<リンク集>
天気予報
天文情報
メディア
販売店
ほんまかのもうひとつブログ

« オートガイドカメラ120mmレンズセットの紹介 | トップページ | ハヤブサさん向け星雲星団撮影完全セットの紹介 »

2018年9月11日 (火)

SkyWatcher入門赤道儀3機比較

SkyWatcherのエントリー赤道儀3台、(EQ3GOTO EQM35PRO EQ5GOTO)の比較を行ってします。

いずれも、SS-one AutoGuider Proとのセットがシュミットさんから販売されます。

« オートガイドカメラ120mmレンズセットの紹介 | トップページ | ハヤブサさん向け星雲星団撮影完全セットの紹介 »

EQ5赤道儀入門」カテゴリの記事

コメント

ほんまかさん、初めまして。天体望遠鏡を初めて買おうと思ってこちらのブログを発見しました。専門用語も知らない全くの初心者にもわかりやすく非常に勉強になっています。
赤道儀の選択で質問させて下さい。
(初心者の手に負えるかどうかですが)鏡筒はケンコーのSE200Nにしたいと思っています。この鏡筒と赤道儀スカイエクスプローラーSEⅡのセットが販売になっていますが、搭載重量がぎりぎりじゃないかと思っています。初心者あるあるですが、直焦点撮影もしたいと思っているので、オートガイダーと一眼(現在は60Dを使用、今後天体用に別途用意するかもですが、この60Dが結構重たい)を乗せたいので、もうちょっと大きい赤道儀にするべきか悩んでいます(予算は鏡筒と赤道儀で20万なので既にオーバーです)。予算的にスカイウォッチャーのEQ5GTかと思いますが、いかんせん素人のカタログ判断なので、何かアドバイスがあったらお願いできないでしょうか。よろしくお願いいたします。

めりーさん、
はじめまして。
ご質問の内容は、SE200Nに対して、SE2が十分かどうか、ということだと思いますが、
私の私感では、セットで売ってることだし、大丈夫ではないかと。

というのは、
たとえ搭載可能重量をクリアしたとしても、これだけ大きな鏡筒で、しかも軽量化のため薄い板で鏡筒ができています。接眼部の強度も問題になってきます。
ですから、けっこう歪むと思います。
ただ、そういった細かなことが気になるのは、相当先になると思います。
初心者の場合は写っただけでも嬉しく思うものです。

最初からしっかりしたものを買うのも選択肢だし、どうせ買い替えながらなら、すこしずつステップアップも選択肢です。
さいしょこれがいいと思ったら、それにかけてみるもの良いと思います。

SE2くらいの赤道儀になれば、いろいろ載せられるので、鏡筒の選択肢は多いです。
鏡筒や、カメラはいろいろ買い替える人は多いのですが、赤道儀はずっと使い続ける人は多いです。
SE2ならある程度長く使い続けられる赤道儀だと思います。
重いな、と思ったら小型の赤道儀をサブで買うのも、それはそれで楽しいですし。
まぁ、予算が許せばの話ですが。

ほんまかさん、ありがとうございます!鏡筒は後で別のタイプを買い増すこともあるかと思いますが、赤道儀はしっかりしたものを買っておいたほうがいいかなと思っていました。
SEⅡでも大丈夫そうとのことで、あとはEQ5GTと予算との兼ね合いで悩もうと思います。
私は札幌なのですが天文の専門ショップが無いようで、昨日大阪のKYOEIさんに初めて行って大きさを見てくることができました。あの大きな赤道儀を持ち運ぶなんてすごいです!遠征の敷居は高そうなので、まずは光害地の自宅でどこまで見えるかを試して見たいと思います。
お恥ずかしい質問ですが、eQ5GTには極軸望遠鏡が付いていませんが、北極星の見えない場所で使うのでこれは無くてもいいのでしょうか?自動導入機能があれば極軸は合わせられますか?
ステラショットを用意するつもりですが、あら、そもそもSE200Nがステラショットに対応していないのでしょうか。

赤道儀の持ち運びに関しては慣れですね。
私みたいに普段から小型赤道儀ばかり使ってると、たまに大きい赤道儀運ぶのに、ぶつぶつ文句言うようになります。

EQ5GOTOは極望ついていますよ。使いにくいけど。

ステラショットは、SE200Nとか、鏡筒は関係ないですね。カメラの問題ですね。

あ、EQ5GOTOじゃなく、AZ-EQ5GTでした。すみません。
ええと、やっぱり極軸望遠鏡って別に用意しなくちゃなりませんかね。

遠征に行くにはやっぱり小型っていうのは強そうですね。大きいと設営も大変そうです。

実は、天体望遠鏡を覗いたことがありません。
もちろん、周りに天文趣味の人もいません。
買う前に自分で匙を投げるかと思ったんですが逆に、見るだけじゃないというのが、これって面白そうーと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オートガイドカメラ120mmレンズセットの紹介 | トップページ | ハヤブサさん向け星雲星団撮影完全セットの紹介 »



2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30