 電子ファインダーが赤道儀を自動で動かし、適当に別の空に向けます
5 電子ファインダーがさらに星図マッチングをかけ座標を特定、この時点で極軸のずれが計算できますので、(2点アライメントの原理)
6 極軸を合わせるため、近くの1~2等星に自動で向き、もし極軸が合ってたら、その星があるべき位置に○が表示されるので、そこに、極軸の上下水平微動を使って実際の星を合わせる

以上です。

ユーザがやることは、2の開始ボタンをタップすることと、最後の星を○印に合わせるだけです。あとは、全部自動で行われます。

この方式の最大の利点は、もちろん、北極星が見えない場所でもできることと、それから、赤道儀のアライメントが既に済んでいますので、自動導入において同期が不要なことです。極軸合わせが済んだら、即、対象にGOTOできます。また、極望のセンター出しも必要ありません。

精度は電子極望に比べて悪いでしょうけど、オートガイド前提なら、十分な精度は得られると思います。

もちろん、現在はこの機能に対応していません。余裕ができたら組み込みたいと思います。

| | コメント (6)

2017年2月11日 (土)

オートガイダーカメラ関連製品の開発状況

さて、以前よりお伝えしておりました小型のオートガイドカメラですが、本日、詳細発表です。

オートガイドカメラは最近、Cマウントレンズを使うことが多くなってきました。そうすると、問題になるのがマウント方法。ZWOはあの大きい丸い形、QHYは小さいので良いのですが、アイピース型、どちらもマウント方法をどうするか悩んでしまいます。

それに費用もばかになりません。たとえば、今、オートガイドカメラのシステムを組もうとするといろんなものを買わなければなりません。

カメラ
レンズ
カメラ、レンズ固定ブラケット
クイックリリースプレート
クイックリリースアダプター
ヒーター
レンズフード

ある程度セットになって売っていますが、お値段がけっこうしますよね。そういった問題を一気に解決する製品を考えています。まずは、完成したセンサーモジュールから紹介。

1702111
以前のSS-oneオリジナルカメラはあまり星の写りは良くありませんでしたが、これは良く写ります。というのは、これ、中身はZWO ASI120MMとまったく同じなんです。

そう、ZWOからOEM供給を受けました。もう自力開発するのはあきらめました。私が、CMOS Cap.でZWOの売上に貢献したためでしょうか、快くOEMの話を受けてくれました。

中身がASI120MMですから、当然、SS-oneだけでなく、PHD-Guidingとか、なんでも使用できます。

さて、マウントの問題を解決するには、オートガイダーカメラは四角いのが一番いいです。こんな感じ。

1702112
ブラケットとか、そうゆうの一切要りません。カメラネジが開いているでそれで留めるだけ。安上がりです。それにヒーター出力まで付いています。

1702113
また望遠鏡などに付ける場合も四角い方が、赤経赤緯線に縦横を合わせやすいと思います。オートガイドカメラは四角い方がいいです。(けっこう斜めになっている人多いですよ。要注意!!)

ちなみにこのレンズ75mmでガタもなく、いいです。セット売りを考えています。また中望遠程度なら50mmレンズもいいですね。AutoGuider Lightとのセット販売もお安い。

17021110
さて、もう少し大きなシステムとなると、100mmレンズがほしくなります。けど、100mmのCマウントレンズって、コーワのくらいしかないし、けっこう高いですよね。それに、たわみやガタの問題もシビアになってきます。そこで考えたのが、レンズカメラ一体型。

1702114
これならたわみの心配なし。

1702115_2
しかも、ヒーターとファン付き。ヒーターって、けっこう電気食うんですよ。5Vで300mAくらい。ファンなら、50mAくらいですから全然少ない。ただ、ファンの場合は、絶対大丈夫とは言い切れないので、保険としてヒーターも付いています。スイッチでファンとヒーターを切り替えることができます。普段は低消費電力のファンを使い、夜露がひどいときにヒーターに切り替えます。

1702116
望遠鏡に付けてもすっきりです。望遠鏡を運ぶときのグリップにしてもいいです。たわみの心配なし、低価格、低消費電流といいことづくめです。

さて、ここまで来ると、「あれ」も一緒にしたくなりますよね。最近こんなLinuxボードが出てます。仕様はラズベリーパイとほぼ同じ。

1702117
しかも、値段が、たったの8ドル。どうしてこんな安く作れるのか不思議でしょうがないです。なにはともあれ、これを使えば、オートガイダー本体の内蔵も可能。

