<リンク集>
天気予報
天文情報
メディア
販売店
ほんまかのもうひとつブログ

« 反射望遠鏡の光軸調整 | トップページ | 入門者向け赤道儀の紹介 »

2018年3月12日 (月)

天体写真と構図

風景写真など一般の写真を撮る場合は、普通はカメラを横構図の場合は水平にします。縦構図の場合は垂直にします。手持ちの場合、実はこれがけっこう難しくて良く失敗するんですが、最近のカメラは水準器を内蔵しているので、あまり失敗しなくなりました。

水平がちゃんととれていない写真は、それが上手に狙ったもの以外は大抵、へたくそな写真に見えます。

天体写真でも同じことが言えます。天体写真で、「水平/垂直」に相当するのが、「赤経線/赤緯線」です。これに沿った写真でないと、大抵、へたくそに見えます。というのは、我々天文ファンは、「赤経線/赤緯線」に沿った写真に見慣れているので、傾いていると違和感を感じます。その違和感が良い方へ作用すれば良いのですが、風景写真と同様、大抵はマイナスのバイアスがかかります。

1803121
上の作例は左側が正しい構図です。

天体写真は非常な努力を払って完成する作品です。それなのに簡単に直せる構図で悪く見られるのはもったいない話です。よほど腕に自信がある場合を除いて、ぜひこのルールは守ってもらいたいです。

では、どうすればこの決まりを守れるのか。説明します。

赤経線/赤緯線
赤経線は天の座標で星の日周運動と平行な線です。赤緯線はそれに直角な線です。

ステラナビゲーターでは「経緯線」->「赤経・赤緯」でその線を表示させることができます。

正しい構図

1803122
正しい構図

1803123
良くない構図

1803124

正しい構図にするのは実は簡単です。

1 カメラレンズの場合
カメラの場合は赤道儀に自由雲台など使わず、そのまま取り付ければOKです。ただ、直だと、縦横の構図の切り替えが出来ないので、Lブラケットを使うと良いです。

1803125
自由雲台は、構図がとりにくいだけでなく、バランスも崩しやすく、天体写真では、以下の場合を除いて使うべきではありません。

●1軸のポタ赤の場合(ドイツ式でない)
●地上の風景を入れる場合

自由雲台は使うべきでないというか、はっきり言って、使ってはいけません。

2 屈折望遠鏡の場合
赤道儀の鏡筒取付部に対して、水平垂直にします。

1803126
3 反射望遠鏡の場合
鏡筒に対して平行またはそれに直角にします。
1803127

たった、これだけ気を使うだけで、天体写真が、素人ではなくちょっと「分かってる人」が撮った写真に見えるから、効果絶大です。ぜひ実践してみてください。

補足
もうひとつルールを上げるとすれば、北側(北極星に近い方)を上に向けるという決まりがあります。天の赤道に近い対象の場合は、これは守った方が良いでしょう。ただ、北極星に近い対象の場合は必ずしもこの限りでない場合があります。たとえば、カシオペアなどは、北を上にすると、北極星の下側を通る姿であり、あまり肉眼ではお目にかからない姿で、逆に違和感を感じる場合があります。この決まりは柔軟に考えていいと思います。

« 反射望遠鏡の光軸調整 | トップページ | 入門者向け赤道儀の紹介 »

天体写真の基礎知識」カテゴリの記事

コメント

構図の自由度が狭まるから特に守る気はないな。科学写真を撮ってるわけでもないし 一生初心者でいいや

かずーさん、
私は構図というのは良く見られる一つの方法をだと思います。
ファッションと同じだと思います。
いくら自分でこれがいいと思っても回りからそう見られないと残念です。
まぁ、もっともみんなみんな無難なファッションをしたらつまらないのも事実なので、
それで信念を通し続けるなら、それはそれで素晴らしいことと思います。 

上記コメントについて
申し訳ありません。Twitterの仕様を理解しておらず引用RTをした際にこちらのコメント欄に投稿されてしまいました。失礼なコメントとなってしまい申し訳ありません。

いつも楽しみにブログを読ませて頂いております。
私はTwitter:isdmmpicにて星のある風景撮影をメインに活動しており、天体写真はたまに撮る程度のものです。
フォロワーの方を見ると、天体写真を専門とする方より星に興味がない方が多いため、星について興味を持つきっかけになるツイートができればと考えています。
このため、どちらかといえばインパクト重視の構図、色合いで掲載しており、今後とも同方針を続けていこうかと考えています。

また、該当のツイートの方も削除させて頂こうと思います。お気分を害されていたら申し訳ありません。

かずーさん、
気分を害したということはないです。
同じ事思っている人は他にもいっぱいいるはずです。
以前も同様な記事を書いた経験があるので、それらすべて想定の上、書きました。
いろんな信念があっていいと思います。ここに書いた事も私の経験上の信念です。

大変勉強になります!ちょうど悩んでいたことがあるので質問よろしいでしょうか。

赤道儀の向きによってはカメラがナナメになってしまいますよね。望遠鏡ならマウント部分を回転させてカメラの向きを水平・垂直にできるのですが、カメラレンズの場合固定されてしまって如何ともなりません。
当たり前といえば当たり前ですが、カメラレンズで

すみません途中で送信してしまいました。
そして書いている途中で、そのままで「正しい構図」になることに気が付きました・・・。失礼しました。L字ブランケットがあれば事足りますね。

どうでも良いと思います
そもそも太陽系外や銀河系外の天体を地球基準で撮るってのはおかしいと思います

初心者さん、
自己解決したようで。
今後ともよろしくお願いします。

ちゃんちきさん、

記事の文章が強制みたいになってしまったのは自分でも反省しています。
今後このような文章表現は絶対にしません。
構図に関して、絶対こうしなければならない というのはないと思います。

ただ、構図に関して「どうでもよい」というのはないと思います。
実際、ネットや天文誌で見かける天体写真の多くは、このように「赤経/赤緯線」
にそっており、撮影者は、良く見せようとそうしてるんだと思います。

天体写真の構図でわからないのは、月や惑星です。

海外の方や探査機の写真、テレビの画像では大抵、北が上 (子供の頃に見て感動したボイジャーの木星の大赤斑は赤道より下側にあった!)になっているのに、日本の天文関係の雑誌に掲載される写真は南側が上(大赤斑が赤道より上側にある…)なのでどうも違和感があります。

あくびさん、
すみません、私は月や惑星の専門ではないので、その辺の事情はよく分からないのですが、
日本の場合はスケッチの時の習慣が残ってるとか、以前に聞いたような聞かなかったような。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反射望遠鏡の光軸調整 | トップページ | 入門者向け赤道儀の紹介 »



2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30