理想のポタ赤を作る

2017年9月18日 (月)

いろいろ、お知らせ

ガイドプレートの件
SS-one Mini用のガイドプレートですが、休み明けにまとめて発注かけます。その後、もう販売してませんので、ほしい人は19日午前中までにご注文ください。

SS-one Mini & AutoGuiderProのセット販売の件
SS-one MiniとProとのセットはまだ1セット余っていますが、多くの方にご注文いただきました。ありがとうございました。今は、発送準備をしています。

17091811709182
ケーブルを作るのが一番大変。

1709183
SS-one AutoGuider Proの販売までお待ちいただいていたお客様へ
SS-oneショップで購入したときPro販売まで待ってた方が良いと言われて待っていた方。
もう一度ご連絡ください。優先して販売いたします。
すでに一部の方はご連絡いただいていております。

SS-oneポタ赤 & SS-one Miniユーザの方への販売について
SS-one AutoGuider Proですが、次はSS-oneポタ赤、SS-one Miniユーザ向けのアップデート販売(SS-oneコントローラ下取り必須)の準備をしています。たぶん、これで第一ロッドの在庫なくなると思います。すぐ次のロッドの生産に入ります。

SS-oneトラベラーの進捗状況
ほんとんど完成しました。

1709184
ギア、モーター、電子極望などを取り付けました。あと、コネクタを付ければ終わり。製品版ではもちろん、カバーがつきます。

1709185
実はこの試作機、明日アメリカにデモ展示のため、旅立ちます。世界で認めらるか

| | コメント (2)

2017年9月15日 (金)

SS-one MiniとAutoGuider Proのセット販売開始

お待たせしました。

SS-one MiniAutoGuider Proのセット販売開始を開始します。
(Pro単体でほしい人はもう少し待ってください)

一点注意点があります。

うっかりして、オートガイドカメラ75mmレンズセットの在庫を切らしてしまいました。
これから生産しますが1~2か月かかる見込みです。

購入者が少ない場合は星見屋さんに在庫あると思うので星見屋さんから購入してもらい、1万円引きは本体から引きます。
しかし、購入者が多い場合は対応できないので、やはり生産します。どうしても早く使いたい人は140mmレンズ一体型の方を代替機で貸し出しますので、希望者は注文時に申し出てください。
初めから140mmレンズ一体型で良いという方は何も問題ありません。

いずれにせよ、購入者数によって対応が異なりますので購入希望者とりあえず75mmレンズセットを同時購入してください。その後の対応は追ってご連絡いたします。

購入はこちらからどうぞ。
http://shop.ss-one.net/?pid=122480824

1709151_2納期について
今、一生懸命生産しています。連休明けに3セットほど発送できる見込みです。以後、順次発送していきますが、最後の方は2~3週間かかる見込みです。

ガイドプレートは受注生産になるので、一緒に買うと発送が遅くなります。

シャッターケーブルも部品切れた場合は発送が遅くなります。

下取りについて
下取りのある方は購入時に備考欄に書いて、下取り品を送ってください。
SS-one2軸コントローラ  10,000円
SS-one AutoGuider 7,000円
SS-one AutoGuider Light 5,000円
SS-one CMOS Capture 5,000円

複数下取り可能です。ただし、最高20,000円とさせてください。

| | コメント (1)

2017年9月14日 (木)

お知らせ

SS-one MiniSS-one AutoGuider Proのセットは

明日(15日)の夜8時ごろに商品ページをアップしますので買えるようになります。

miniとのセット以外の販売ですが、もうちょっとお待ちください。とりあえず、miniセットを片づけてしまいますので。価格と下取り価格が決まりました。

SS-one AutoGuider Pro 価格 税込58,000円

下取り価格
SS-one2軸コントローラ  10,000円
SS-one AutoGuider 7,000円
SS-one AutoGuider Light 5,000円
SS-one CMOS Capture 5,000円

複数下取り可能です。ただし、最高20,000円とさせてください。申し訳ありません。こちらも財政状況非常に厳しいもので。

| | コメント (1)

2017年9月12日 (火)