17021181702119
これはまだ先になりそうですが、いずれ出します。

複数の撮影システムを持つ人で、オートガイダーカメラを使い回している方もいると思いますが、全体として安くなるので、もうそろそろ、システムごとにオートガイダーカメラを買ってもいいのではないでしょうか。

さて、SS-oneプロジェクト、まだまだいろんなものが出てきます。新しいコンセプトの赤道儀の設計も始めました。3つ目のポタ赤です。これもそのうち、お知らせできます。それ以外にも、既成製品の新機能などまだまだいっぱい出てきます。まだまだ目が離せません。お楽しみに。

| | コメント (9)

2017年1月14日 (土)

SS-one AutoGuider Light販売開始

SS-one AutoGuider Lightの販売を開始します。お待たせしました。

1612112
マニュアルまだできていません。一週間以内に書きます。

あと、当初、LightにはラズベリーパイのタイプBを使う予定でしたが、最近生産された基板が動かないことがわかりました。タイプ2Bなら動くので、急きょタイプ2Bに変更しました。あわてて基板の注文をしなおしましたが、1週間くらいかかる見込みです。

その関係でお値段が当初の予定より、1,500円も高くなってしまいました。また消費電流も50mAほど増えて450mAになります。SS-one AutoGuiderが250mAなので、けっこう大きいです。

値段が高くなってしまったので、Lightの存在意義がますます薄れてきましたが、ただ、良いこともあって、起動、終了が早くなっています。SS-one AutoGuiderの倍くらい早いです。またケースも踏んでも壊れそうもない金属製なので、まぁ、これはこれでSS-one AutoGuiderにない良さだと思います。また、WiFi-RS232C変換器の機能もSS-one AutoGuiderで好評だったので、組み込みました。

あと、前にも言いましたが、現在小型のオートガイダーカメラを開発中で、これとのセット販売も予定しています。そこはご了承ください。

また、電子極望カメラのポーラー2ですが、在庫ありません。まだ一件も注文ないので、発注をかけていません。注文が入り次第、生産します。

こちらは本体です。

1701142
電子極望使う場合はカメラの他、GPSユニットが必要です。

1701143

SS-oneコントローラで使う場合は、専用のUSB-RS232C変換器が必要です。市販品を改造しています。市販品をそのまま使う場合は、USB-RS232C変換器とリバースのRS232Cケーブルの2つが必要ですが、これはそれを一つにまとめています。ですから必ず、これをご購入ください。
また、Wifi-RS23C変換器の機能を使う場合もこれをご購入ください。スマフォで自動導入できます。(もちろん自動導入できるコントローラの場合です)

1701144
あと、スマフォからアクセスする場合は、無線アダプタもご購入ください。

お求めは、SS-oneショップで。

| | コメント (10)

CMOS Cap.今後

昨年末に募集したベータテスト版の第3次販売分ですが、まだ3名分の発送が終わってません。長らくお待たせてすみません。

まだ中国から部品が到着していません。今回安い送料の発送方法を使ったのが仇となったようです。まってもいつになるか分からないので、再度注文を入れました。今回はUPSとか、ちゃんとしたところなので大丈夫と思われます。しばらくお待ちを。

それと多めに部品を注文したので、またまた買いそびれてしまった方のために第4次販売もできそうです。第3次分の発送が完了しだい、ショップから注文できるようにします。値段は円安のためちょっと上がるかも知れません。

。。。

CMOS Cap.昨日アップデートしましたが、今後のアップデート予定です。

●ファイルに撮影情報の付加
●撮影同時ダーク減算。フラット補正
●撮影同時コンポジット、RGB合成
●温度別ダークライブラリ自動作成
●ダークファイル自動選択ダーク減算(温度や露出時間などをもとに)

このくらいはやりたいですね。

もう、撮影時にダークも、フラットも、コンポもすべて終わった状態で出てくるようにしたいです。特に、ラッキーイメージングのように短露出多数枚コンポの撮影となると、ファイル数が何百、何千にもなるから、コンポしながらの撮影でないと、ディスクがもちません。

。。。

FSQ-85ED撮影システムのたわみ問題。三基さんに頼んだ鏡筒バンドがやっときました。ガイドを親ガメ子ガメ方式にしてみました。これで少しは良くなるか。FS60CBは良くなったのですが。

