電子望遠鏡を作る

2017年12月10日 (日)

【電子望遠鏡を作る】まだまだ課題が多い。

昨晩は、羽生で電子望遠鏡のテストをしていました。

1712101
今回改良したのは
1 ライブスタッキングをやめ、8×8ビニングを導入、これで感度64倍
2 ライブトーンカーブの導入

以上2点です。ライブスタッキングは見ているというより写真を撮ってる感が強い。そこでライブスタッキングではなく8×8ビニングで感度を上げてみました。

ライブトーンカーブですが、背景がすぐ明るくなってしまいコントラストが低下するのを避けるため、星雲はそのままに背景レベルだけ下げるために導入しました。

結果
ビニングは大成功で良く写ります。
ライブトーンカーブもうまくいきました。
この画像はトーンカーブなしです。

1712102

ご覧のように背景がすぐ明るくなってしまいます。観望会とかけっこう街中でやることも多いと思います。そうすると背景レベルの抑制は必須です。

そこでトーンカーブを導入

1712103
星雲の明るさはそのままに背景レベルだけ下げることができました。これライブですよ。

課題と対策
1 やっぱカラーじゃないとつまらない
->カラーCMOS買います。

2 ノイズ感がやっぱ、テンション低くなる
->ライブスタッキングを加算コンポではなく加算平均コンポでやってみようと思う。

3 画像が粗い
->5インチにすると大きすぎると思う、やはり覗くというスタイルをとる以上、3.5インチが限界。今、3.5インチで480×320という解像度の液晶を使っているが、同じ3.5インチで800×480というのがあるのでこれを使ってみたい。

まずは、カラーCMOSの購入ですが、カラーCMOSをどれにするか悩んでいます。

候補1
ASI1600MC  フォーサーズ 4656×3520  92,100円

候補2
ASI178MC  1/1.8インチ 3096×2080 48,600円

ASI178MCだと画角が狭く、自動導入なしでは、電子ファインダーの力を借りても導入は難しいと思います。やはりフォーサーズくらいの画角で導入して、導入したらクロップしてズームアップするのが理想です。
しかし、ASI1600MCは高い。ある程度普及させるには価格もそれなり重要。トータールで10万以下にしたいところ。

そう考えると、自動導入前提で、ASI178MCか。とても悩むところ。




 

| | コメント (4)

2017年12月 9日 (土)

SS-one AutoGuider Pro状況

SS-one AutoGuider Proは、半分くらいの発送が終わりました。

あと、半分ですが、予想以上の売り上げだったため、部材があれも足りない、これも足りない状況で仕入れながらやってます。遅くなって大変申しわけございません。

あと、とても忙しいため、メールの返信等、レスポンスが遅くなっております。これも申し訳ございません。

---------------------------------------------------------------
今夜は晴れそうですが、月の出が早いので、今夜は羽生へ「電子望遠鏡」のテストに行ってきます。前回の課題がどれだけ克服できているか。楽しみです。

| | コメント (4)

2017年11月17日 (金)

【電子望遠鏡を作る】初めの一歩

【電子望遠鏡を作る】というカテゴリーを追加しました。

先日の本栖湖遠征、実は、ライブビューのスタッキングのテストも兼ねていて、いろいろ問題点が分かってきました。これらを解決したライブビュースタッキングを早急に作りたいと思います。

問題点
1 モノクロはつまらない。星雲も良くわからない。カラーの方が良い。
2 露出1秒以下のスタッキングはノイズばかり目立つ。数秒ならOK。
3 背景がすぐ明るくなる。背景レベルを抑えて星雲だけを強調するライブ画像処理が必要。
4 M31の中心部はあっという間に白とびしてしまう。飽和対策も必要。
5 オートガイドはあった方が良い。

まずは、カラー版CMOSの購入からですね。

| | コメント (2)

2017年11月12日 (日)

新しい観望スタイル

Samさんという方が電視観望というのを推進されておられます。

彼にはCANP'17および胎内でお会いしてお話ししましたが、なかなか良い着眼点だと思いました。観望もこれかからは電子化と思っていましたところ、アストロアーツにeVscopeの記事が。eVscopeの良いところは、覗くとこなんですよね。

人間というのは望遠鏡を見ると、覗きたくなる習性のようで、事実、胎内星まつりでは曇っていても、置いてあるだけで覗いていくんですよ。みんな。

ということで両者のアイデアに刺激され、私も電視観望のプロトタイプを作ってみました。ただ両者に共通しているのは、自動導入なんですよね。私は、それを否定しませんが、観望では探す楽しさもあると思うので、自動導入ではなく、電子ファインダーや星図マッチングを取り入れてみました。

1711111
中にはSS-one CMOS Captureが入っているのですが、違いは、

1 ライブビューで望遠鏡を動かさないと、自動的にスタッキングする。
2 電子ファインダーと連動し、ライブビュー画像に星図マッチングをかける
3 簡単な画像処理コマンドと印刷機能がありモバイルプリンタでその場で印刷できる

1711112
使い方は以下の通り。

1 まず広角電子ファインダーで粗く導入。
2 ライブビュー画面で星図マッチングをかけ、星図を表示。対象天体があらかじめ登録されている場合は、その場所を表示。写野の中に対象天体がない場合は、その方向への矢印を表示。
3 望遠鏡を動かさないと、自動でスタッキング。
4 コントラストなど、簡単な画像処理ができ、モバイルプリンタへその場で出力

という仕様になっています。

従来の観望会ではお客さんは観るだけでしたが、この構想では、「探す、観る、残す」ということが体験できると思います。

来年の星まつりシーズンまでには、なんとか使えるものを完成させたいですね。

| | コメント (7)