SS-one AutoGuider Pro発売まじか

配線ごちゃごちゃを根本的に解決するツール。

モーターコントローラ、オートガイダー、CMOS Capture、モーターフォーカサーなどがすべて一体になったSS-one AutoGuider Proの販売準備をしています。

1705131

まずは、マニュアルが出来ました。
https://www.dropbox.com/s/an00lnsqbw1bo0o/SSAGPro.pdf?dl=0

まだ修正が入る余地があるので、ダウンロードは買ってからでよいでしょう。
120ページもあるので、最初の方に最低限の使い方をまとめておきました。

さらに詳細はおってご連絡いたします。

あと、星まつりで予告した通り、SS-one Miniとのお得なセットを用意しました。限定10セットで、SS-one Miniはこlれが最後です。今後再生産はしません。

価格はとても安いと思います。2軸オートガイドできて、自動導入もできて、電子極望もついて、スタンドアローンオートガイダーもついて。たぶん他社で揃えるともっと高いし、そもそも同等の仕様は揃わないと思います。

1709121_2今後このようなポタ赤はどこからも出てこないでしょうから、お見逃しなく。(SS-oneトラベラーも気になりますが、まだ来年の話しだし、価格はたぶん、これの倍になると思います。ですからお買い得ですよ)

| | コメント (7)

2017年9月 3日 (日)

140mmレンズ一体型オートガイドカメラ販売開始

大変お待たせしました。
140mmレンズ一体型オートガイドカメラの販売を開始します。初期ロッドは10台しかないので、すぐ使いたい人は早めのご注文を。

1708271
価格は税込43,000円になります。ガイドカメラセットはいろいろ出ていますが、高感度モノクロセンサーを使ったものでは最安と思います。

また、他のレンズセットの価格も値下げして同じ43,000円になります。50mmレンズセットはあまり売れないので在庫限りとさせていただきます。

SS-one AutoGuider Lightとの同時購入は3,000円引きになります。購入後価格を訂正します。Proとの同時購入も3,000円引きになりますので、Proも買う人はPro販売までまった方がいいです。Proは9月中旬に出せます。

簡単に商品説明をします。

センサーはガイドカメラとして定番のASI120MMやQHY5L2と同じ高感度モノクロセンサーです。ZWOのOEM品なので、SS-one AutoGuider以外にPHD-Guidingなど普通のパソコンソフトで使えます。(ドライバーはZWOのHPからダウンロードします)

レンズ 焦点距離 約140mm 口径30mm
大きさ 37×41×182
消費電流
カメラ 100mA
ヒーター350mA
重さ345g

底部には1/4インチカメラネジが35mm間隔で3か所あいています。

1708273
鏡筒などにガッチリ取付できます。すべて一体構造なのでガタやたわみの心配なく正確なガイドができます。

1708274

頑丈な構造なので、カメラをグリップにして持っても大丈夫です。

ヒーターにはスイッチがありON/OFFできます。対物側がONで手前がOFFです。

やっとこの商品が出せたこと嬉しく思います。ほんと苦労した。商品としては小さいのですが、いろんな苦労が詰まっています。

ご購入はこちらから
http://shop.ss-one.net/?pid=122033794

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

やっと晴れた

やっと晴れました。

たった今、テストと調整から帰ってきました。とりあえず10本分やってきました。

1709021
明日、ショッピングサイトにアップしますので買えるようになります。価格は43,000円です。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

CMOS Cap.ベータ版最終アップデート

CMOS Cap.ベータ版の最終アップデートが出来ました。予定していた機能はすべて組み込みました。

正直、まだ検証が不十分なのですが、晴れないし、待っててもいつできるか分からないので、ここはベータテスタさんの力を借ります。

これでバグの改修が一段落したら画面を5インチに拡大して正式版の販売です。

今回のアップデート内容は以下の通りです。
●ライブコンポジット機能の追加
●RGBフィルターローテート撮影機能の追加
●6枚以上のフィルターホイールに対応
SS-one AutoGuiderの機能を統合
これにより、CMOS Capとオートガイダーの同時使用が可能。またディザリングも可能
(ただし、電子極望、電子ファインダーを使うにはGPSユニットが必要です。正式版では時計内蔵のためGPSは不要)