1701141
あと、やっぱレデューサがほしくなります。でも純正は高いので無理です。ボーグの0.85レデューサーがあるので付けてみました。相性は良くなさそうだけど、フォーサーズだからなんとか大丈夫と期待しています。たわみの問題も含めて結果が楽しみです。

| | コメント (11)

2017年1月13日 (金)

ASI071MC-Coolのダーク減算の例

前の記事で、ASI071MC-Coolのダーク減算の例を追記すると言いましたが、長くなったので、新たに記事を起こします。

それでは、例です。まずは、オリジナル画像を強調したもの。

17011310
上の方にアンプノイズが出てます。次にダーク減算したもの。

1701139
見事にアンプノイズが消えています。また他のノイズも若干減ってる感じです。

驚くべきは、ダーク画像の撮影条件が全然違うことです。オリジナル画像の露出時間は、露出2分、温度0度ですが、ダーク画像は露出10秒、温度20度です。全然条件が違いますが、アンプノイズは消えています。

アンプノイズに限って言えば、けっこう適当でいいみたいです。逆に言えば、だから冷却しても消えないんですね。

とりあえず、あまり細かいことは抜きで、ダーク減算やればアンプノイズはとれます。また、これだけ適当でいいなら、数パターンダーク作れば、一年使い回せそうです。

となると、事前ダーク、フラットの機能がほしくなりますね。露出終了と同時に、もうダークもフラットも済んでいる状態でファイルに保存されます。そのうちやります。

| | コメント (2)

SS-one CMOS Cap. アップデート

SS-one CMOS Cap.ですが、アップデートしました。
今回の目玉はASI071MC-Coolの対応。またこのカメラはアンプノイズが出るので、ダーク/フラット機能も追加しました。その他変更点は以下の通り。

新機能
ASI071MC-Coolに全面対応
●ダーク/フラットファイルの作成、ダーク減算、フラット補正に対応
●ファイルリストの表示、および削除が可能に
●USBメモリのアンマウント機能を追加
●ファイルナンバーリセット機能を追加
バグ修正等
COLxxx.tifファイルのカラー配色が間違っているのを修正
●ライブビューモードでもヒストグラムの表示に対応
●ライブビューでクロップモードにすると明るさが変わる不具合を修正
●ライブビューで撮影すると明るさが変わる不具合を修正
●撮影を途中で中断した場合に撮影途中でもファイルに保存するように変更
●Shootメニューでキャンセルを追加

アップデートファイルはこちら(7GB 有効期限14日)
http://gg1.link/AU8o

===========================================================

ダークファイルの作り方
1 レンズや望遠鏡に蓋をしてください。
2 CMOS Cap.を起動し、撮影枚数と露出時間、ゲインなどを設定してください。

1701131
3 Darkボタンを押します。
4 Create Dark Fileボタンを押します。

1701132
5 これで撮影が始まります。通常の撮影とまったく同じです。

なお、中間のファイルは保存されず、コンポジットされた画像1枚だけが保存されます。ですから、USBメモリの容量など気にせずできます。
出来たダークファイルはUSBメモリ内のdarkというフォルダに保存されます。

ファイル名の命名規則は以下の通り
DGxxEyyyyPzz.tif
xx=ゲイン
yyyy=露出時間(秒)
zz=温度(マイナスの場合はPがMになる)

フラットファイルの作り方
1 レンズや望遠鏡をフラット光源に向けます。ピント位置は無限遠です。
フラット光源としては、ELパネル、薄明の空、曇り空などあります。広角でなければパソコンモニタでもOKです。

2 CMOS Capを起動し、撮影枚数をセットします。露出時間は無視されます。

1701133
3 次にLiveViewモードにします。

1701134
4 infoボタンを押して、ヒストグラムを表示させます。Gainボタンを押して、露出時間、ゲインなどを調整して、ヒストグラムの山が中間くらいになるようにします。露出時間はあまり早いとムラの原因になります。ゲインを下げて、露出を伸ばすほうが良いです。

5 パラメーターが決まったら、左下のflatボタンを押せば、撮影が始まります。
ダーク同様、中間ファイルは保存されず、コンポされた1枚だけがflatフォルダに保存されます。なお、撮影中はレンズや望遠鏡は向きを変えたり、回転させたりしてムラが出ないようにすると良いです。

ファイル名に命名規則はなく通し番号が割り当てられます。ダークもフラットもパソコンでファイル名を自由に変えられますので、分かりやすい名前に変えてください。なお、ダークもフラットも、CMOS Cap.内で消去されることはありません。パソコンで消さない限り、ずっと残ります。

ダーク減算/フラット補正の仕方
1 CMOS Capを起動し、Opボタンを押します。Opは「Operation」の略です。

1701135
2 次のような画面が出ます。

1701136
3 ダーク減算をする場合はダークファイルを、フラット補正する場合はフラットファイルを、両方する場合は両方のファイルを選択します。

4 必要に応じて、オプションを選択し、Dark、Flat、Dark+Flatのいずれかのボタンを押します。

5 オプションの説明です。
●Overwrite Original File
YES->元のファイルに上書きします。
NO->元のファイルとは別のファイルに書き込みます。ファイル名は、

ダークのみ  -> d_オリジナルファイル名
フラットのみ  -> f_オリジナルファイル名
ダークとフラット -> df_オリジナルファイル名

NOの場合は、ディスク容量に注意してください。カラーの場合は、結果、一つの撮影ファイルにつき4ファイル生成されます。たとえば8GBのUSBメモリだと50撮影分で満杯になります。ディスクに余裕がない場合は、1枚だけ試しをやって、上書きにしてください。

●Only one file
1枚だけ、処理します。このオプションを指定しないと、ディスク内、全ファイル処理されます。

6 各ボタンを押すと処理が始まります。

1701137
7 USBメモリ内、全ファイル処理されます。ダークの場合、露出時間が異なるファイルなどが混在した場合は対応できません。また、違うカメラの混在も対応できません。

処理時間はパソコンなどに比べると時間がかかります。ご飯食べて、お風呂入っている間に完成してる感じです。

フラット補正について
フラット補正は色ごとに分解してやってるので、ユーザ側で色合わせの必要はありません。また、ダーク減算された画像をフラット補正する場合はフラットファイルもダークしないとオフセットが合いませんが、そこはCMOS Cap.が調整していますので、ユーザ側は一切気にする必要はありません。

================================================================
ASI071MC-Coolのダーク減算の例を後で追加します。まだまだ終わりません。お待ちを。

| | コメント (9)

2017年1月 7日 (土)

速報2 ASI071MC-Cool外部電源なしで動作しました

昨日お伝えしたASI071MC-Coolは外部電源必要ということでしたが、minojiさんの情報提供により、USBパワーを拡張する方法がありましたので、それをした結果、見事、外部電源なしで動作することを確認しました。

minojiさん、ありがとうございました。良かったですね。

次のバージョンには反映します。急ぎの人は連絡ください。

ただ、電流大食いなのは間違いないので、SS-one CMOS Cap.の電源には、大電流を流せるものを使ってください。私は2Aや2.4Aの電源使っていますが、3Aくらいあれば安心です。

もうひとつ青カブリの情報です。ステライメージでベイヤー->RGB変換するとこんな感じになります。

1701071
なぜか青が強いです。たんにオフセットが高いだけでなく山が他色より太いので、光量が多いことがわかります。センサーが青に感度が高いのか、青フィルターの透過率が高いのか。

この青カブリはステライメージのレベル調整で補正できますが、Bチャンネルを選択し、上下2つのスライダーを動かして、山の幅も揃えるようにすると、いいと思います。

1701072

| | コメント (2)

2017年1月 6日 (金)

速報 ASI071MC-Cool動作しました。

SS-one CMOS Cap.でASI071MC-Coolが認識されない件ですが、解決しました。

問題は電力で、ZWOによれば、このカメラの消費電流は約500mAでけっこう食います。そこで、外部電源供給可能なUSBハブを間に入れて、カメラを接続したところ動作しました。

外部電源供給可能なUSBハブですが、たいていはACアダプタから電源をとるのですが、これだとフィールドで使えないので、電源線を切断し、代わりにUSBケーブルを接続し、オートバックなどで売ってる、スマフォ用電源アダプタで12V電源からとれるようにしました。

カメラを貸してくれたお客様がしばらく使ってていいということなので、早速、星をを撮りに行ってきました。

ファーストライトは勾玉
1701061
FS60CB+専用フラットナー+ASI071MC-Cool+SS-one CMOS Cap.
SS-oneポタ赤+SS-one AutoGuider
3分×32枚(内16枚は冷却-25度) ゲイン15/25