オープニング画面はこんなににぎやかになりました。

1708281
アップデートファイル
https://www.dropbox.com/s/4talxw3c74mgjat/ssonecmos030.zip?dl=0

アップデート方法(いつも通り)
http://ss-one.net/doc/HowToUpadte.pdf

新しいマニュアル
http://ss-one.net/doc/SSoneCMOS.pdf

また今回、アップデートされた部分だけのマニュアルを作りました。
http://ss-one.net/doc/SSoneCMOSd.pdf

--------------------------------------------------------------

販売までもう少し

1708271

| | コメント (9)

2017年8月20日 (日)

CMOS Cap.の5インチケースが出来ました。

以前お伝えしたCMOS Cap.正式版の概要の続きです。

ますはケースが完成しました。金属製のしっかりしたケースです。

1708192
1708193
従来の3.5インチ液晶との比較です。かなり大きくなりましたね。

1708194
価格は2万8千円くらいを予定しています。旧機種をお持ちの方は下取りも考えています。SS-one AutoGuider Proももうじき販売されますが、こちらも下取りを考えています。下取り対象商品。

SS-one2軸コントローラ
SS-one AutoGuider
SS-one AutoGuider Light
SS-one CMOS Capture
(複数下取り可)

金額等はまた追ってご知らせいたします。CMOS Cap.は値段が高くなってしまったため、SS-one AutoGuiderとの統合を考えています。ただ、シャッター機能はハード仕様としてありませんのでこれは未対応になります。

1708195
CMOS Cap.のソフトウェアの方ですが、ベータ版の最後のバージョンアップ作業が終わりました。あとはテストを待つだけです。

ベータ最終版では、ライブコンポジットとRGBフィルターローテート撮影が加わります。

1708191
これは、RGBローテート撮影の室内テストの様子です。モノクロカメラなのに画面にはカラーで表示されます(カラーと分かるようにペンを置きました)。モノクロに慣れちゃうと逆にちょっと不思議な感じになります。ただ、CMOSカメラをデジカメのような手軽さで使うという目標がこれで達成されます。お楽しみに。

| | コメント (5)

2017年8月10日 (木)

新しいポタ赤のアイデア

星景写真が大はやりです。

ところで、星景写真と言えば、一軸のポタ赤に自由雲台というのが一般的のようです。(これを望遠レンズまで拡大するのは絶対的に間違え)

しかし、これ、少し考えると無駄なように思えます。自由雲台自体、名前のとおり多自由度を持ってるのに、わざわざそこへもう一軸加える。自由雲台の球体自体を一定方向に回転できれば、それで赤道儀になると思うのですが、イメージとしてはこれに近いかな。

http://www.take-online.jp/products/?pid=1463017975-558106

これのリング状の部分を恒星時で回転できれば、そのまま赤道儀になりそうです。

もっといえば、球体をモーターで自由に制御できれば、それでそのまま赤道儀なりそうです。そんなモーターないかなと調べてみたら、ありました。

球面超音波モーターというらしいです。
https://youtu.be/2BkmjnfeT1I

これを天文で利用するのは、今すぐには、コストや分解能の面で無理そうですが、いつの日にか、という夢は抱かさせます。

| | コメント (2)

2017年8月 1日 (火)

CMOS Cap.正式版に向けて

既にベータ版の販売は終了しています。

今後、ライブコンポジット、フィルターローテート撮影など予定の機能を組み込んだら、正式版に昇格させたいと思ってます。

正式版で一番なんとかしなきゃいけないのが、ケースなんですが、どうせなら、LCDサイズもアップしようかなとも思ってます。オートガイダーとかだったら、小さい画面でも良いのですが、撮影画像の確認となると大きいほどいいのは確か。

1708011
上から、現行3.5インチ、5インチ、7インチです。

7インチだとさすがにでかくタブレットでもいいような。ただタブレットだとUSBポートが貧弱だからこれはこれでいいと思うけど、値段もけっこう高くなります。

まぁ、中間をとって5インチではどうか。

1708012
とりあえず、現アプリを起動してみた。けっこう広くなりますね。ケースはタカチの金属ケースを考えています。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