赤い星雲があまり写っていませんが、F6.2の暗さでは、ちょっと露出不足でしたね。ヒストグラムが1/4くらいのところなので、倍の6分にするか、あるいはもっとゲインを上げて、コンポ枚数増やすかすればもうちょっと出ると思います。

上側が青くなっているのは、これはアンプノイズですね。アンプノイズ出てるので、ダークは必須ですね。(ダークは家で撮れます)それ以外のノイズは少ないと思います。

また、処理画像ではわかりませんが、元画像はなぜか青カブリです。青のコントラストを落とさないと、カラーバランスが合いません。

あと32枚のうち半分は非冷却で、残り半分は冷却(-25度)で撮ってきました。冷却の効果を見てみましょう。

非冷却
1701062
冷却
1701063_2
あまり差はみられません。強調してみましょう。

非冷却
17010642
冷却
17010652jpg
アンプノイズが多少減っていますが、なくなってはいません。拡大してみます。

非冷却
1701066
冷却
1701067
輝点ノイズが減っているのがわかります。

まぁ、真冬ですからね。あまり差がでませんでした。真夏ならもっと差が出るのかな。また、差があまりないということはもっとゲインを上げれる余地があるのかな?

ASI1600MMも何回か使ってやっと、納得の仕上げになったので、このカメラももう少し使ってみないと、なんとも言えませんね。今度はもっと明るい光学系でやってみたいですが、月が大きくなってきました。

===SS-one CMOS Cap.不具合情報===
ASI11600MC、ASI071MC等カラーカメラにおいて、出力されるカラー画像COLxxxxx.tifの色の配色がおかしいです。原因は分かっているので次の版で直します。それまでは、外部のソフトで、ベイヤーカラー変換してください。

| | コメント (4)

2016年12月29日 (木)

SS-one CMOS Cap. アップデート

ASI071MC-Coolに対応したドライバを組み込んだSS-one CMOS Cap.をリリースします。以前もいいましたが、ASI071MC-Coolに対応したドライバを組み込んだだけで、実機がないので、動作確認とれていません。ほんとに動くかどうかは分かりません。

それ以外の変更点は

●ノイズが多い画像だと、「Too many stars」のエラーが出てしまうが、出ないようにした。
●アプリを終了した状態で、USBメモリの抜き差しを可能にした。(電源の入れ直し不要)
●このバージョンから、設定の保存、復帰が可能。(最初のバージョンではできません)

ダウンロードはこちらから、フルアップデートです。いつものようにアップデートしてください。

http://gg1.link/AF7n

Ver0.02になります。以前のバージョンでは設定の保存はできないので、アップデートしたらゲインなどの設定値は初期化されます。

=====================================================================
SDアップデート方法
=====================================================================

5-1 まず、下記ページより「Win32 Diskk Imager」をダウンロードしてください。
https://osdn.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

5-2 本体裏からマイクロSDカードを抜き取り、パソコンのSDカードリーダーに差し込みます。

5-3 Win32 Disk Imagerを起動し、ダウンロードしたファイル(ssonecmos002-8g.img)を指定し、Writeボタンをクリックし、書き込みします。

1603042=================================================================

| | コメント (2)

2016年12月27日 (火)

ASI174MM/Cで動作せず

ASI174MM/CCMOS Cap.で動作しない件ですが、いろいろ調べているのですが、どうやらLinuxドライバのバグのようで、私にはどうしようもない領域です。ZWOにはバグ報告しておきます。

いろいろ回避方法を探ったのですが、パラメーターを変えたりして、何かうまくいく組み合わせないか、仕掛けたのですが、結局突破できませんでした。ハッカーのようです。ZWOの修正を待つしかありません。

ということで、CMOS Cap.とりあえず、ASI174MM/Cは非サポートということにさせてください。

一方、ASI071MC-Cool対応のLinuxドライバがやっとZWOから公開されました。早速、組み込みましたが、動作確認できるカメラがありません。ASI1600MMのときも一発目のドライバは不安定でまったく使えず、3~4回アップデート繰り返してやっと使えるようになったくらいですから、少し心配です。

動作確認とれてませんが、ASI071MC-Cool対応のCMOS Cap.ほしい人はご連絡ください。

第3次販売のCMOS Cap.を予約された方、最後の部品が中国から発送されたので、来年早々には発送できそうです。もうしばらくお待ちください。

AutoGuider Lightも来年早々に販売できそうです。がんばれば今年中も可能なのですが、年末年始あまりごたごたしたくないもので。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